ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > バイクカテゴリでもっとも注目された写真はあの転倒シーン/2019年2輪フォトアクセスランキング

バイクカテゴリでもっとも注目された写真はあの転倒シーン/2019年2輪フォトアクセスランキング

2

2019年12月29日 13:11  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真クラッチレバーの上に、さらに銀色のリヤブレーキレバーが装着されたマルケスのRC213V
クラッチレバーの上に、さらに銀色のリヤブレーキレバーが装着されたマルケスのRC213V
 autosport webでは文字はもちろん、写真も交えながら、さまざまなニュースをお届けしてまいりました。今回は2019年シーズンにお届けした写真のなかから、カテゴリ別に反響の多かったものをお届けします。

 今回は読者のみなさまが注目している2輪市販車や、MotoGPをはじめとする2輪レースのフォトランキングトップ5をご紹介。

■2輪市販車フォトランキング
第5位:ドゥカティ・ストリートファイターV4 S
 2輪市販車編第5位は、2019年10月にドゥカティが発表したネイキッドモデル『ストリートファイターV4 S』の発表写真がランクイン。ストリートファイターV4 Sはマルケジーニ製鍛造ホイール、オーリンズ製電子制御サスペンション、ステアリング・ダンパーを装備し、サスペンションセットアップは瞬時に変更することができるパフォーマンスモデルです。
■ドゥカティ、ウイングとV型4気筒エンジン搭載したネイキッド『ストリートファイターV4/V4 S』を発表

第4位:カワサキZ H2
 続いては東京モーターショー2019でお披露目された『カワサキZ H2』が登場。モーターショー開催前のティザー映像が公開され話題となっていたモデルが待望の公開となりました。Z H2は、同社のニンジャH2に続き、パワートレインにスーパーチャージドエンジンを搭載したバイクです。
■カワサキ、250cc4気筒の『ZX-25R』、スーパーチャージャー搭載のネイキッド『Z H2』初公開/東京モーターショー

第3位:新型ドゥカティ・パニガーレV4
 人気を誇るドゥカティから、新型『パニガーレV4』のカウルに付けられたウイングの写真というマニアックなものが第3位に。パニガーレV4はドゥカティがMotoGPやSBKで培ったテクノロジーのエンジンや、エアロダイナミクス技術が投入されたモデル。写真のウイングは小さいもですが、270km/hの速度で30kgのダウンフォースを発生させるといいます。
■ドゥカティ、パニガーレV2を新型モデルに追加。V4/V4 Sはウイングを標準装備に

第2位:アストンマーティン初の2輪車、AMB 001
 第2位にはイギリスが誇る高級車メーカー、アストンマーティンが公開した同社初の2輪車『AMB 001』がランクイン。サーキット専用モデルですが、アストンマーティンの美しいデザイン性などで話題となりました。価格1000万超え、限定100台というアストンマーティン初となる2輪車の発売時期は、2020年の第四半期の予定となっています。
■アストンマーティン初の2輪車『AMB 001』をミラノショーで公開。価格は1000万円越え

第1位:CBR1000RR-R FIREBLADE
 市販車編第1位は、11月に2016年以来、3年ぶりのフルモデルチェンジが行われたホンダの新型スーパースポーツ『CBR1000RR-R FIREBLADE』が2位以下と圧倒的な差をつけて首位に輝きました。

 ホンダオートバイのフラッグシップモデルであるCBR1000RR-R FIREBLADEは、先代モデルのCBR1000RRからRがさらにひとつ増やされ、MotoGPワークスマシンである『RC213V』で培われたテクノロジーがふんだんに盛り込まれているモデルです。
■3年ぶりのフルモデルチェンジ。ホンダ、新型スーパースポーツ『CBR1000RR-R FIREBLADE』を発表

■2輪レースフォトランキング
第5位:マルク・マルケス仕様のRC213V
 市販車編に続いて2輪レース編フォトランキングをご紹介。まず第5位には圧倒的な強さで2019年MotoGPチャンピオンに輝いたマルク・マルケスが登場です。

 11月掲載の『ノブ青木の知って得するMotoGP』より、マルケスの2019年型ホンダRC213Vの左側クラッチレバーの上に、さらに銀色のリヤブレーキレバーが、フットブレーキとは別に装着されていることが話題となりました。
■2019年型ホンダRC213Vが“マルケススペシャル”の理由/ノブ青木の知って得するMotoGP

第4位:ドゥカティ・デスモセディチGP19に取り付けられた謎のパーツ
 第4位もMotoGPの技術写真がランクイン。2019年MotoGP開幕戦カタールGPで、ドゥカティ・デスモセディチGP19のスイングアーム下部に謎のパーツが取り付けられている写真が注目を浴びました。

 この謎のパーツに対して他メーカーから「レギュレーション違反なのではないか」という抗議の声が上がりましたが、FIM MotoGPスチュワードは抗議を却下し、適法であるという決定をその後に下しています。
■MotoGP開幕戦で4メーカーがドゥカティに抗議した理由。デスモセディチGPに付けられた新パーツの目的

第3位:モンスターエナジー・ヤマハMotoGPスタジオ写真
 第3位には、2018年シーズン限りでモビスターとの契約が終了し、2019年シーズンからは新たに『モンスターエナジー・ヤマハMotoGP』となったヤマハファクトリーから参戦するマーベリック・ビニャーレスと、バレンティーノ・ロッシのスタジオ写真がランクイン。

 マシンに目を向けると、ヤマハブルーは残されているが、モンスターエナジーのブラックがベースとなったことによって、さらに引き締まった印象を与えるカラーリングとなりました。
■MotoGP:ヤマハ、2019年型YZR-M1のスタジオショット公開。ロッシ機の“ろっしふみ”ステッカー健在

第2位:中山愛理の全日本ロード初表彰台
 全日本ロードレース選手権第1戦より、4ストローク250cc単気筒マシンで争われるJ-GP3クラスに参戦している女性ライダーの中山愛理(TEAM SHOTA)の初表彰台写真が第2位に。

 女性ライダーの表彰台獲得という話題性と彼女の控えめな笑顔、さらによく見ると、キャップを3つも被っているというなかなか見どころの多い1枚ですね。
■女性ライダーがJ-GP3で表彰台の快挙。J-GP2はラストイヤー/全日本ロード第1戦トピックス

第1位:鈴鹿8耐でジョナサン・レイまさかの転倒
 2輪レースフォトランキング第1位は真夏の祭典、鈴鹿8時間耐久ロードレースでレース終盤、Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hのジョナサン・レイがまさかの転倒をしてしまうシーンとなりました。

 8時間レースの残り2分というところでのトップ走行マシン転倒、さらにその後の赤旗終了からの決勝リザルト改訂など、記憶にも残るレースとなりました。
■鈴鹿8耐:トップ快走のカワサキが残り2分で悲劇。ヤマハが暫定優勝
■鈴鹿8耐決勝の正式結果発表。26年ぶりのカワサキ優勝確定

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定