ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > マグカップのおすすめブランドは?普段使いからプレゼントまでピックアップ

マグカップのおすすめブランドは?普段使いからプレゼントまでピックアップ

2

2020年01月16日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

そこで今回はマグカップを扱っているブランドについてご紹介。ステキなマグカップをピックアップしていきます。

【詳細】他の写真はこちら



■人気のマグカップブランド<日本ブランド>
まずは、日本製ブランドのマグカップをご紹介します。

・カラバリ豊富な“HASAMI”

出典:@ akanesasu212223さん

『HASAMI(ハサミ)』は長崎県波佐見町の陶磁器ブランドです。ポップでかわいらしいフォルムが人気の「ブロックマグ」は、ハサミを代表する少し小ぶりなマグカップ。スタッキングできるので収納時にもかさばりません。持ち手は手に馴染むよう少し丸く加工されており、食洗器や電子レンジでも使用できるので便利。カラーバリエーションが豊富なので色違いでそろえたくなるかわいさです。@akanesasu212223さんのコレクション、圧巻ですね。




・モダンな和食器“白山陶器”

出典:@ sola0612さん

ハサミと同じく長崎県波佐見町の『白山陶器(はくざんとうき)』は、デザインから製造までを手がける日本の陶磁器メーカー。写真の「よしず彫マグカップ」は、白磁に縦のレリーフが入った、モダンなマグカップです。和にも洋にも合うデザインがステキですね。




・素朴で暖かい“スタジオM”と“ソボカイ”

出典:@ blackberry.0123さん

『studio m'(スタジオM)』は愛知県瀬戸市にある陶器の会社『マルミツポテリ』のブランドのひとつ。「食事は楽しい」をコンセプトに、素朴で暖かみのある食器を数多く扱っています。そんなスタジオMの定番マグカップといえば写真の「エピスマグ」。八角形のフォルムが印象的なシリーズで、カラーバリエーションも豊富です。



出典:@ saitasaitaakasirokiiroさん

スタジオMと同じくマルミツポテリのブランド『sobokai(ソボカイ)』は、ホテルやレストランなどで使うことを想定した食器ブランド。そのスタッキングの良さや強度は、家庭で日常的に使うにもおすすめです。写真の「sonoマグ」のストレートタイプは、素朴な素材感が人気。電子レンジでも使えるので普段使いにも適しています。

■人気のマグカップブランド<北欧ブランド>
印象的な柄やカラフルなカラー展開が特徴の北欧ブランド。マグカップもかわいいものがたくさんあります。

・北欧を代表するブランド“マリメッコ”
<ウニッコ>

出典:@ tikataooさん

『Marimekko(マリメッコ)』を代表する「Unikko(ウニッコ)」は、大きく印象的なお花柄と華やかなカラー展開が魅力。テーブルにひとつあるだけでパッと明るくなります。色違いでペアマグにしてもステキですね。


<プケッティ>

出典:@ k_ei_ie_kさん

小さな小花がかわいい「Puketti(プケッティ)」もマリメッコの人気柄のひとつ。写真は少し小ぶりのラテマグです。カラー展開が豊富なマグは、コレクションしたくなりますね。




・デザイン性が高い“イッタラ”
<ティーマ>

出典:@ yuki_s_homeさん

シンプルでおしゃれなデザインが人気の『iittala(イッタラ)』は北欧を代表するブランドです。写真の「ティーマ」シリーズはどんな食卓にも似合うデザインが魅力。しっかりとした厚みと電子レンジでも使える気軽で実用的なところも人気の理由です。豊富なカラー展開なので、お気に入りのカラーを見つけることができます。もちろん色違いでそろえてもステキですね。




・フィンランドの陶磁器ブランド“アラビア”
<ムーミンマグ>

出典:@ pikkumiiiさん

『ARABIA (アラビア)』のムーミンマグは毎年新しい柄が発売されており、コレクションする人も多い人気のシリーズ。キャラクターがかわいいのはもちろんですが、落ち着いたカラーとまるで物語のワンシーンを切り取ったようなイラストもステキで、プレゼントにもおすすめのマグカップです。

■マグカップの人気高級ブランド
高級ブランドのマグカップといえばこちらでしょう。

・お祝いのプレゼントに最適な“ティファニー”

出典:@ chan_aya1202さん

写真は、ジュエリーブランドとして有名な『Tiffany&Co.(ティファニー)』。ティファニーブルーにホワイトリボンが優雅な雰囲気のペアマグカップです。イニシャルや記念日などの刻印もしてもらえるため、結婚のお祝いとしても多く選ばれています。

■ペアマグカップでおすすめのブランド
プレゼントなどにも最適のペアマグカップ。おすすめのブランドをご紹介します。

・気品あふれる“ウェッジウッド”

