ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > MotoGP:アンドレア・イアンノーネにドーピング陽性反応。暫定的に出場停止処分

MotoGP:アンドレア・イアンノーネにドーピング陽性反応。暫定的に出場停止処分

3

2019年12月17日 20:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真MotoGP日本GPの前夜祭に登場したアンドレア・イアンノーネ
MotoGP日本GPの前夜祭に登場したアンドレア・イアンノーネ
 FIMは12月17日、2019年FIMアンチ・ドーピング規則7.9.1にしたがってMotoGPに参戦しているイタリア人ライダーのアンドレア・イアンノーネに出場停止処分を下したと発表した。

 FIMは12月3日に行われたMotoGP第18戦セパンで、通常の手順としてイアンノーネからドーピング検査のために尿サンプルを取得。これをドイツにある世界ドーピング防止機構(WADA)の研究所に送って検査が行われた。

 この検査の結果、イアンノーネのサンプルからタンパク同化ステロイド(アナボリックステロイド)の陽性反応が出たため、FIMは規則に従い、暫定的にイアンノーネの参戦資格を2019年12月17日付けで停止した。この結果、イアンノーネはFIMからさらなる公表が行われない限り、一切のバイクレースやプロライダーとしての活動を行うことができなくなった。

 なお、イアンノーネには追加でBサンプルを提出し、再検査を受ける権利があるほか、規則に従い出場停止処分の解除を要求する権利もある。

 イアンノーネは2005年にロードレース世界選手権125ccクラスでデビューし、2013年に最高峰クラス昇格。ドゥカティ、スズキのファクトリーチームを経て2019年からはアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニでMotoGPを戦いランキング16位でシーズンを終えている。

このニュースに関するつぶやき

  • 二輪にもドーピングがあったのかー_:(´ཀ`」 ∠): 栄養ドリンクは ひっかからないのね
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定