ホーム > mixiニュース > コラム > 長男殺害、殺す以外の選択肢は

元農水次官に懲役6年、ネット「殺したのは英断」と波紋…「自殺か他殺か」と悲観した元ひきこもり男性が変化した瞬間

291

2019年12月16日 15:20  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真送検される熊沢英昭容疑者(c)朝日新聞社
送検される熊沢英昭容疑者(c)朝日新聞社
 農林水産省の元事務次官・熊沢英昭被告(76歳)が、長男の英一郎さんを(44歳)殺害した事件で懲役6年(求刑懲役8年)の実刑判決が出された。全国不登校新聞の編集長・石井志昂さんは裁判で「これしか方法はない」とした熊沢被告の主張や、ネット上で「殺したのは英断」という声が上がっている現状に異議を唱える。

【画像】「いつ殺されるか」と思っていたという元ひきこもりの喜久井ヤシンさん

*  *  *
 またもや「ひきこもりは殺しても仕方がない」という声が聞こえてくるようになりました。農林水産省の元事務次官・熊沢英昭被告(76歳)が、長男の英一郎さん(44歳)殺害した事件の裁判で、その証言に注目が集まっているからです。熊沢英昭被告(76歳)は、長男からの家庭内暴力や、長女が悩み自殺したこと、長男が事件を起こすと公言したことなどを受け、「これしか方法はない」と妻に手紙を書き、長男を殺害したと証言しています。

 それに対してネット上では「お父さんがかわいそう」「殺したのは英断」などの意見も見られます。この事件が起きた今年6月にも同じような反応が広がり、ひきこもりの当事者の間では「自分もいつ殺されるかわからない」という不安感が広がりました。

 しかし、私は殺す以外の選択肢はあったはずだと思うわけです。事件の報道を聞くたびに、「いつ殺されるかわからない」「自分で死ぬしかない」と思っていたという元ひきこもりの喜久井ヤシンさん(ペンネーム・32歳)のことを思い出します。ひきこもりの人たちがどうして社会から孤立していくのか、親や家族を憎み、自殺や他殺を意識するのか。そして、その状態を変えたものは何だったのか。彼の経験から、改めて考えてみたいと思います。

 喜久井さんの半生は壮絶でした。

 はじまりは8歳のころ、学校の雰囲気が合わないなどをきっかけに不登校。中学生のころからは同級生との接触を避け、本格的にひきこもりを始めます。そこから20代半ばまで10年ほど断続的にひきこもっていました。

「自分は社会的に許されない存在だ」と強く自覚したのは16歳のころ、初恋がきっかけでした。初恋の相手は同性。それは自分の性的指向に気づいただけに止まりません。同性愛者が自殺を図るリスクは異性愛者の男性よりも5.9倍も高いこと(「LGBTのいじめ、ハラスメント等による社会的費用推計研究会」調査より)や、地元の公園で同性愛者が狙い殺される事件を知ります。これらの事実は、将来、自分の身に「自殺」や「他殺」が起きてしまうのでは、と悲観させるものでした。

「社会的に許されない存在」だと思わされることは、本人の孤立につながります。喜久井さんも自身の性的指向は隠し、周囲の価値観に合わせようと、「自分を偽りながら周囲にウソを重ねて生きてきた」と言います。自分を偽ること、これがなによりも苦しかったそうです。

 また、喜久井さんは16歳のころから現在までの15年間、両親と食事をしていませんでした。

 10代のころ、喜久井さんは、自分を「家庭内に住み着いた乞食」だと感じていたからです。働きもせず、学校へも行かず、それでもお金のかかった食べ物を口にすること、それ自体に罪の意識を毎回、感じていました。しかも、その「醜態」を家族に晒すことは屈辱的であり、その視線から逃げるために食事を自室に運んでいました。

