ホーム > mixiニュース > コラム > 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」 JOCが戦前並み「日本全員団結」CP始めるなか

久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」 JOCが戦前並み「日本全員団結」CP始めるなか

19

2020年01月19日 16:10  リテラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リテラ

写真『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)HPより
『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)HPより

 ついに開幕まで200日を切った東京五輪。安倍首相もさまざまな場面で「今年は東京五輪!」と政治とは関係がないのに息巻き、メディアもお祭りムードを盛り上げるのに躍起になっているが、そんななかで東京五輪の実態を表すような日本オリンピック委員会(JOC)によるキャンペーンの存在がネット上で炎上した。そのキャンペーン名は、ずばり「がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト」というものだ。



〈団結。それは人々が力を合わせ、強く結びつくこと。

みんなが待ち望んだ、東京2020オリンピック。(中略)

みんなで手をつなげばきっと、ものすごい力が生まれる。

心をひとつに、全員団結!

さあ、いくぞ。がんばれ!ニッポン!〉



 特設サイトでも〈国民が全員団結し、アスリートを応援していくためのページ〉と説明しているとおり、これは「全員団結して日本代表選手を応援しよう」というキャンペーンであるわけだが、対してオリンピック憲章では〈個人種目もしくは団体種目での競技者間の競争であり、国家間の競争ではない〉と規定されている。よりにもよって開催国のオリンピック委員会が「全員団結して日本選手を応援しよう」などと呼びかける行為は、あきらかにオリンピズムに反している。



 いや、そもそも五輪開催をもって〈心をひとつに、全員団結〉と煽ること自体が同調圧力そのものであり、あからさまな全体主義の発露だ。安倍首相も年頭会見で東京五輪の話題の最中に「国民一丸」だの「みんなで力を合わせれば夢は叶う」などと語ったが、「国民一丸」「全員団結」というのは挙国一致の戦時体制さながらのスローガンだ。これにはさすがに「戦時中か」「気持ち悪すぎる」というツッコミが殺到し、〈#全員団結ぜったい断る〉という批判ハッシュタグも登場しているが、一方、この炎上を詳しく取り上げたのは毎日新聞くらいで、テレビで大きく取り上げられてはいない。



 メディアも一体となって高まっていく「国民一丸、みんなで東京五輪を盛り上げよう」という同調圧力──。しかし、そんななかで、愚直に抵抗をつづけるラジオパーソナリティがいる。久米宏だ。



 本サイトでも何度も取り上げてきたが、久米はこれまで一貫して東京五輪に意見しつづけ、全体主義的な同調圧力を「オリンピック病」と名付けて批判してきたが、オリンピックイヤーの幕開けとなった今年1月4日放送の『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)では、「永久保存版・2020年五輪がくる」と題し、過去の放送音声を振り返りながら約2時間まるまるオリンピック批判を展開したのだ。



 番組ではオープニングから、「五輪がくる」という企画タイトルがNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にひっかけたものだと説明したが、久米は「『五輪がくるな』っていうのがね、僕が本来言いたいコメントなんですけどね」と一刀両断。「(敗戦後の前回1964年とは違い)今回はやんなくてもいいです。やる必要もない。大反対っていう気持ちは変わらない」と語り、“世の同調圧力に屈しない”姿勢をあらためて表明した。



 年明け早々、この挑戦的な企画には拍手を送りたいが、しかもあらためて過去の久米の発言を振り返ると、いかに的を射た指摘を繰り返してきたかということが浮き彫りになった。



 それを象徴するのが、2017年8月12日放送分でのフリートークだ。久米は「今週の8月9日って覚えてます? 水曜日。東京の最高気温37.1℃」と言うと、「3年後の8月9日はオリンピックの閉会式なんです。オリンピックの閉会式ということは、イコール男子マラソンがある日なんです」と言及。酷暑が予想されるなかで五輪を開くのはアスリートの健康を無視しているということを、久米はそれまでも意見していた。



