ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > “叔母”松たか子、新・市川染五郎が「全然しゃべってくれない」と嘆く

“叔母”松たか子、新・市川染五郎が「全然しゃべってくれない」と嘆く

1

2020年01月18日 13:02  Techinsight Japan

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真松たか子、14歳の甥に避けられて…
松たか子、14歳の甥に避けられて…
四代目・松本金太郎が2018年1月、父である(七代目)市川染五郎から襲名して八代目、新・市川染五郎となった。金太郎を名乗っていた12歳の頃から「美形すぎる」と評判だっただけに注目度も高く、襲名すると週刊誌『AERA』(2018年6月11日号)の表紙を飾り「13歳の歌舞伎役者・市川染五郎の覚悟」と特集された。そんな彼の叔母である女優の松たか子が2020年1月16日放送の日本テレビ系『ぐるナイ ゴチ21 W新メンバーお披露目2時間SP』にゲスト出演して、甥っ子・市川染五郎について語った。

【この記事の他の写真を見る】

染五郎が赤ちゃんの時からミルクを飲ませたり、おむつをかえたりしていたという松たか子。成長した彼が2018年に襲名して新・市川染五郎となった時は、1月7日に放送された『八代目市川染五郎 密着3650日』(テレビ朝日系)で「楽しさと怖さを甥っ子自身がこれから自分が見つけるべき…それが見つかったらおじいちゃんともお父さんとも違う強みを手にするんじゃないですかね」と話していた。

このたびの『ぐるナイ ゴチ21』で松たか子は、14歳になった染五郎が「全然しゃべってくれず、しばらく声を聞いてない」と明かし、正月に会って写真を撮ろうとしたら背中を向けられてまさに「思春期真っただ中」だと寂しさを滲ませた。

しかし番組スタッフが染五郎に「松たか子さんが最近話しかけてくれず寂しいそうですが」と問うたところ、手書きで「自分では話してないつもりはありません」と答えがあり、それを知った叔母は意外過ぎて「うそー!」と声を上げていた。

逆に染五郎から「叔母の直してほしいところ」について、「僕が載っている雑誌を指さしていじってくること」を止めてほしいと要望があった。すると松たか子は雑誌を甥っ子に見せながら指さし「これ? あなた?」という風にからかう素振りをしてみせてから、カメラを通して「直しません!」とキッパリ返し「今だけだから、許してください」と呼びかけた。


そんな彼女に『ぐるナイ』視聴者からは、Twitter上で「松たか子が甥っ子の染五郎から『僕の記事が載っているのを指さしていじるのを直してください』と言われて、笑顔で『直しません! 今だけだから〜』って言ってるのが可愛すぎる」、「松たか子 直しません 面白い」、「直しません!! 松たか子さんウケた」と反響があった。

振り返れば、松たか子の兄・七代目市川染五郎(現・十代目松本幸四郎)の妻・藤間園子、つまり新・市川染五郎の母が自身のインスタグラムで2017年6月11日に「#妹 のお誕生日でした 子供達にとっては#叔母 の“たーたん”。たーたんおめでとう! 小さい頃にはミルクを飲ませてもらったりオムツをかえてもらったり…」と当時13歳の金太郎の肩に腕を回す松たか子の姿を投稿していた。


その頃から時が過ぎ、思春期に突入した染五郎の成長ぶりを実感して「今だけだから、許してください」と頭を下げた叔母の思いは甥っ子に届いただろうか。

『婦人画報』(2020年1月号)では市川染五郎が「会っておきたいと思う」3人の1人、ブルゾンちえみとの特集記事が掲載された。叔母の知らないところで女性の話し相手もちゃんとこなせるようになった。

さらに劇場オリジナルアニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』(5月15日公開)で声優初挑戦にして初主演と大役を務めるなど、さらなる活躍を期待させる市川染五郎。松たか子がいじれなくなる日はそれほど遠くないかもしれない。

画像2〜4枚目は『藤間園子/Sonoko Fujima 2019年1月28日付Instagram「もひとつ#染五郎 情報すみません #with 本日発売です」、2017年6月11日付Instagram「#妹 のお誕生日でした 子供達にとっては#叔母 の“たーたん”。」、2019年10月7日付Instagram「#ブルゾンちえみ さんとお仕事ご一緒させていただきました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定