ゆん、アイドル引退後の借金800万円どん底生活からヴァンゆん結成まで明かす『ふり返れば同級生がいる!』

0

2019年12月30日 07:12  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

2020年1月2日(木)16時から『ふり返れば同級生がいる!』(読売テレビ・日本テレビ系)が放送される。

56歳の浜田雅功、36歳の丸山隆平(関ジャニ∞)がMCとして再タッグを組む同番組。25歳の広瀬アリス、49歳の西川貴教、69歳の梅沢富美男という3世代のゲストの同級生たちを迎え、ぶっちゃけトークを展開。3世代のゲストは青春時代の思い出、デビューのきっかけ、人生の転機など、自身の激動の人生を振り返る。

広瀬の同級生は『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK)でブレークした俳優の犬飼貴丈、バラエティに引っ張りだこの朝日奈央、人気ユーチューバーのゆん(ヴァンゆん)という各界で活躍するメンバーが集結。

2006年、広瀬のターニングポイントは地元、静岡のお祭りでスカウトされて芸能界入りした12歳の時。広瀬は「バスケをやっていて、男の子と思われてスカウトされたんですよ」と驚きのエピソードを語る。当時の美少女ショートヘアの写真を見た浜田は「これは売れますよ。スカウトされますよ」と納得。その年、朝日は人気雑誌「LOVE berry(ラブベリー)」の専属モデルになってティーンのカリスマ的な存在に。同じ頃、ゆんはクラスの嫌われ者だったと告白。ゆんは「小、中学校は声、テンションが高過ぎてぶりっ子って陰口をメチャクチャ言われていましたね」と意外な過去を明かす。

2012年、犬飼は18歳の時にハンバーガーにつられて芸能界入りした事を告白する。ハンバーガーが大好きという犬飼は「18歳になって進路をどうするかって時、大学も就職も「う〜ん」と思っていて……。母親が「こういう道もあるんだよ」ってジュノン・スーパーボーイコンテストを勧めてくれたんですよ」と回顧。応募したらハンバーガーを買ってあげると母親に言われ、応募する事を決めたという。プリンスと呼ばれ、他校から女子が見に来たという当時の写真を公開すると、浜田は「これはチャラいな、おい!」とイジる。その年、ゆんは友人にハメられてオーディションに申し込み、アイドル活動を開始。ゆんは「ぶりっ子が受け入れられて天職だと思ったんです」と回想する。

2016年、ゆんは22歳の時にアイドルを引退して借金800万円のどん底生活になった事を告白。ゆんは「父が会社を経営していたんですけど、亡くなって継ぐ事になって、借金800万円もついてきて……」と明かす。3年後にはユーチューバーになって一気に借金を完済したという。相方のヴァンとの出会いを聞かれると、ゆんは「ユーチューバーの会食があって、隣りの席だったんですよ」と振り返る。西川が収入を聞くと、ヴァンは「毎月、高級外車2、3台分」とぶっちゃける。ヴァンとゆんは恋人ではないと公言しているが、浜田は「絶対付きおーとるよ」と疑う。その年、朝日は仕事が月に1本あるかないかだった事を告白。この頃はアイドルグループのアイドリング!!!を卒業していて、朝日は「『ヒルナンデス!』を見ながら号泣しちゃって。同世代が活躍していて……」と悔しい思いをした事を告白。だが、2019年は180本の番組に出演する超売れっ子に。朝日はブレークのきっかけになったモノマネも振り返る。

2017年、広瀬は23歳の時、『連続テレビ小説 わろてんか』に出演して大ブレーク。広瀬は「漫才師役をやったんですよ。よしもとから講師の方に来て頂いて毎日練習しました。大阪弁から覚えて……」と役作りに苦労した事を明かす。その年、犬飼は電話番から仮面ライダーに変身。犬飼は「仕事は月に1本あるかないか。電話番ができるくらい事務所にずっといて。その時期に仮面ライダーのオーディションがあって、落ちたら芸能界を辞めようと。全力で挑んだら運よく仮面ライダーになれて……」と最後のチャンスをものにした事を明かし、仮面ライダーオーディションの裏話も語る。

続いては、1970年生まれ、西川の同級生芸能人は原田龍二、花田虎上、渡辺満里奈、いとうあさこというバラエティに富んだ面々が集まる。花田は若貴ブームが到来して世間の注目を浴びていた時、給料を金庫に貯めていたといい「金庫に2000万円くらいあった。金庫に入らなくなっちゃったので使ってみようかなと。1か月で使い切っちゃった。車1台買って、あとは飲み食い」と20歳の時に豪遊した事を明かす。原田は、今では定着した裸芸の原点を振り返るほか、不倫騒動について今だから話せる当時の裏話も明かす。

さらに、1950年生まれ、梅沢の同級生芸能人は細川たかし、東尾修、由美かおるという各界の大御所たちが集まる。梅沢たちは浜田、丸山と共に自分たちの波乱万丈な歴史を振り返っていく。1965年、由美は15歳の時に深夜番組に出演して一夜でスターになった事を明かす。由美は「テレビ局に『あの人は誰だ?』って電話が殺到してパンク寸前。石原裕次郎さんも電話をかけて下さって……」と大スターの目にも留まった事を明かす。その後、すぐに裕次郎さんと同居生活がスタート。浜田は「こんなん出して良いんですか?」と衝撃の事実に驚くが、由美は上京後に泊る場所がなく、裕次郎さんの奥さんに誘われたと事情を説明する。この後、裕次郎さんと共演した映画のラブシーンも公開。海の中でキスする2人に浜田は「長い! 長い!」とツッコミを入れる。

そのほかにも、出演者たちのぶっちゃけトークが次々と飛び出す。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定