ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 元乃木坂46衛藤、結婚を語る

元乃木坂46・衛藤美彩、西武・源田壮亮との結婚語る「度胸があるところに射抜かれた」

41

2020年01月18日 08:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真元乃木坂46・衛藤美彩 写真/逢坂聡 (C)oricon ME inc.
元乃木坂46・衛藤美彩 写真/逢坂聡 (C)oricon ME inc.
 昨年3月に乃木坂46を卒業し、10月24日に埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手と結婚をした衛藤美彩がフォトブック『『Decision』を発売した。「頑張りすぎて体調を崩したのが契機」となり卒業を決意した衛藤は、昨年プライベートでも大きな決断をした。乃木坂46での活動を振り返り、卒業、結婚、仕事に対する心境の変化について語った。

【写真集カット】カーヴィーボディが美しい“独身最後”の肌見せカット

◆一緒に生きていく人と出会えたことに感謝して、笑顔でこの新しいスタートを切っていく

──最新フォトブック『Decision』の写真、どれも素敵でした。幸せの最中にいる女性というのはこれほどまでに輝くんだなと。

【衛藤】 ありがとうございます。自分でも「我ながらいい顔してるな〜」という写真がたくさん撮れたと思っています(笑)。

──そもそもアイスランドをロケ地に選んだのはなぜだったんですか?

【衛藤】 『Decision』というタイトルの通り、(撮影をした)2019年は本当にたくさんの“決断”がありました。乃木坂46卒業するタイミングとか、それこそ卒業コンサートのセットリストも自分で考えたり、もちろん結婚もですね。とにかく普段以上にエネルギーを使った年だったので、その分を補給しつつ、次のステップに向かうパワーをもらえる土地で撮影したいと。そう考えていたところ、アイスランドには“地球の割れ目”をはじめとするパワースポットがたくさんあると知って訪れてみたくなったんです。

──実際、訪れてみていかがでしたか?

【衛藤】 すっごく素敵な国でした。可愛い街並みも自然も。今回はいい意味で何も準備をせずに撮影に臨んだんです。遠い国で事前のロケハンができなかったのと、自分でも「何があるかわからない。予定通り行かないかもしれない。それでもすべてを受け入れていこう」という気持ちでいたときだったので。それが大正解で、素のままカメラの前に立てていることが自分にとって大きな自信になったんです。なかでもお気に入りは洞窟の中で滝を浴びている写真。そこも有名なパワースポットなんですが、水しぶきが「この先も大丈夫だよ」と背中を押してくれたような気がして。人生の分岐点に立った今だからこそ、ここに来れて本当によかったと思いました。

──ラストのページを飾るのは純白のウェディングドレス。挙式前に着て、どんな気持ちになりましたか?

【衛藤】 それこそ“決断”というものが強くなりましたね。この先どんな未来が待ち受けてるかわからないけど、一緒に生きていく人と出会えたことに感謝して、笑顔でこの新しいスタートを切っていこうと。今この瞬間にしか切り取れない表情が収められたと思います。

◆頑張りすぎて体調を崩したのが契機、卒業というステップが必要だと実感

──出身地である大分での母娘対談も読み応えたっぷりでした。衛藤さんの意外な青春時代の話も飛び出したりして……。しかしお母さま、本当におきれいですね!

【衛藤】 我が家の華です! というくらいチャーミングな人なんですけど、大分の女なので強いですよ〜。私もその性格はバッチリ受け継いでいますが(笑)。でも生涯かけても母を超えられるかどうか──それくらい大きな存在ですね。何より両親、兄、弟、そして私とみんな仲のいい家族をまとめ上げているのはやっぱり母で。この年齢になって、改めて尊敬するところは本当にたくさんあります。

──お母さまには2019年の数々の決断について相談しましたか?


