ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 2020年にF1復帰を果たすオコン、メルセデスのシートを逃したことへの落胆はなく「ほっとしている」と語る

2020年にF1復帰を果たすオコン、メルセデスのシートを逃したことへの落胆はなく「ほっとしている」と語る

0

2019年12月24日 08:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真オコンは2020年にルノーからF1に復帰する
オコンは2020年にルノーからF1に復帰する
 エステバン・オコンは、シャルル・ルクレールがたった2シーズンで急成長を遂げてF1のトップドライバー入を果たしたことに驚いてはいないという。

 2016年にGP3のタイトルを獲得し、翌年にF2のチャンピオンとなったルクレールは2018年にザウバーからF1デビューを果たした。そして今季、彼は誰もが憧れるフェラーリのシートを手に入れてセバスチャン・ベッテルのチームメイトとなった。

 ルクレールは7度のポールポジション獲得と2度の優勝を成し遂げ、ドライバーズ選手権ではベッテルよりも上位の4位につけるという飛躍のシーズンを過ごした。しかし、このどれにもオコンは驚かなかったという。

「すべての出来事はシャルルにとってふさわしいものであり、僕にとっては驚きではなかった」とオコンはフランスのモータースポーツメディアである『NextGen Auto』に語った。

「レースに勝ったり、ポールポジションを獲ったりすることが可能なマシンであれば、そうなるだろうと僕は言っていたんだ。セバスチャン・ベッテルよりも上位になるだろうともね」

 ルクレールやその他の成長中のF1ドライバーらとともに数多くの選手権を走ってきたオコンは、自身の知識からそうした見通しを立ててきた。

「キャリアを通して、ずっと一緒に戦ってきたんだ。彼やマックス・フェルスタッペン、ピエール・ガスリーらとともに、ここにたどり着くために。そのことによって互いに高め合うこともできた。さらに向上するためのモチベーションにもなっていたよ」

 ルクレールがチャンピオンになる前年に、オコン自身もGP3のタイトルを獲得している。F2をスキップしてマノーのテストドライバーとして起用され、ベルギーGPで同チームからF1デビューを果たした。

 その後、オコンはフォース・インディアで2年を過ごし、50戦に出場。しかしチームが買収されレーシング・ポイントに名前が変わった際にシートを失った。

 それからメルセデスで1年にわたってテストドライバー兼シミュレータードライバーを務めてきたが、2020年はルノーからグリッドへの復帰を果たす。オコンはすでにシーズン後のテストにおいて、ルノーのマシンでの初走行を終えている。

「適応するための仕事がまだ少し残っているけれど、僕らの間には良い雰囲気があったよ」と、オコンはヤス・マリーナでR.S.19を初走行させた感想を語った。

「テストの最初の2日間は本当に重要だった。メルセデスとルノーの違いが分かり、作業を始めることができた」

 メルセデスはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスと固く結びついており、オコンはシートを逃したが、後悔している様子はない。

「そういうことはまったくないよ!」とオコンはきっぱりとした口調で述べた。

「僕は、将来に向けて素晴らしい野望を持ったフランスのチームにいるんだ。数年のうちにトップに返り咲くという素晴らしい野望だ」

「僕はそうしたプロジェクトや改善、リニューアルの一員だ。まったく落胆なんてしていない。むしろ、ほっとしているくらいだよ」

 50戦の出場経験を持つオコンだが、1年間レースから離れていたことでルーキーのようなハングリー精神も備えており、2020年はコース上で様々なことを期待しているという。

 オコンは今でも、常に憧れてきた7度のチャンピオンであるミハエル・シューマッハの足跡を辿ることを願っている。シューマッハはオコンのレースキャリアにおいて、励みになってきたのだ。

「シューマッハはずっと僕のロールモデルなんだ。彼はレースの有用性や、チームがドライバーをどう見るかという部分を変えた」とオコンは説明した。

「彼は最高レベルの基準を作り上げた。彼のヘルメットのデザインは、今も僕のヘルメットに含まれている。来年は赤に戻すよ」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定