ホーム > mixiニュース > コラム > 国立競技場の設計に携わった隈研吾が「東京の顔」として選んだ墨田区の意外な施設

国立競技場の設計に携わった隈研吾が「東京の顔」として選んだ墨田区の意外な施設

0

2020年01月20日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真国立競技場の空撮。神宮の杜に浮かび上がるようにドーナツ形の白い屋根がひときわ目を引く。TOKYO2020はここから動き出す(撮影/写真部・小林修)
国立競技場の空撮。神宮の杜に浮かび上がるようにドーナツ形の白い屋根がひときわ目を引く。TOKYO2020はここから動き出す(撮影/写真部・小林修)
 無機質な超高層ビルが立ち並ぶ、というのがこれまでの東京のイメージだったが、東京五輪を前に、そのイメージを払拭するような開発が進んでいる。AERA 2020年1月20日号では、建築家の隈研吾さんとジャーナリストの清野由美さんが「東京の顔」を選出。東京の変化に迫った。

【写真】国立競技場から墨田区の意外な施設まで…隈研吾と選んだ「東京の顔」8カ所はこちら

*  *  *
 ここにきて猛進撃を見せるのが三井不動産だ。

 三菱地所の本拠が丸の内なら、三井のそれは「三井本館」が位置する日本橋。五輪の東京開催とともに、日本橋の首都高速道路地下化がクローズアップされているが、その話題ともからめて一帯の再生を狙う。

 04年開業の「COREDO(コレド)日本橋」から始まった三井の商業施設は、昨秋オープンの「COREDO室町テラス」まで5館に増えた。ビルの谷間には徳川家康も詣でたという「福徳神社」の社殿を新築再興。現代の街並みに江戸の味わいを対照させて、そぞろ歩きを誘う。

 コレド室町テラスでは、大屋根を設けた1階入り口のオープンテラスが人々のいこいの場所となっている。そこから一歩足を進めると「日本銀行本店」の重厚な建築が視界に入り、明治時代の東京の威光にはっとする。

「ゼロ年代前半の汐留の再開発では、旧新橋駅の遺構がものすごく不遇な扱われ方で残念でしたが、最近の都市再開発では、歴史の継承や、建築・景観資産への敬意が格段に高まってきたことも感じます」(隈さん)

 同じく三井不動産による「東京ミッドタウン日比谷」でも、眼下に広がる日比谷公園の緑と、皇居堀端の水面を、ビル中層階の大型ウィンドーから劇的に取り込み、圧巻の東京を見せる。

 三菱の丸の内、三井の日本橋に限らない。「六本木ヒルズ」で21世紀の超高層競争の口火を切った森ビルは現在、創業の地を舞台に「虎ノ門ヒルズ」の再開発を進める。

「個人のライフスタイルでは『ネイバーフッド』と呼ばれる地元感を大切にすることが、すでに定着しています。大企業もよそで拡大するのではなく、地元を持つことがブランドの維持にもつながると気付いたのでしょう」(同)

 企業による「地元感」を代表するエリアが品川区の天王洲だ。

 1950年にこの地で創業した寺田倉庫は、倉庫業に付加価値を付けることで成長してきた。付加価値とは、同社が土地を持つ運河沿いの倉庫群を、現代的なウォーターフロントにして、文化的な発信力を高めること。

 他の都心再開発と違って、ここには駅直結の超高層ビルはない。代わりに大型のアートギャラリーを併設した複合施設や、建築模型専門のミュージアムがあり、屋外にはストリートアートが設置されている。エリア内には醸造所を併設したブルワリーレストランや、ベーカリーカフェ、家具店。それらが並ぶ水際のボードウォークは、格好のデートスポットであるだけでなく、週末には家族が犬を連れて散歩する姿も目立つ。都心回帰の流れの中で、周辺に暮らす人たちが増え、かつては郊外のものだった光景が、都心の水際でも展開されているのだ。

 華やかなシンボル開発の一方で、「日本人は匿名空間を作ることにもすぐれている」と隈さんは指摘する。駅やコンビニエンスストアなど、機能を重視する建物がそうだが、中でもカプセルホテルは日本ならではの発明品といえる。

「カプセル」という建築形態は、昭和の高度経済成長時代に、黒川紀章が、「メタボリズム」で提唱したものだった。建築を都市の細胞とみなし、それを新陳代謝させることで建築に持続的な生命を与えるという考え方だ。

 そこから生まれたカプセルホテルだが、建築の先端的な実験場というよりは、終電を逃したおじさんの宿泊所というイメージが強かった。しかし皇居そばに立地する「ナインアワーズ大手町」では、カプセルホテルを宿泊施設ではなく、「都市の道具」と再定義する。提供する機能は部屋ではなく「シャワー」「睡眠」「身支度」の三つ。仮眠とシャワーだけにも対応し、皇居周辺で人気のランニングステーションとしても稼働する。

「スリーピングポッド」と呼ばれるカプセルがハニカム構造で並ぶ建築は平田晃久の設計。無機的でいて有機的。匿名的でありながら記名的。そんな不思議なビジュアルは、世界地図の辺境に位置する都市東京の「ゆらぎ」にも通じる。

「平田さんのような僕の後続世代には、世の中で目立つという前に、自分が楽しいと思える仕事に取り組んでほしい」

 そう語る隈さんが「東京八景」の掉尾(とうび)を飾る建築として選んだのは「路地尊」。「何だ、それ?」となる人も多いことと思うが、墨田区と住民が共同で整備する防災用の雨水利用施設のことで、これぞミニマル建築の極みだ。

 少年時代の隈さんは、丹下健三が設計した国立代々木競技場を見て、建築家になると決めた。その少年が今、曲折を経た国立競技場の設計に携わったことで盛大なスポットライトを浴びている。

「僕の中に巨大で目立つ建築を作りたいという思いはない。人と楽しい関係を築けて、温もりのある建築。それこそが未来につながるものだと考えています」

(ジャーナリスト・清野由美)

※AERA 2020年1月20日号より抜粋

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定