ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 「同じチームに2年在籍するのは初めて」ルクレール、2020年はフェラーリF1のマシン開発をサポート

「同じチームに2年在籍するのは初めて」ルクレール、2020年はフェラーリF1のマシン開発をサポート

0

2019年12月17日 16:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真シャルル・ルクレール(フェラーリ)
シャルル・ルクレール(フェラーリ)
 フェラーリのシャルル・ルクレールは、彼の短いF1キャリアにおいて初めて、1年間の経験を活かしてフェラーリの2020年型マシンの開発をサポートすることになる。

 ルクレールはF1でのルーキーシーズンをアルファロメオ・ザウバーF1チームで過ごした後、フェラーリに移籍した。つまり、2020年はF1においてルクレールが同じチームで2年目を迎える初めての年となる。

「僕のシングルシーターのキャリアのなかで、今年から来年へと(2年続けて)同じチームに在籍するのは初めてのことだし、マシンを開発するのも興味深い挑戦になるだろう」とルクレールは『Formula1.com』に語った。

「全体的に僕たちは(2019年に)かなり進歩したし、そのことが最も重要なことだと思っている。今はこの勢いを来年も維持することを本当に楽しみにしているよ」

 2019年シーズン、ルクレールは2度の優勝を飾り、グリッド上のどのドライバーよりも多い7度のポールポジションを獲得してF1での2年目を締めくくった。

 オフシーズンテストで見せた印象的なスピードから、シーズン開幕前までフェラーリは今シーズンのトップ候補と見られていた。ところがシーズン前半では予想外に苦戦し、メルセデスの『W10』はダウンフォースの低いフェラーリの『SF90H』よりも明らかに優位に立っていた。

 しかしフェラーリのマシンはサマーブレイク後に力強い競争力を発揮し、第13戦ベルギーGPから3戦連続での優勝をチームにもたらした。

「少しおかしなシーズンだった」とルクレールは認めた。

「プレシーズンテストの後に僕たちが想定していたようなシーズンのスタートにはまったくならなかった。プレシーズンテストはとてもポジティブなものだったけれど、その後シーズンが始まり、それから随分と苦戦してしまった」

「その後の進歩は非常に素晴らしいものだったと思う。でもオースティンも少々奇妙だったね。あそこでなぜペースが出なかったのか、今でも分からないんだ」

「全体的にはポジティブなシーズンだったと思う。開幕戦を除いてはね。あのレースはまったくダメだった」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定