 すると、久米のもとに「公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会広報部広報局から手紙が届いた」と言う。「酷暑の東京でやるのは間違いだ」という久米に対する「お叱り」、つまり抗議文がやってきたのである。



●東京2020組織委員会からの抗議文に「語るに落ちた」と敢然と反論した久米宏



 この放送回では、久米はその抗議文を読み上げた。その内容はこういうものだった。



「第32回オリンピック競技大会においては招致の段階で、開催時期は2020年7月15日から8月31日の期間から選択するものと定められていました。この期間外の開催日程を提案した招致都市は、IOC(国際オリンピック委員会)理事会で正式に候補都市としてすら、認められていませんでした」



 この東京2020組織委員会からの手紙を朗読したあと、久米はこうつづけた。



「こういう反論をなんて言うか、知っていますか? こういうのを『語るに落ちる』って言うんです(笑)」

「つまり日本にオリンピックを招致した人たちは、夏の開催だっていうことを承知して引き受けたんですよ。つまり、東京オリンピックに世界中から集まるアスリートたちのコンディションのことを考えたんじゃないんです。オリンピックを招致することがいかに大切かを考えたんです。つまり、『アスリートファースト』というのは嘘八百なんですよ。オリンピックを招致することが目的だっていうことをもう言っているんです、ここで」



 日本では酷暑にぶつかる時期の開催であることをわかっていながら招致する。久米は「日本にオリンピックを招致した人たちは、スポーツを愛していない。オリンピックだけを愛しているんだ。だからバカなんだ」と吠え、「IOCの理事会はなぜ夏の開催じゃなきゃだめだと言っているかというと、これはアメリカの三大ネットワークが出す金(の問題)です」「ほとんどは金なんですよ。オリンピックもゼネコンにいく金なんです。基本的にお金の巣窟なんですよ、オリンピックっていうのはね」とオリンピック自体が構造に金勘定が優先されていることを指摘。さらに、こんな疑念を挟んだのだ。



「8月9日が閉会式ということは、僕は勘ぐるほうですから、8月9日って長崎に原爆が落ちた日なんですよ。当然、広島に落ちた8月6日も、3年後はオリンピックの真っ最中なんです。広島の原爆慰霊の日も、長崎の原爆慰霊の日も、東京でオリンピックのバカ騒ぎをしているんです、3年後は。そうすると、東京にオリンピックを夏に招致した人たちは、原爆が落ちた日、長崎に落ちた日も広島に落ちた日も、やがてはなかったことにしたい。そのために真夏に東京でオリンピックをやるんじゃないかと、僕はゲスの勘ぐりをしている。これは勘ぐりしすぎでしょうかね?」



 わざと原爆の日にぶつけたというのはさすがに「ゲスの勘ぐり」にしても、安倍首相が毎年のように広島・長崎で「コピペ演説」を繰り返していることを考えるとオリンピック一色で今年の原爆の日が蔑ろにされる可能性は高いだろう。いずれにしても久米が何度も言ってきたように、酷暑開催は様々な競技の選手や観客にかかわるものであり、マラソンと競歩だけを札幌開催したところで、いまも問題は解決していないのである。



●安倍首相の東京五輪利用した共謀罪強行に「ヒトラーじゃないんだから」



 さらに、久米が繰り返してきた批判のひとつには、東京五輪を招致した者たちが声高に「復興五輪」などと喧伝してきたことがある。



 今回の1月4日放送でも「3兆円!? 東京オリンピック3兆円!? 復興オリンピックって言ってたんですよ? 東北の。どこが復興なの?(中略)あの3兆円を全部東北にかけていたら、どれだけ復興したか」と静かに怒りをあらわにしていたが、じつは久米は2013年9月7日放送回、つまりブエノスアイレスのIOC総会で東京開催が決まる寸前の放送でも、東北をダシにする招致のやり方に苦言を呈していた。



「東京にオリンピックを誘致することによってね、『東北の復興の役に立ちたい』、あるいは『東日本大震災の被災者の方にオリンピックを呼ぶことによって勇気をあげたい』なんて言い方をしているんですよ。そんなもんで勇気があげられるのかって、東京にオリンピックを呼ぶことで被災者の方に。その言い方がすごく目立っていて、なんとも気に食わないんですよね」



