ポン・ジュノ監督『パラサイト』は黒澤明監督『天国と地獄』にインスパイアされていた

2

2019年12月31日 11:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『パラサイト 半地下の家族』(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
『パラサイト 半地下の家族』(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
2020年1月6日(現地時間1月5日)に発表される第77回ゴールデン・グローブ賞にて監督賞、脚本賞、外国語映画賞の3部門にノミネートされている『パラサイト 半地下の家族』。いま、世界中を熱狂させている本作について、黒澤明監督が三船敏郎を主演にした名作『天国と地獄』にインスパイアされているとポン・ジュノ監督が明かした。



黒澤明をリスペクトするポン・ジュノ監督

かねてから、オールタイムベストを問われる度に『天国と地獄』('63)や『乱』('85)を挙げ、黒澤監督へのリスペクトを表してきたポン・ジュノ監督。自身も“韓国の黒澤明”と呼ばれ、黒澤作品のリメイクの話を持ちかけられたこともあるのだとか。

先日アメリカで取材を受けた際に、「もしあなたが映画学校の先生になったとして、まず五本の映画を生徒に観せるとしたら何を選ぶ?」との質問に対し、キム・ギヨン『下女』('60)、アルフレッド・ヒッチコック『フレンジー』('72)、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー『恐怖の報酬』('53)、ジョン・フォード『わが谷は緑なりき』('41)と共に、黒澤監督の『天国と地獄』を挙げ、自身にとっても大きな影響を与えた作品だと語っている。

『パラサイト』の半地下と高台の家は『天国と地獄』にインスパイアされていた

『パラサイト 半地下の家族』には貧しい家族キム家と裕福な家族パク家が登場する。キム家は半地下に暮らし、パク家は高台の豪邸に住む――その着想源を問われ、「黒澤明『天国と地獄』にインスパイアされています」とポン監督は明かす。

「(『天国と地獄』の)構造はよりシンプルで力強い。丘の上に金持ちがいて、底辺には犯罪者がいる、といった構造。基本的には『パラサイト』も同じですが、『パラサイト』の方がより多層的ではあります。物語は裕福な者と貧しい者についてなので、それを明確に意識して、音響や照明をデザインしていきました」とポン監督。


「貧しければ貧しいほど陽を浴びることができない。それは現実でも同じです。例えば『スノーピアサー』では、最後尾の車両には窓がなく、(本作の)半地下の家では日中浴びることのできる日の光が限られています。おそらく日照時間は15分から30分ぐらいでしょうか。そういった描写から、『パラサイト 半地下の家族』は始まるのです」と語り、『天国と地獄』の構造から物語を作り上げていったことに触れている。


『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日(金)より全国にて公開。12月27日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷、TOHOシネマズ 梅田にて先行公開。

(text:cinemacafe.net)

このニュースに関するつぶやき

  • �ٻλ�ああ〜、�ŵ�そう言われると・・・
    • イイネ!3
    • コメント 2件
  • インスパイア←×、雰囲気を����朴り←����
    • イイネ!4
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定