ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 夜、エアコンオフした寒い部屋で赤ちゃんを寝かせていても大丈夫かな?

夜、エアコンオフした寒い部屋で赤ちゃんを寝かせていても大丈夫かな?

4

2020年01月17日 16:32  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


赤ちゃんは布団をはいでしまったり、秋が深まる頃から冬、そして春先にかけての寒い時期は心配になりますよね。大人であれば寝間着に重ね着をしたり、布団にくるまったりと自分の意思で行うことができますが、まだ話せないし意思表示もできない赤ちゃんに対しては、ママがいろいろと考えてあげなければなりません。あるママさんは、夜にふと気が付くと赤ちゃんの手が冷たくなっているため、就寝中も暖房をつけたほうがいいのかと心配なようです。
『寒い部屋で赤ちゃんを寝かせていてもいいの? 私は東北住まいです。生後1ヶ月の赤ちゃんを育てています。寝室では暖房をつけずに寝ているのですが、気付くと赤ちゃんの手がすごく冷たくなっています。冬は気温がマイナスの日が続くので安心できません。夜間もずっと暖房をつけるべきでしょうか?』

乳幼児のいる家庭の適温は「冬期は20〜25℃、夏期は外気よりも4〜5℃低いぐらい」を目安に室温、湿度調節するママたち



まず東京都福祉保健局が公開している「健康・快適居住環境の指針(平成28年度改訂版)」によると、乳幼児のいる室温は、冬期は20〜25℃、夏期は外気よりも4〜5℃低いぐらいの温度が目安だと記載されています。また湿度は50%前後が目安のようです。
参考:東京都福祉保健局「健康・快適居住環境の指針(平成28年度改訂版)」
ではママたちは夜間に暖房をつけているのでしょうか? その他、どんな対策をしているのでしょう?

暖房器具を使っていた


冬場は暖房器具を使って赤ちゃんが過ごしやすい室温に調整していたというママさんも多いようですよ。
『直接赤ちゃんにエアコンの風が当たらないようにして、暖房をつけるべきだと思う』
『名古屋在住です。2月に子供を出産したので、直後から毎晩暖房はつけっ放しで、加湿器もオンにしたまま寝ていました』
『関東圏に住んでいるけれどエアコンは就寝中つけたままだよ。乳児の間は特に24時間、空調管理には配慮してあげたい』
ただ赤ちゃんの体感温度は室温だけでなく、湿度や風通し、日当たり、寝ているベッドの高さや配置にもよっても異なります。赤ちゃんの寝ている場所の温度や湿度がどれくらいなのかをまずは把握してみましょう。

千葉県こども病院によると、赤ちゃんはまだ体温調節機能が発達していないとのことです。さらに身体が小さい割には体表面の面積が大きく皮下脂肪が少ないため、熱が逃げやすいのだそう。一方で赤ちゃんは身体をよく動かすことから熱を出しやすい性質があるそうです。つまり赤ちゃんの身体は熱を逃がしやすい一方で熱がこもりやすいといえます。手足が冷えていたり手足の血色がよくないときは”寒い”サインとのことです。チェックしておきたいですね.
生後3カ月であれば体温調節しやすいように肌着にカバーオールを着せ、それでも赤ちゃんが”寒い”サインを出しているのならさらに一枚着せるといいのではないでしょうか。

投稿してくれたママさんの赤ちゃんは就寝中に手が冷たくなっていることがあるとのことですから、室温湿度調整とあわせて着るものも気にかけてあげる必要がありそうです。

「生後1ヶ月の赤ちゃんは大人よりも一枚厚着程度、4ヵ月頃からは大人より1枚少なめ」を目安に寝間着を着せてあげて


読み進めるとママスタBBSに集まるママさんたちは、室内温度、湿度の調整に加え、きちんと赤ちゃんの寝間着にも気を使っていることがわかります。
『私も上の子を産んだとき、古いアパートだったからストーブをつけたままで生活していたんだけれども、赤ちゃんに大人よりも1枚多く洋服を着せて、私が添い寝して、私の体温が赤ちゃんに伝わるように気を配っていたよ。赤ちゃんも暖かそうだったよ』
『赤ちゃんはまだ皮膚が薄いから生後1ヶ月までは大人より1枚多めに洋服を着せるくらいでいいと聞いたよ』
生後1ヶ月までの赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないため大人より1枚多めに洋服を着せたほうがよく、1ヶ月から3ヶ月頃では大人と同じ枚数に、4ヵ月頃からは大人より1枚少なめが推奨されています。室温を適温にしても赤ちゃんが寒そうだったり暑そうだったりする場合は、寝間着の枚数に気をつけてみてくださいね。
参考:エンゼル110番「赤ちゃんの衣服と室温」

暖房器具を使わずに赤ちゃんが寒さ対策をとるなら



しかし暖房器具や加湿器の用意がないご家庭もあることでしょう。夜間には暖房をつけたくないというママもいるかもしれませんね。そういったママさんはこんな工夫をしていたと紹介してくれました。
『うちは関東圏だけれど、上の子が赤ちゃんのときはやっぱり手足が冷たいのが可哀想で、レッグウォーマーとか履かせたりしていた。あとはスリーパーを着せたりしていたよ。あまり暑くさせてもいけないし、寒いのは可哀想だし難しいよね』
『うちは北陸。寝る前に少し部屋を暖房で暖めておいて寝ているときには消していたよ。そのかわりスリーパーを着せていた。やっぱり赤ちゃんの手はバンザイしているから冷たくなって気になって。もともと夜泣きが30分おきとかにあったから、添い寝して、その都度気づいたときに布団の中に手をしまってあげていた。ちなみに夜泣きは寒いからじゃないと思う。2歳すぎまで毎日夜泣きしたし』
赤ちゃんは体温調整ができないため、暑さや寒さはママやパパが最大限配慮してあげたいところ。特に暑い夏や寒い冬はエアコンや暖房などを使用して部屋の温度を適温にしたり、赤ちゃんの寝間着などを工夫してあげる必要があるようです。

文・物江窓香 編集・blackcat

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 夜中になんべんも乳出すの寒いやん?エアコンとファンヒーターでぬくぬくやで!まぁトイレ寒くて風邪引いたけどな!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • コストはかかりますがオイルヒーターが一番いいと思います。
    • イイネ!4
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定