 ダシにしたのは東北だけではない。安倍首相は2017年に共謀罪を成立させる理由として、五輪開催を持ち出したからだ。これにも久米は2017年5月20日放送回で吠えた。



「なにそれ(笑)。ブエノスアイレスの東京誘致のときにそんな話、出ました? いまになって『共謀罪を成立させないとオリンピックが開けない』(なんて)。もっとひどいのは、『東京オリンピックまでに憲法を改正したい』っていうね(苦笑)。それはないだろ!?(中略)共謀罪も東京オリンピック、憲法改正も東京オリンピック。東京オリンピック、こんなにダシに使っていいの?」

「そりゃないだろって。そんなにオリンピックを利用するのって、ヒトラーじゃないんだからさ。オリンピックを利用しちゃいけないんですよ、本当に。オリンピック憲章に書いてあるんですから」



 安倍首相による五輪の政治利用はいまも現在進行形でつづき、東京五輪を持ち出しては「日本が世界の真ん中で輝く年に」「新たな時代を切り拓く1年」などと言い、あからさまに憲法改正に話をつなげる有様だが、このように五輪がアスリート本位ではなく「国家ありき」であることこそ、久米が五輪に懐疑的である理由なのだろう。



 実際、東京開催が決定する以前、2012年のロンドン五輪開催の直前である7月21日放送回では、「僕、『オリンピックが嫌い』というのとちょっと違うんです。『好きになれない』っていうのが正しいかと思う」という久米が、その理由をこう語っていた。



「たとえば、北島康介選手が金メダルを獲ったとき、ほとんどの人は日本が金メダルを獲ったと勘違いをするんです。でも、獲ったのは北島選手と、彼のコーチと、彼を支えている人たちで、けっして日本が獲ったわけじゃない」

「だから、国旗掲揚して国歌が流れるのがいちばん嫌いなんですよ、オリンピックで。個人とコーチとその周辺の人たちががんばったんだろ」

「オリンピックの開会式の入場なんかでもそうなんですけど、まず役員から入場してくるんですよ。おっさんたち。選手団が後なの。あれも理解できないんですよ。選手が先だろ、おまえ。(中略)役員団の人たちこそが国なんですよ、つまり。僕に言わせると」



●小田嶋隆「競技は好きだけど五輪の枠組みが嫌い」に久米は「日本は国際でなくて国粋」



 さらに、このあと登場した電話ゲストのコラムニスト・小田嶋隆氏が「競技は好きなんですけど、(オリンピックという)枠組みが嫌いんですよね。せっかく良い絵が描いてあるのに額縁が最悪じゃないかみたいな感じ」と語ると、久米は「わかりやすい話だな〜! 僕もそれかもしれない!」と言い、「国際的になろう、国際的になったって(言うのが)いまの日本なんですけど、ちっとも国際になってなくて、ますます国粋になっている」とコメントしていた。



 個々の競技を楽しみたい、選手を応援したいと思っても、メダルの色で優越をつけたり、ましてや選手に国を背負わせ、挙げ句「全員団結」して応援しろと圧力をかけてくる……。久米が語る「好きになれない」理由は、いま問題になっている「全員団結」キャンペーンに如実にあらわれていると言っていい。



 久米は2013年9月14日の放送回で「最後の1人の日本人になっても、反対は続けていく」と宣言したが、きっと開会式がはじまっても、「全員団結」を迫る国家に歯向かい、メディア総動員の同調圧力をはねのけ、久米は東京五輪の根本的な問題点や疑問を投げかけてゆくに違いない。だが、こうした気骨ある放送人や東京五輪の批判・疑問点をしっかり取り上げるメディアがごくわずかであるということが、この国の最大の問題なのだ。

(編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • まるで、「進め一億火の玉だ」のように、おぞましい。
    • イイネ!12
    • コメント 2件
  • 《老害久米と基地外リテラNG
    • イイネ!16
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定