ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > マジョルカ、数的不利の中追いつきセルタとドロー…久保建英は76分までプレー

マジョルカ、数的不利の中追いつきセルタとドロー…久保建英は76分までプレー

2

2019年12月16日 00:05  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真マジョルカがセルタと対戦した [写真]=Getty Images
マジョルカがセルタと対戦した [写真]=Getty Images
 リーガ・エスパニョーラ第17節が15日に行われ、セルタと日本代表MF久保建英が所属するマジョルカが対戦した。久保は6試合連続のスタメン出場を果たし、76分までプレーした。

 試合はホームのセルタが主導権を握る。中盤をしっかりと締め、マジョルカのパスワークを封じる。すると20分、そのセルタが先制する。左サイドに展開し、ルーカス・オラサがクロスを入れると、中央でラフィーニャがヘディングシュート。GKマノロ・レイナも届かず、幸先よくリードを奪った。

 その後もボールを保持し、セルタが攻め立てる展開が続くが、次にネットを揺らしたのはマジョルカだった。ペナルティエリアで接触があったとして審判はVARを要求。ペナルティが認められマジョルカがPKを手にした。キッカーのサルバ・セビージャが左隅に高速シュートを放つ。GKルベン・ブランコはコースを読んだものの、ネットを揺らしマジョルカが同点に追いついた。

 後半早々にまたも試合が動く。セルタが右から左にショートパスを繋ぎ、マジョルカ守備陣をこじ開けようと試みる。ペナルティエリア内でボールを受け取ったオラサが上手くボールを隠し倒されると、これがPKの判定に。これをイアゴ・アスパスが沈め、再度セルタがリードした。

 75分、ラフィーニャのスルーパスに抜け出したスタニスラフ・ロボツカがGKと1対1になるがこれは決められず。流れたボールに反応したピオネ・シストがシュートを放つが、これも決死のマジョルカ守備陣が立ちはだかりかきだした。

 冷汗をかいたマジョルカに更なる向かい風が吹く。78分、アントニオ・ライージョが2枚目のイエローカードで退場。リードしているセルタが数的有利を手にした。

 すると10人のマジョルカがすぐさま追いつく。83分、左サイドからのクロスに走りこんだクチョ・エルナンデスが合わせる。シュートにはならなかったものの、こぼれたボールをアンテ・ブディミルが蹴りこみ同点に追いついた。イアゴ・アスパスのシュートは守護神が好セーブ。セルタは分厚い攻撃を見せるも1点が遠い。

 後半アディショナルタイムは5分あったが、両チームともこれ以上ゴールラインを割ることができず引き分けで試合終了。勝ち点1を分け合った。

【スコア】
セルタ 2−2 マジョルカ

【得点者】
1−0 ラフィーニャ(セルタ)
1−1 サルバ・セビージャ(PK/マジョルカ)
2−1 イアゴ・アスパス(PK/セルタ)
2−2 アンテ・ブディミル(マジョルカ)

このニュースに関するつぶやき

  • 久しぶりに久保が何も出来なかった。前々から不安材料だった、まずはリトリートな4-4ブロックのゾーンをポジショニングするチーム守備戦術。SBのボールホルダーに寄せが甘い弱点をきっちり使われ、→
    • イイネ!1
    • コメント 4件
  • 久しぶりに久保が何も出来なかった。前々から不安材料だった、まずはリトリートな4-4ブロックのゾーンをポジショニングするチーム守備戦術。SBのボールホルダーに寄せが甘い弱点をきっちり使われ、→
    • イイネ!1
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定