ホーム > mixiニュース > コラム > 写真家128人が選ぶ スナップ・ポートレートに最適なレンズ

写真家128人が選ぶ スナップ・ポートレートに最適なレンズ

3

2020年01月20日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真マニュアルフォーカスの単焦点レンズ、ニコン Ai NIKKOR 35mm f/2.8Sで軽快にスナップ撮影をする山内道雄さん
マニュアルフォーカスの単焦点レンズ、ニコン Ai NIKKOR 35mm f/2.8Sで軽快にスナップ撮影をする山内道雄さん
『アサヒカメラ』が写真家128人に「よく使うレンズ」「好きなレンズ」「ほしいレンズ」を聞いたところ、挙げられたレンズの合計は約200本。

 それらを写真家の撮影分野ごとに集計してみた。愛用レンズの傾向や評判のレンズを見ていこう。

*  *  *
■「勝負レンズ」は単焦点レンズ

 スナップやポートレートを主に撮影する写真家の使うレンズで特筆すべき点は、単焦点がとても多いことだ。

 この撮影分野で挙げられた98本中、56本が単焦点レンズで、57%にもなる。レンズといえば、ズームの時代となって久しいが、ここいちばんという場面では、やはり単焦点が「勝負レンズ」となるのだろう。単焦点は「よい制約を与えてくれるレンズ」(公文健太郎)であり、「歩いて近寄る、離れる、というのがよい」(蔵真墨)のである。

 単焦点レンズのなかでも特に目を引いたのがニッコールレンズの多さで、24ミリから105ミリまで、19本がずらりと挙がった。そのうち3分の1強がマニュアルフォーカスで、阿部淳さん、尾仲浩二さん、百々俊二さん、山内道雄さんなど、スナップショット派の間ではMFレンズの人気がいまだに根強いことがわかる。

 ニコンの35ミリレンズはF1.4、2、2.8と、開放F値の異なる製品が挙げられた。林典子さんは「表現が豊かな」AF−S NIKKOR 35ミリメートル f/1.4Gが、百々新さんは「軽くて明るい」Ai AF NIKKOR 35ミリメートル f/2Dがお気に入りだ。
 ちなみにニコンの単焦点レンズで愛用者がもっとも多かったのはAF−S NIKKOR 58ミリメートル f/1.4Gで、ハナブサ・リュウさんによると「自然な描写力ときれいなボケ味」が魅力という。

 ライカからはニコンに次ぐ9本の単焦点レンズが挙げられた。そのほとんどは35ミリと50ミリに二分される。35ミリ派の英伸三さんは「使い続けて肉体化している」SUMMICRON−M 35ミリメートルf/2を、50ミリ派の藤井智弘さんは「F1.4の明るさながらコンパクトで携帯性がよく、街撮りに使いやすい」SUMMILUX−M 50ミリメートルf/1.4 ASPH.を愛用している。
 さらに35ミリと50ミリのSUMMILUXを使い分ける大門美奈さんや、「Elmar、SUMMICRONの古いレンズが好き」という北井一夫さんのような人もいる。

 ニコン、ライカ以外の単焦点レンズはどうだろう。オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 25ミリメートル F1.2 PRO「逆光に強く、歪みがなく、シャープで味のある描写力」(中藤毅彦)。キヤノンRF35ミリメートル F1.8 MACRO IS STM「これ一本で十分」(公文健太郎)。シグマ45ミリメートル F2.8 DG DN「特にデザインが気に入っている。そしてコンパクトである」(山岸伸)。ツァイスBatis 2/40 CF「トータルバランスのよさ」(HARUKI)。
 一方、ボディー固着式の単焦点レンズをこよなく愛す人もいる。銘柄がすべてカールツァイスなのも面白い。コンタックスT3(カールツァイスSonnar T* 35ミリメートルF2.8、鷹野隆大)、ハッセルブラッド903SWC(カールツァイスBiogon T* 38ミリメートルF4.5、有元伸也)、ローライフレックス2.8F(カールツァイスPlanar 80ミリメートルF2.8、秋山亮二)。
 ズームレンズについてはどうだろう。こちらは開放F2.8またはF4通しの高性能な標準ズームが目立つ。愛用者が多い順に並べると、(1)キヤノンEF24−105ミリメートル F4L IS II、(2)ニコンAF−S NIKKOR 24−70ミリメートル f/2.8E ED VR、(3)キヤノンEF24−70ミリメートル F2.8L II USM、(4)オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 12−100ミリメートル F4.0 IS PRO。
 ボディー固着式のズームレンズ派は森山大道さん。愛機はニコンCOOLPIX S7000。「レンズは一本ですが、ズームを使いますから」というだけあって、焦点域は35ミリ判換算で25〜500ミリもある。(文・米倉昭仁/編集部)

※文中一部敬称略

※『アサヒカメラ』2020年1月号より抜粋。本誌では写真家に人気のレンズ「ベスト5」やより詳しいレンズの解説を掲載している。

【おすすめ記事】写真家が「過剰レタッチ」に喝! インスタ映えがもたらす不自然な風景写真


このニュースに関するつぶやき

  • ニッコールが多いのはわかる。多少難ありでも奇麗目に撮れる(フイルム機の場合だけど)。私はCanonだけど何か?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定