ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 天海祐希“深山”のフォローに「めっちゃいい上司」と称賛の声…「トップナイフ」2話

天海祐希“深山”のフォローに「めっちゃいい上司」と称賛の声…「トップナイフ」2話

2

2020年01月19日 00:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「トップナイフ -天才脳外科医の条件-」第2話 (C) NTV
「トップナイフ -天才脳外科医の条件-」第2話 (C) NTV
天海祐希主演、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和らが共演する「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」の2話が1月17日放送。永山さん演じる西郡のミスに対しフォローの言葉を送る深山の姿に視聴者から賞賛が送られている。

本作は外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に神の技術と人間の苦悩、医師の全てを描くリアル・ドクターストーリーとなり、新たに赴任してきた3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられてしまう東都総合病院の“女帝”深山瑤子に天海さん。“世界のクロイワ”と呼ばれるが女癖の悪さでも知られる名医・黒岩健吾に椎名さん。自らの腕に圧倒的な自信を持つ西郡琢磨に永山さん。医学部を首席で卒業した研修医の小机幸子に広瀬さん。深山に医師たちのまとめ役を任せる脳神経外科部長の今出川孝雄に三浦さん。

また優秀な看護師の小沢真凛に森田望智。看護師の犬飼剛に福士誠治、医師たちが集うBAR「カサブランカ」のマスター・来島達也に古川雄大といったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1年前に脳挫傷を負い回復したものの頭痛が取れなくなったという外来患者・牧羽由香里(松本若菜)が深山のもとを受診。脳外のドクターにつきまとわれて困っているという牧羽は、診察室の集合写真に写った黒岩を指差す。深山から女性関係のトラブルを指摘され心当たりの相手がいる黒岩だが、翌日、黒岩につきまとわれていると話していたはずの牧羽は黒岩とすれ違っても全く反応を見せず、その様子に深山は違和感を抱く。さらに牧羽は西郡のことも指差すのだった。


一方、西郡は自殺未遂を繰り返している桑原和子(濱田マリ)を担当することに。10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛”を抱えながら誰にも理解されてこなかったと話す和子の「“痛み”は誰にもわからない」という言葉に何かを感じた西郡は、和子の脳を改めて調査。三叉神経を圧迫する髄膜種を見つけ出す…というのが今回の物語。

付きまといを疑われ電話した女性から「痛みから逃げた」と言われ、和子の手術中には突如手が動かなくなってしまう…何かを抱えている様子の西郡に「ちょっとした会話で原因を見つけた西郡先生、すごいな」「隠している秘密がありそうで、その展開も楽しみ」などの声が上がる。


また手術を引継いだ深山が手術後、西郡を責めずにフォローした姿にも「ミスを「そこまでは完璧だった」ってフォローしてあげたり「氷の女」なのか」「ミスをそこまでよく頑張った的な感じで褒めてあげたとことか、深山先生めっちゃいい上司やん?」など賞賛の声が続々と集まっている。



(笠緒)

このニュースに関するつぶやき

  • 尊皇討奸・葦原風太郎(id=21004658)さんが卑猥なコメントしてきて、キモいです。女性を馬鹿にしているのでしょうか?
    • イイネ!3
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定