ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > なぞなぞ出す静鉄の車内放送

喋り続けて全く終わらない上に「なぞなぞ」まで出してくる! 「静鉄の車内放送」がカオスで面白すぎると話題に

108

2020年01月20日 10:38  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真静岡鉄道の車内放送が面白いと話題に
静岡鉄道の車内放送が面白いと話題に

 喋り続けて「全く終わらない」上に、しまいには突然「なぞなぞ」がはじまる──? 思わず吹き出す、ツッコミどころ満載の「鉄道車内放送」が面白すぎると話題です。



【画像】突然なぞなぞが始まる「静鉄」の車内放送



 話題になっているのは、まん電(@wkmk06yr1)さんが投稿した動画。静岡市内を走る静岡鉄道で、草薙駅を発車し、御門台(みかどだい)駅に到着するまでの様子を撮影したものです。



 草薙駅を発車するとすぐに、次の駅を案内する車内放送が日本語と英語で流れ出します。動き出して2秒でいきなり慌ただしくなります。



 続いて流れるのは広告の放送。JR線や大手私鉄ではなじみが薄いかもしれませんが、公営・中小私鉄や路線バスなどでは車内放送を広告として販売する事業者も多くあります。



 そ、それにしても……、盛りだくさんの内容な上に広告も複数流れるため、車内放送がいつまでたっても終わりません。



 女性の声による車内の安全やマナーに関する啓蒙放送が流れ終わると、はじめて車内放送が途切れます。



 しかし……その静寂はわずか「6秒」だけ。息つく間もなく御門台駅到着を案内する車内放送がまた流れ出します。



 御門台駅が見えてきました。「ホントに途切れなかったなー。長い車内放送だったー(笑)」。いいえ。まだ終わりではありません。



 「突然ですが、なぞなぞです」



 ブッ……。はぁぁ? な、なぞなぞ? 何これ?



 予想していなかったブッ飛び展開に初めて聞いた人は多分吹き出してしまいます。「意味が分からない……(笑)」。車内放送はお構いなしに続きます。



 「遠くにあっても近いお店は何屋さんでしょう?」。思考が停止したまま問われ、考える間もなく答えが流れます。答えは「おそば屋さん」。「いつもあなたの“そば”にいるから」です。



 す、す、すごいオチのある車内放送だった……!



--



 まん電さんは、この放送については全く知らず「撮り鉄の記録のために何となくカメラを回していた」のだそうです。静岡鉄道では他にも広告放送が流れますが「なぞなぞは(さすがに)ない」とのこと。ただ、「この他にも特徴的な広告放送がある」との口コミ情報もいただきました。一体どんなものなんだろう……。静鉄に乗って確かめてみたくなります。



 草薙駅と御門台駅の間は約1キロ。JR山手線で例えると上野駅〜御徒町駅間と同程度の長さです。動画での走行時間は1分40秒ほど。到着直前と途中で6秒ほど途切れた時間を除くと車内放送は1分30秒も喋りっぱなしでした。長!



 そして、いきなりのなぞなぞオチに動画を見た人からも「唐突過ぎる」「突然のなぞなぞは笑う」などと大ウケ。その一方で「静鉄のアナウンスはずっと喋ってるし唐突になぞなぞし出すけど静岡県民は無反応を貫きます」「なお、なぞなぞは定期的に更新されます」といった静鉄ユーザーと思われる方からの貴重な情報も!



 慣れてしまうと聞き流している車内放送も、きちんと聞くともしかして超愉快なものが隠れているのかもしれませんね!



(呼んでる渋沢)


このニュースに関するつぶやき

  • 突然ですが!有給チャンス! ・・・・・・は 流石にないか(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • これは御門台駅近くにある蕎麦屋『慶徳』さんの広告宣伝だよ�Х󥶥�定期的に変わるし毎回面白いよ!!
    • イイネ!20
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(46件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定