ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > フェラーリF1代表「シンガポールでベッテルを勝たせたことは正しい判断だった」

フェラーリF1代表「シンガポールでベッテルを勝たせたことは正しい判断だった」

2

2019年12月29日 10:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第15戦シンガポールGP セバスチャン・ベッテルが今季初勝利
2019年F1第15戦シンガポールGP セバスチャン・ベッテルが今季初勝利
 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、2019年のシンガポールGPでセバスチャン・ベッテルを「勝たせた」ことは、彼の自信を高めるという意味で非常に重要だったと語った。

 マリーナ・ベイで、フェラーリのシャルル・ルクレールはポールポジションからレース前半をリードしたが、後ろを走っていたベッテルにアンダーカットされて2番手に落ちた。ルクレールはこれに憤ったが、フェラーリはドライバーの入れ替えをせず、ベッテルにルクレールをリードさせたままチェッカーフラッグを受けさせた。これによりベッテルは2019年初にして唯一の勝利を飾った。

 この采配によって、ルクレールはベルギーGP、イタリアGPにつぐ3連続勝利を決めることができなかった。しかしビノットは、この勝利はチームとドライバーにいっそう重要なものをもたらしたと考えている。

「シーズン序盤に、彼(ベッテル)は大きなプレッシャーにさらされていた」とビノットは説明した。「だが彼はシーズン後半では非常にうまく対処したと思う」

「シンガポールでの勝利は彼にとって重要だった。勝利自体だけでなく、チームに対する信頼においてもだ。彼は必要に応じてチームに助けを求めることができることを知ったのだ」

「私はこれは正しいことだったと思う。正しい選択であり、彼を勝たせるのに正しいタイミングだった」

 ベッテルは第7戦カナダではトップでチェッカーフラッグを受けたものの、ハミルトンとのバトルのなかでコースオフした後に安全な形でコースに復帰しなかったとしてタイムペナルティを受け、2位に降格された。前半戦のフェラーリは、速さを発揮していたモントリオールでは勝利を失い、その他のグランプリではメルセデスを相手に苦戦していた。

 しかしサマーブレイク後にフェラーリは改善を果たし、SF90の空力面とパワーユニットが向上したことで、ベッテルとルクレールのパフォーマンスは高まった。

「シーズン開幕時から彼はマシンに不満を持っていた。明らかにブレーキングに不安定さがあった」とビノットは語った。

「(ルクレールによる)彼への挑戦は、優れたベンチマークになったと思う。あれほど速いチームメイトがいることで彼は悩まされただろう」

「だが、マシンについて全体的に自信を持てるようになってから、彼は非常に速くなったと思う。彼のレースペースはシャルルとほぼ同等だった。予選ではシャルルの方が速かったがね」

「だから私はシーズン後半に彼は良い仕事をしたと考えている。簡単ではなかったシーズン前半の後で、うまく挽回を果たした」

このニュースに関するつぶやき

  • 開幕2戦目にベッテルを優先させた方が問題でしょうね…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 中盤、一時期速かったのって、インチキしてたからじゃなかったの?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定