 両親は過干渉気味で、いつも喜久井さんを幼児に接するように扱うため、それもまた苦しかったそうです。

 喜久井さんは毎食、用意された食事を盗むように素早く手に取り、自室にこもる。あるとき、お箸をとり忘れてしまったことがあり、素手で食事をしたこともあったそうです。

 両親に会うのは一日一度でも苦痛。箸を取り忘れたからと言っても、再度、顔を合わせる気にはなれません。そこでご飯は指を使い、味噌汁は舌を伸ばして舐めとって食べました。エサ皿に頭を入れる犬のような自分に「これが自分にふさわしい」と安堵感さえ感じたのだと言います。

 もちろんその安堵感は偽物で、激しい自己否定感の裏返しだと言えるでしょう。

 その後、喜久井さんは『不登校新聞』や『シューレ大学』といった不登校やひきこもり、生きづらさを抱えた人とのつながりをえることで、自分を偽らずにすごせる場を得ます。人は居場所(本当の自分でいられる場・関係)を得ることで社会参加への道が切り開けます。喜久井さんもその理屈は同じだったようで、現在は、ひきこもり当事者のメディア『ひきポス』や『不登校新聞』で記事を書きつつ、図書館でもアルバイトをして暮らしています。

 そんな喜久井さんが昨年、ちょっと晴れやかな顔で「サンタをやってきたよ」と話してくれました。

 バイト先で声をかけられた仕事は、図書館内で催される「絵本のお話会」のあと、サンタに扮して子どもたちにプレゼントを渡すというもの。彼は寡黙でやせ形で、けっして陽気なタイプではありません。ビジュアル的には自他ともに不向きであるとわかっています。しかし、「その役を自分がやってもいいのか」と不思議なモチベーションが生まれ、仕事を快諾します。

 募る期待と不安を胸にやってきたイベント当日。やせっぽちの喜久井サンタは、子どもたちから身を隠し、職員の呼びかけにより「メリークリスマース」と言いながら登場。すると子どもらは「サンタだ!!」叫びんで、元ひきこもりのもとに殺到。喜久井サンタは、子どもたちにもみくちゃにされ、うろたえ、付けヒゲゆえに息も絶え絶えにプレゼントを配布。子どもの野性味に圧倒されつつ退散すると、ふと「たまには親に連絡してみてもいいかも」と思ったそうです。

 喜久井さんは、自分への罪悪感と同じぐらい強い気持ちで、親を恨んできました。子ども時代の自分を不幸にしたのは親のせいだ、と。しかし今、目の前の子どもたちに圧倒されてみると「親はよく世話をしていたなあ」と思ったんだそうです。

 その後、喜久井さんは15年ぶりに両親と食卓を囲んでいます。ひさしぶりの食事は「複雑な気持ちだった」と語っており、けっしてよい思い出だけではなかったそうです。ただし、世間では30歳をすぎると「親の背中が見えてくる」と言いますが、ひきこもっていた彼も30歳を超えて親への思いが変わったようです。

 喜久井さんが「殺されるかもしれない」「死ぬしかない」と追いつめられながらも、その思いが変わったのは居場所(本当の自分でいられる場や関係)と出番(サンタ)を得たからでした。練馬事件の報道を聞くたびに、私は心が痛みます。殺された長男も喜久井さんと同じような孤立感に苦しんでいたのではないか。もしも家族だけで苦しさを抱えず、社会の側に「ひきこもりの人の居場所と出番」がもっと整備されていたら思うからです。「殺す」以外の選択肢、これが社会のなかで今、議論しなければいけないことではないでしょうか。(文/石井志昂)

このニュースに関するつぶやき

  • ありません。もし殺さなかったら第二の青葉真司や岩崎(登戸の事件の)になっていたのは確実。この元農水次官氏は「愛国無罪」でいい。
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • 間違っても英断だとは思わないが殺すしかないと思い込むとこまで追い詰められてた訳で殺害したのは仕方なかったと思う。引き籠りが全て優しい人、良い人な訳じゃないし
    • イイネ!167
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(194件)

あなたにおすすめ

ニュース設定