ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 嵐 結成20周年で記念の年、令和初の紅白大トリは「夢のよう」

嵐 結成20周年で記念の年、令和初の紅白大トリは「夢のよう」

0

2019年12月29日 20:30  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

第70回 NHK紅白歌合戦のリハーサル・音合わせが29日、NHKホールで行われ 、嵐が音合わせの後に報道陣の囲み取材に応じた。



今年で嵐は結成20周年の節目の年。その記念の年に紅白の大トリを務めることについて、松本潤は「大変光栄です。令和初の紅白にもなりますので、精一杯自分たちのパフォーマンスを感謝の気持ちを込めてやらせていただけたら。大分気合入ってます!」と意気込みを語った。

櫻井翔も続けて「2009年が初出場なんですが、そこから10年で大トリを務めるようになるとは夢にも思ってなかった。夢のようですね」としみじみ。

今回嵐は『嵐×紅白 スペシャルメドレー 』と、NHK2020ソング『カイト』を披露する。紅白で初披露される『カイト』は、シンガーソングライターの米津玄師が作詞・作曲を手掛けた。

その楽曲について松本は「めっちゃいい曲ですよ。まだ僕らしか聞いていないのですが、すごく米津くんらしい曲。最初米津くんが歌ってたので、これを僕らが歌うんだと思うとすごく感動しました。ご本人と話をさせてもらったんですけど、自分が歌うより、嵐が歌うことをイメージして曲も詩も書いたといっていたので、『嵐ってこういうイメージなんだ』ということを感じられて嬉しいです」と少しだけ楽曲のことを明かした。


嵐と米津は初めて会った時、そのまま6人で飲みに行ったという。二宮はその時のことを「米津くんは5対1だったので、後半全然覚えていないらしいんですけど(笑)」と明かした。

嵐はそれぞれ米津と共通点のあるテーマで盛り上がったと話し、大野とは絵の話、二宮とはゲームの話、相葉とはアニメの話、松本とは音楽の話をしたことを明かした。そこで櫻井は報道陣より「何の話をした?」と聞かれると「僕は場を回してました!」とコメントし、報道陣を笑わせた。


「第70回NHK紅白歌合戦」は、31日19時15分〜23時45分にNHK総合ほかで放送される。総合司会を内村光良とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務め、白組司会を嵐の櫻井翔、紅組司会を女優の綾瀬はるかが務める。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定