【衛藤】 はい。どんなことも事後報告ではなく、必ず相談します。芸能の仕事のこととか、同じ業界にいないとわからないと思うじゃないですか。でも母はスピリチュアルじゃないけど、人を見抜く能力みたいなのがあって。「この人なら信頼して大丈夫」といった母のアドバイスによっていい方向に行ったこともたくさんあります。卒業についても私が1年くらい考えていたのは全部知ってくれていて。でも最終的に決断したのは自分でしたね。

──フォトブック収録のロングインタビューでも、卒業を決断した理由をとても誠実に語っていらっしゃいました。


【衛藤】 頑張りすぎて体調を崩したのが契機でしたね。でも1日寝たきりになってさんざん泣いて、その翌日から自分に優しくなれました。そしてすべての歯車がいい方向に回り始めたんですね。芸能に限らず、仕事をしている女性のなかには「走り続けていると立ち止まるのが怖くなる」という人が多いと思います。もちろん頑張ることで得るものもあるということは、私も乃木坂46時代に経験しました。だけど走り続けていると、「自分はどう生きたいのか」を見失うこともあると思うんです。

──衛藤さんは立ち止まることで、どのような生き方が見えてきたのですか?


【衛藤】 結婚もしたいし、子どもも欲しい。仕事もしたい。この3つすべてを叶えている女性が周りにたくさんいるので、私にもできるんじゃないかと。そのためにはまず卒業というステップが必要だなと考えたんです。

◆お付き合いを最初は大反対した母親も、源田壮亮選手と初めて会って意気投合

──結婚の相談をしたときに、お母さまはどんな反応でしたか?

【衛藤】 結婚の話もまだまったくない、お付き合いしてすぐの頃に「プロ野球選手なんだよね」という報告をしたら、大反対されました。どうもスポーツ選手の奥さんというと、自分をすべて犠牲するイメージがあったようで。ただ「これは1回会ってみないと」と、上京してきたんですね。でもその日、私が仕事でどうしても都合が合わなくて。そうしたら彼が「いいよ、お母さんと2人で会うから」と。

──めちゃくちゃ人間力ある方ですね!


【衛藤】 普段はぼーっとしてるんですけど、意外とそういう度胸はあって。そこにもちょっと私は射抜かれました(笑)。それで、仕事が終わって家に帰ったら2人がすっかり意気投合していて。そのあとこっそりと「ママは賛成」と言われました。いやいや、まだ付き合ったばかりなんだけど!? という感じだったんですが、さっき言ったように人を見れる人なのでピンと来るものがあったんだと思います。

──では卒業、そしてご結婚をきっかけに仕事へのスタンスは変わりましたか?

【衛藤】 たかだか26歳の小娘が言うのも生意気ですが、結婚しても旦那さんが幸せにしてくれるわけじゃない。自分を幸せにできるのは自分しかいないと、たくさんの決断を通して気づいたんです。だからこれからは自分が心からワクワクし楽しいと思えることを仕事にしていきたいですね。いやいや、好きなことだけで生きていけないよ、という人もいるかもしれませんが、私の回りにはそんなお手本となる女性がたくさんいます。このフォトブックを一緒に作ってくれたスタッフさんたちもそう。好きなことを実現するために頑張らなければいけないときもあるだろうけど、それだって自分を犠牲するわけじゃない。何より私は自分を大切にして生きていきたいです。

──衛藤さんの生き方は、卒業するアイドルの1つのロールモデルになるかもしれないですね。

【衛藤】 後輩のためにというのはおこがましいですが、結果的にそうなるといいな思っています。女性の生き方の選択肢はたくさんあって、「こんな生き方もあるんだな」という姿を見せていくことを、これから仕事をしていく上でのベースにしたいですね。

(文/児玉澄子)

このニュースに関するつぶやき

  • 卒業したメンバーでヲタに3人だけ乃木坂の面汚しを挙げろといったら入ってきそう。大和は確定。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • もし、今後旦那さんが戦力外通告を受けて、駄目になったとしてもちゃんと支えてあげてね。美彩先輩なら、大丈夫だと信じたい(笑)女は直ぐに逃げるからなw
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

あなたにおすすめ

ニュース設定