ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > “2020年冬アニメ”気になるのは?「超電磁砲T」抑えた1位は…? dアニメストアが調査

“2020年冬アニメ”気になるのは?「超電磁砲T」抑えた1位は…? dアニメストアが調査

15

2019年12月23日 20:02  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『とある科学の超電磁砲T』キービジュアル(C)2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN T
『とある科学の超電磁砲T』キービジュアル(C)2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN T
アニメ見放題サービス「dアニメストア」が、2020年冬アニメで気になっている作品をユーザーに聞いた「今期何見る?2020冬アニメ人気投票」の結果を発表した。
総投票数74,785票によって、総合ランキングは1位が『Re:ゼロから始める異世界生活』、2位が『とある科学の超電磁砲T』、3位が『異世界かるてっと2』となった。


1位の『Re:ゼロから始める異世界生活』は、新規カットが追加され1時間番組として再編集が行われた、“死に戻り”異世界ファンタジー第1期の「新編集版」だ。
得票数は9,465票で年代別でも全てトップに輝いており、2020年4月より放送される第2期も前にしたファンの注目ぶりがうかがえる。



2位の『とある科学の超電磁砲T』は、「超電磁砲(レールガン)」の異名を持つ超能力者・御坂美琴とその仲間たちが巨大な体育祭「大覇星祭」に臨むところからストーリーが始まる、『とある魔術の禁書目録』のスピンオフシリーズのTVアニメ第3期となる。
得票数は5,569票で男性票でも2位をマークしており、20代から40代を中心に支持された。

3位の『異世界かるてっと2』は、『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『幼女戦記』の異世界系4作品のキャラが大暴れするクロスオーバーアニメの第2期だ。新たに『盾の勇者の成り上がり』のゲスト参戦も決定している。
得票数は5,537票で、年代別では2位につけた10代や30代、40代からの人気が際立った。



以下、総合ランキングでは4位に4,831票で『ハイキュー!! TO THE TOP』、5位に4,353票で『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』がランクイン。
トップ10までに『へやキャン△』、『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』、『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』、『理系が恋に落ちたので証明してみた。』、『ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。』も名を連ねた。


dアニメストア「今期何見る?2020冬アニメ人気投票」
【総合ランキング】
1位:9,232票 Re:ゼロから始める異世界生活
2位:5,569票 とある科学の超電磁砲T
3位:5,537票 異世界かるてっと2
4位:4,831票 ハイキュー!! TO THE TOP
5位:4,353票 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
6位:4,283票 へやキャン△
7位:3,807票 斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編
8位:3,701票 マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
9位:2,630票 理系が恋に落ちたので証明してみた。
10位:2,055票 ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。
投票期間: 12/13(金)〜12/20(金)19時まで
投票数:74,785票

このニュースに関するつぶやき

  • 「ハイキュー!!」や「バンドリ!」の続編が気になりますし、「マギアレコード」も気になったりしますね。「マギアレコード」は凄まじい(良い意味で予想外な)展開で驚かす話もあるのかも楽しみです。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • Re:ゼロは原作未読組がいきなりの「アレ」にショック受けて見なくなる危惧がちとあるんだけれどねぇ 4章はかなーりネガティブ展開多いし
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定