ホーム > mixiニュース > 社会 > 安倍首相、新時代へ改革訴え=社会保障、憲法で決意表明―施政方針演説

安倍首相、新時代へ改革訴え=社会保障、憲法で決意表明―施政方針演説

39

2020年01月20日 06:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 安倍晋三首相は20日午後の衆院本会議で、令和に改元されて最初の施政方針演説を行う。子どもから高齢者まで全ての世代が安心できる「全世代型社会保障制度」の構築に向けて、年金や医療などの改革に取り組む方針を説明。宿願の憲法改正への決意も重ねて示す見通しだ。

 首相は年頭の記者会見で、東京五輪・パラリンピックに触れ、「この歴史的な年を、日本の新時代を切り開く1年にする決意だ」と表明。全世代型社会保障改革について、政権にとって内政面の最大のチャレンジとして挙げていた。

 演説では、外交に関して、ロシアとの北方領土交渉や北朝鮮による日本人拉致問題の解決への決意を表明するとみられる。 

このニュースに関するつぶやき

  • 残念ながら、日本に保守の政党など無いし、保守の政治家など居ない。安倍総理は立派なリベラルである。中道左派と極左の政党しか無いのが異常に見える原因である。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 消費税をこのままでいくんかい( `ー´)ノ5%だった時に比べて、毎年、毎年10兆円規模の景気衰退政策をやってるのと同じことなんだよね。
    • イイネ!36
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

ニュース設定