出典:@ 2chococakesさん

イギリスの陶磁器メーカーである『WEDGWOOD(ウェッジウッド)』のペアマグカップは、シンプルで気品のあるデザインが人気です。写真は、イチゴとブドウのレリーフがかわいい“ストロベリー&バイン”という柄。浮かび上がるような立体的なレリーフがおしゃれですね。

■おしゃれで安い!マグカップブランド
デイリーで使うならリーズナブルなものが一番!そんな方におすすめするのが、格安でおしゃれなこちらのマグカップです。

・おしゃれ安いマグなら“セリア”
<アイスコーンマグ>

出典:@ mika24angelさん

100円ショップのマグカップはおしゃれ安いものがたくさん!その中でも『Seria(セリア)』のマグカップは人気があります。写真は、まるでソフトクリームのコーンのような模様の「アイスコーンマグ」。かわいい見た目とモスキーなカラーが人気です。飲み物だけではなく、アイスやデザートを入れてもかわいいですよ。


<モカマグ>

出典:@ hamako99さん

こちらはモノトーンがかっこいい「モカマグ」。ポリプロピレン製で、電子レンジや食洗器もOKの優れもの。容量もたっぷりでたっぷり飲みたい人におすすめ。ホワイトもあります。




・お値段以上のかわいさなら“ニトリ”

出典:@ btf_blさん

『ニトリ』でもたくさんのマグカップが扱われています。中でも写真の「スタッキングできるマグカップ DAY Value」は収納のしやすさと、コロンとしたフォルムがかわいいシリーズ。ふんわりとしたパステルカラーでの5色展開なので、思わずセットで購入したくなるかわいさですね。ひとつ185円(税抜)というリーズナブルな価格も魅力です。

■男性に人気のおしゃれマグカップブランド
自宅で使ったり職場で使ったり、男性もマグカップを使う機会は多くありますよね。おしゃれな男性に人気のブランドやおすすめのブランドをピックアップしてみました。

・シンプルでカラー展開のあるもの
シンプルなものが好きな男性なら、アラビアのティーマシリーズやハサミの「ブロックマグ」などがおすすめ。シンプルでいてカラー展開も豊富なので、色違いでペアマグにしたりファミリーでおそろいにするときにも選びやすいです。

・印象的な北欧柄のマグカップ
マリメッコやイッタラ、アラビアなど北欧ブランドのマグカップは男性にも人気があります。落ち着いたカラーやモノトーンなど大人っぽい色や柄のマグカップも多いので、男性へのプレゼントにもおすすめです。


■名入れ可能なマグカップブランド

出典:@ 2chococakesさん

年齢や男女を問わず使えるものなので、結婚祝いや誕生日などの記念日にプレゼントするにも最適なマグカップ。名前を入れれば、自分だけの特別なものとしてさらに喜ばれます。先ほどご紹介したティファニーは、イニシャルや記念日を刻印してもらえますよ。その他にも、通販サイトなどではかわいい陶器のマグから有田焼や木製のもの、またステンレス製のものまで、マグカップへの名入れを行っているショップが数多くあります。「Amazon(アマゾン)」や「楽天市場」などで検索してみてください。名前が入っているとプレゼントをもらった方もうれしいですよね。

■イニシャルマグカップで人気のブランド
家族それぞれのイニシャルでそろえたくなるイニシャルマグカップ。自分のイニシャルがついたものを使うのはもちろんですが、デザインとしてもステキです。

・優雅な雰囲気の“ロイヤルコペンハーゲン”

出典:@ miliani888さん

イニシャルマグと言えば『ROYAL COPENHAGEN(ロイヤルコペンハーゲン)』の「アルファベットマグ」でしょう。美しいコバルトブルーでのアルファベット装飾が、気品あふれる優雅なティータイムを演出してくれます。特徴的なハイハンドルは持ちやすく使いやすさの秘密。その他にも、『Francfranc(フランフラン)』や『Afternoon Tea LIVING(アフタヌーンティー・リビング)』、『Noritake(ノリタケ)』など、さまざまなブランドでイニシャルマグが扱われています。それぞれに特色のあるマグカップばかりなのでチェックしてみてください。

■お気に入りのマグカップでステキなティータイムを
いろいろなブランドのマグカップをご紹介しました。毎日使える手軽なものから、大切な日に使う特別なものまで、いろいろなマグカップがありますね。ほっと一息のティータイムのお供に、お気に入りのマグカップを探してみてくださいね。

このニュースに関するつぶやき

  • >そこで今回は  「そこ」とはどこだ、とパタリロのように言いたくなる。「そして私は質屋へ行こうと思い立ちました」かい!(『蔵の中』読んだことないけどこの書き出しは有名)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定