ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 南野拓実はチームに溶け込んでいる。クロップ監督と笑顔でハグ

南野拓実はチームに溶け込んでいる。クロップ監督と笑顔でハグ

0

2020年01月14日 06:02  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 南野拓実のプレミアリーグデビューはお預けとなった。

 1月1日付で正式にリバプールの一員となった日本代表MFは、11日に行なわれたトッテナム・ホットスパー戦で国内リーグ初のベンチ入りを果たした。しかし、前半からタッチライン際で断続的にアップを行なったものの、最後まで出番は訪れなかった。

 加入したばかりの南野にとって、途中交代で起用されるには極めて難しい試合展開だった。

 リバプールが前半37分に先制ゴールを奪うも、その後は1−0のまま拮抗した展開で進んだ。序盤のトッテナムは守備をガッチリ固めてロングカウンターに狙いを定め、後半途中に5バックから4バックへの変更で反撃を開始した。トッテナムにも終盤に得点チャンスはあったが、リバプールが1−0で逃げ切った。

 こうした接戦になると、たったひとつの判断ミスや連係ミスが命取りになる危険がある。リバプールに合流したばかりの南野を投入するにはリスクが高すぎた、ということだ。

 実際、ユルゲン・クロップ監督は、アダム・ララーナ(後半15分)、ディボック・オリジ(後半35分)、ジェルダン・シャキリ(後半45分)の順に交代カードを切っていった。

 前線からきっちり守備を行ない、日本人選手にしてはプレー強度も高い南野を投入する策もあったかもしれないが、途中交代で起用したのは、いずれもクロップの下でプレー経験の長い選手ばかりだった。オリジを投入した後半35分のタイミングで南野のアップを終了させたことからも、新加入選手を投入させる試合ではないと、指揮官は判断したのだろう。

 それにしても、リバプールは強い。プレミアリーグ21試合を戦い、20勝1分の無敗。サウサンプトンに敗れたレスター・シティが3位に転落し、代わりに2位に浮上したマンチェスター・シティとの勝ち点差は「14」となった。

 しかも、21試合で獲得した勝ち点「61」は、欧州5大リーグで史上最多の数字だ。このまま順調に勝ち進んでいけば、今季のリバプールは欧州サッカー史にも名を残すことになりそうだ。

 リバプールが異次元の強さを誇っているのは、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が試合後に残したコメントからもうかがえる。56歳のポルトガル人指揮官は、次のように話した。

「リバプールはユルゲン・クロップ監督に約5年も指導を受けている。選手たちはフィジカル面でクロップの要求に完全にフィットしており、戦術面でも指揮官のやりたいサッカーができている。それは非常に重要なことだ。

 トッテナムは、彼らのようにはいかない。もし、我々が試合のラスト20分で見せたような猛攻をキックオフから仕掛けていれば、たちまち崩壊していただろう。トッテナムの選手たちは、そのようなプレー強度に慣れていないし、適応もできない」

 モウリーニョの言う「フィジカル」とは、プレー強度や体力、球際の強さなどを指しているのだろう。実際、リバプールは前線から圧力をかけていき、縦に速いサッカーでゴールを量産している。

 さらに、セカンドボールを徹底的に拾ってマイボールにし、2次攻撃につなげる。ボールポゼッションの技術も高く、スムーズなパス交換からネットを揺らすことも可能だ。こうしたプレーのベースになっているのは、相手に走り負けない体力で、攻守両面において隙のないチームに仕上がっている。

 それゆえ、南野のリーグ戦起用は、ゆっくりとタイミングを見ていくことになるだろう。チームの目標は、30年ぶりとなるリーグ優勝。しかも、無敗を継続している。

 クロップ監督が「タクミに対し、適応の時間を与えなかったらおかしい。まずはあれこれ詰め込むようなことはしない。できるだけ自然体でやってもらいたい」と語っているように、国内リーグ戦については、まず十分なリードを奪ってから試合終盤にデビューさせるシナリオが最も可能性が高そうだ。

 その南野は、試合を終えるとピッチに入っていき、そばにいたクロップ監督と抱き合って勝利を喜んだ。この時の様子について、ドイツ人指揮官は「私がタクミの名前を叫び、彼が振り向いた。お互いに笑顔を浮かべてハグをした。彼もこの勝利が特別であるのはわかっている。彼も、とても喜んでいた」と明かしている。

 その後、背番号18はほかの選手とともにコーナー付近に陣取るサポーターの場所に歩み寄り、拍手でサポーターの声援に応えた。

 世界屈指のサイドバックに成長したスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンは、南野がチームに溶け込み始めていると明かした。

「(タクミが先発したFAカップの)エバートン戦のプレーは本当にすばらしかった。チーム全体のパフォーマンスも優れていた。ここまで数日間しか彼と一緒に練習していないが、これからリバプールのビッグプレーヤーになっていってほしい。

 チームにスムーズにフィットしているし、1、2週間で彼の英語もよくなった。スコットランド訛りの僕よりも、彼を歓迎してくれる人はたくさんいるよ(笑)。すでにもう何年もこのチームにいるかのようだ。それは本当にいいことだと思う。加入して間もないが、苦労しているようには見えない」

 次節は、国内リーグのタイトル数で争う宿敵マンチェスター・ユナイテッドとの一戦になる。

 毎回、ライバル意識むき出しの激しい試合になるが、今回ばかりは両者の間に大きな力の差がある。絶好調のリバプールに対し、確固たるプレースタイルすら見出せていないマンチェスター・Uの劣勢は明らかだ。

 この試合で、ひょっとしたら南野のプレミアリーグデビューが実現するかもしれない。リバプールが2点以上リードを奪えば、試合終盤に日本代表MFが起用されるシナリオはありえるだろう。リーグ戦でのプレミアデビューを待ちたい。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定