ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 立川談春が明かす“談志流・褒め方”の極意とは?「談志すげーなーと思った」『サワコの朝』

立川談春が明かす“談志流・褒め方”の極意とは?「談志すげーなーと思った」『サワコの朝』

0

2020年01月16日 18:42  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

落語家の立川談春が、1月18日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30〜)に出演する。

談春は17歳の時に落語界の天才にして異端児・立川談志さんに弟子入り。2019年には、落語家として35周年を迎えた。それを記念した独演会では、長蛇の列が出来たほどで、今最もチケットが取れない人気落語家として注目を集めている。

最近では、ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)などで俳優としても活躍。撮影の時は意外にも恐怖を感じたと言い「できるか!」と思ったが、共演者たちの謙虚な姿を目の当たりにし、落語家のある欠点に気づいたという。「落語家でいい芸人いっぱいいましたけど、ウケなかった時に反省してる人、1人も見たことない」と、落語家ならではの芸への思いを語る。

一方で、修行時代を綴ったエッセイ「赤めだか」が、第24回講談社エッセイ賞を受賞。その報告をしに談志師匠を訪ねると、祝いの言葉よりも前に“粋な言葉”を頂戴した。「おめでとうより前の一言あったほうが、かっこいいしありがたいなと。久々に談志すげーなーと思った」と気になるその一言と共に、談志師匠の深い思いが詰まった当時のエピソードを披露する。

その談志師匠は、晩年、病に犯されながらも高座に上がり続けた。中でも、談春にとって忘れられない一席となったのは、亡くなる4年前に演じた名作落語「芝浜」。談春が抱く談志師匠への思いや、入門して間もなくカバン持ちをしていた頃のエピソードを振り返るほか、タイミングが絶妙だった“談志流・褒め方の極意”をサワコに明かす。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定