ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > レーシングポイントF1、2020年の目標はランキング4位「トップチームとの差も詰めていきたい」

レーシングポイントF1、2020年の目標はランキング4位「トップチームとの差も詰めていきたい」

0

2020年01月08日 10:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第19戦アメリカGP決勝 セルジオ・ペレス、ランス・ストロール(レーシングポイント)
2019年F1第19戦アメリカGP決勝 セルジオ・ペレス、ランス・ストロール(レーシングポイント)
 レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、チームは2020年シーズンに向けて努力を積み重ねており、2020年の目標はコンストラクターズランキングにおいて4位を獲得することだと語った。

「僕たちは2019年の経験をもとに大きく改善できる」とペレスは述べた。

「グリッド上には素晴らしいチームがいて、誰もが改善しようとしている。だから僕たちは追いついて向上するんだ。難しいだろうけれど、2020年は表彰台獲得とコンストラクターズ選手権4位を目標にすべきだ」

 それは確かに難しいことだろう。レーシングポイントは2019年のコンストラクターズ選手権を7位でフィニッシュしたが、4位のマクラーレンとは72ポイントの差がついていた。

「僕たちは2019年に段階的に改善できたとは思うけれど、明らかに十分ではなかった」

「マクラーレンに十分に近づいたとは思わない。彼らは強かった。ルノーも一歩前にいたけれど、でも彼らはトロロッソ・ホンダと非常に近いところにいる」

「トロロッソ・ホンダが僕たちより優れた仕事をしたことは間違いないし、チャンスのあるときは多くのポイントを獲得していた。大量に得点できると、中団グループでは大きな違いが生まれるんだ」

「2019年、僕たちは予選では強さを発揮できなかった。でもレースペースはいつもどおりとても力強いものだったし、チームは素晴らしい仕事をしてきた。これまでのどの年よりもね。パフォーマンスが最大に引き出され、とても強力だった」

 ペレスは予選で抱えていた課題について、マシンの根本的な部分に問題があったと考えているという。

「マシンの根本的な部分のせいだと思う。新品のタイヤを履くととても難しい状況になった。それを改善できないのだから、酷いものだったよ」

「そして問題はコースに大きく関連していた。あるコースでは競争力を発揮できたのに、他のコースではまったくダメだった」

 フォース・インディアの破産手続き後、ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムがチームを買収したことによりレーシングポイントとなったこのチームにとって、2019年は“移行の年”だったとペレスは語った。

「開幕の時から分かっていたけれど、あれだけ長いシーズンだったので非常にきつかったし、望んでいるほどの改善も果たせなかった。僕たちは遅くて、(周囲に)追いつくために多くのことをしなければならなかった」

「でも2020年に向けて、僕たちは多くの努力を重ねてきた。(コンストラクターズランキングでは)4位でフィニッシュしたいね。それが僕たちの主な目標だ」

「今ではチームも安定しているし、2020年にはマクラーレンを打ち負かすだけでなく、トップチームとの差も大きく縮めていくつもりだよ」

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定