ホーム > mixiニュース > コラム > ファーストフード店長が学生アルバイトを店内で強姦 懲役10年の実刑

ファーストフード店長が学生アルバイトを店内で強姦 懲役10年の実刑

8

2020年01月20日 04:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(Kritchanut/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(Kritchanut/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新しいアルバイトの女の子たちが、フレッシュな笑顔とともに次々と入ってくるファストフード店。店長には成人男性として、雇用責任者として守るべき行動規範があるはずだ。

■アルバイトの14歳少女に夢中に

米国・ミネソタ州のメープルグローブで2018年12月から2019年1月にかけ、マクドナルドでアルバイトをしていた14歳の少女が店舗内外で性的暴行を受ける事件が起きていた。

その後、当時の店長だったアンドリュー・アルバートリオ(現在25歳)が未成年者に対する第一級性的暴行の容疑で逮捕・起訴されたが、このほど裁判が結審。被告には予想より軽い量刑となる懲役10年の実刑判決が言い渡された。

関連記事:13歳少女にキスした16歳男子 「性的暴行で懲役4年6ヶ月」に衝撃広がる

■勤務中にキスを迫る

少女は2018年夏にアルバイトとしてその店で働くようになった。当時店長だったアルバートリオは、スマホアプリで数々の写真を共有するなか、従業員のなかで彼女にだけ特別な感情を抱くように。

ついには勤務中にキスを迫るなど、アルバートリオはかなり積極的な行動をとるようになっていった。

■違法な遅番シフト

少女にはある時から遅番のシフトが組まれるようになった。14歳という年齢上、労働局もマクドナルド本部も許さない時間帯で、賃金はアルバートリオが自身のポケットマネーから支払うという違法で非公式な勤務だった。

そんなある日、店舗の保冷倉庫にいたところでアルバートリオにいきなり襲われる。年齢が離れていることもあり、強く拒んでも聞き入れてもらえず、その後は店舗のトイレ、駐車場の車や自宅でも性行為が繰り返されたという。

■拒否しづらい弱い立場

一方の店長は、提出された履歴書から彼女が未成年と当然知っていた。雇用する側の強い立場を利用した職権の乱用も強く疑われる。

これを裏付けるように、少女は「雇われている側の立場の弱さから、連絡を絶つことも性的関係を拒否することもできなかった」と話している。

・合わせて読みたい→10歳女児を妊娠させた男 160年の実刑判決に不服を申し立てる

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

このニュースに関するつぶやき

  • 死刑でお願いします
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • ファーストフードではなく ファストフードだろう
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定