ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ピュアドライブを楽しむ後輪駆動のランボルギーニ『ウラカンEVO RWD』デビュー

ピュアドライブを楽しむ後輪駆動のランボルギーニ『ウラカンEVO RWD』デビュー

2

2020年01月07日 17:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真4WD車がラインアップの中心となっているランボルギーニのなかで、ピュアドライブを楽しむために誕生したウラカンEVO RWD
4WD車がラインアップの中心となっているランボルギーニのなかで、ピュアドライブを楽しむために誕生したウラカンEVO RWD
 2020年1月、イタリアン・スーパーカーメーカーのラインアップに、ピュアなドライビングを楽しむV10後輪駆動モデルが加わった。610馬力の最高出力、最大トルク560Nmというスペックを持つ新型ランボルギーニ。その名はウラカンEVO RWDだ。

 RWDとはRear Wheel Driveの略で、すわなち2駆の後輪駆動を意味する。1月4日に発表されたこのクルマの重量は1389kg。0-100km/h加速を3.3秒、最高速は325kg/hに達するが、車両開発ではストレートスピードやサーキットでの最速ラップタイムではなく、ドライバーが心から運転を楽しめることにフォーカスが当てられた。

 その中心にあるのは最新のP-TCS(パフォーマンス・トラクション・コントロール・システム)で、ウラカンEVO RWDのために特別なチューニングが行われている。

 一般的なトラクション・コントロール・システムの場合、トルクが遮断されるとクルマが完全に安定してから再度トルクを発生させるが、P-TCSでは前もってトルクを生み急激なトルク低下を防ぐ。そのため、コーナーを抜ける際のトラクション性能が向上した。

 また、P-TCSはステアリング上に配置された、イタリア語で『魂』を意味する“ANIMA”ボタンでドライビングモードを選択することでその役割を変え、状況に合わせたドライビングを楽しむことが可能となっている。

 この内、クルマのパフォーマンスを最大限に引き出すCORSAモードでは、先代モデルとなるウラカンRWDと比べてコーナー出口のトラクションが20%向上したほか、オーバーステアについても30%改善された。

「ウラカンEVO RWD は運転を楽しむためのクルマだ。ドライビング・エクスペリエンスを生み出すこのマシンは、ランボルギーニの技術の原点を思い出させるだろう」と語るのはアウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリ会長兼CEO。

「ウラカンEVO RWDのパフォーマンスは人間とマシンのハーモニーから生まれる。運転技術とウラカンEVOの後輪駆動が、バランスのとれたダイナミクス、物理的フィードバック、そしてピュアなパフォーマンスを実現するんだ」

 エクステリアはV10ランボルギーニシリーズが持つパワフルなデザインが受け継がれているものの、フロントとリヤでは4WD仕様のウラカンEVOとは大きく異なる。
 
 その一例は彫刻のような精悍なフロントフェイスで、大型化されたエアインテークに新型フロントスプリッターと垂直フィンが与えられた。また、グロスブラックのリヤバンバーにはウラカンEVO RWD用に専用開発された最新ディフューザーが装備されている。

 コクピットではセンターコンソールに8.4インチのタッチスクリーンを搭載し、ドライビングプレジャーだけでなくApple CarPlayが利用できるなど機能性も高められたウラカンEVO RWD。同モデルの価格は2412万6941円(税抜)で、最初のデリバリーは2020年春以降の予定だ。

このニュースに関するつぶやき

  • 何が気になるって…最高速325「kg」…?www
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定