ホーム > mixiニュース > トレンド > 2020年注目の乗り鉄トピック

新列車、新車両、新駅……今年も話題盛りだくさん!! 「2020年注目の乗り鉄トピック」まとめ

110

2020年01月20日 12:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真2020年は新列車、新車両、新駅など「注目の乗り鉄トピック」がいろいろ
2020年は新列車、新車両、新駅など「注目の乗り鉄トピック」がいろいろ

 早いもので、2020年も残り11カ月とちょっとになってしまいました。怠惰に過ごせばあっという間に年越しです。コタツでミカンと年越しそばを食べ、紅白歌合戦を見ながら、「あー、今年も良い旅をしたなあ」と思いたいなら、今から旅の計画を立てましょう。



【画像】グランクラス並み!? 「ひのとり」の豪華な座席



 ちなみにワタシが楽しみにしている列車は近畿日本鉄道でデビューする「ひのとり」、そして伊豆方面にデビューする特急「サフィール踊り子」、JR九州で秋にデビューする「36ぷらす3」です。今回はそんな「2020年に乗るべき、面白そうな乗り鉄トピック」を時系列で紹介します。



●【1月】新しくなった「銀座線渋谷駅」を見にいく 全線復旧予定「小湊鐵道」へ乗りに行く



○(1月3日〜)新しくなった「銀座線渋谷駅」を見る



 1月3日に2020年の鉄道大イベントの1つ「東京メトロ銀座線渋谷駅移転開業」がありましたね。とても広くて使いやすい駅になりました。でも、橋の上の駅ながら、ドーム型の屋根で覆われています。表参道駅から渋谷に出るときの、「ぷっふぁぁ地上に出たぁ」という、なんだか深呼吸したい気持ちを楽しめなくなりました。ちょっと残念。プラットホームから天井を見上げたときのハート型の構体はインスタ映えしそうです。



○(〜3月8日)違う意味でスリル満点の「SL大樹」に乗る



 東武鉄道の「SL大樹」に異変が起きています。通常は客車の後ろに連結されているディーゼル機関車が定期検査に入りまして、3月8日まではSLと車掌車、客車だけ、つまりSLだけで客車を引っ張ります。珍しい編成ですね。ディーゼル機関車なしで走れるなら、ディーゼル機関車の役割は何? と思います。はい。ディーゼル機関車は機関車が故障したときのバックアップ機です。ですので走行中にSLが故障したらどうしよう……スリル満点の汽車旅になりそうです。



○(〜3月31日)京都エリアの各路線に乗り放題「歩くまち・京都レールきっぷ」を使う



 京都観光のおトクなチャンス。「歩くまち・京都レールきっぷ」が販売中です。京都市交通局、JR西日本、京阪電鉄、京福電鉄、阪急電鉄の京都市内のエリアで電車に乗り放題のきっぷです。1日券は1300円、2日券は2000円です。京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアムなど12施設で入館料の割り引きやプレゼントがあります。販売は2020年3月30日まで、きっぷ有効期間は同3月31日までです。



○(〜2月29日)「さいたま鉄博」「わたらせ渓谷鐵道」イルミネーション巡りをする



 空気が澄んだ冬はイルミネーション巡りも楽しそうです。さいたま市の「鉄道博物館」や「JR松本駅」「JR上諏訪駅」などでイルミネーションが灯ります。特にオススメしたい場所は栃木県の「わたらせ渓谷鉄道」です。桐生駅から間藤駅まで17駅をイルミネーションで装飾。さらに沢入駅〜原向駅間は車窓の渡良瀬川渓谷もライトアップします。2020年2月29日までです。



●【2月】大井川鐵道「SLフェスタ」に行く 「根室本線/吾妻線」の復旧区間へ乗りに行く



○(2月〜)1月中復旧予定「小湊鐵道」に乗る



 千葉県「小湊鐵道」の養老渓谷〜上総中野間が2020年1月中に復旧予定です。2019年の台風19号で被災していました。



○(2月8日〜9日)大井川鐵道「SLフェスタ」に行く



 2月8日、9日に大井川鐵道の新金谷駅で「SLフェスタ」が開催されます。車庫に機関車が勢ぞろい。西武鉄道から来た電気機関車E31形の運転室に添乗できます。2019年乗り鉄振り返り記事(詳しくはこちら)で登場いただいた女子鉄アナウンサー久野知美さんとホリプロの南田マネージャー、鉄道カメラマン中井精也さんと行くプチツアーやトークショーもあります。



○(2月15日〜16日)新型名阪特急「ひのとり」お披露目/撮影会ツアーに行く



 2月16日、近畿日本鉄道が「“新型特急ひのとり”の有料撮影会ツアー」を開催します。申し込み期限は2020年1月31日。募集人数は300人、先着順です。ひのとりは3月14日のデビューに向けて盛り上がっています。2月はほかにも有料試乗ツアー、お披露目会、無料試乗会などがありますが、申し込みは締め切られています(2020年1月16日現在)。



○(2月末予定)復旧する「根室本線の芦別〜富良野間」「吾妻線の長野原草津口〜大前間」へ乗りに行く



 2月末にJR北海道 根室本線の芦別〜富良野間が復旧予定です。この区間は2019年にトレーラーに積載した重機が架道橋に接触して破損したため不通になっていました。



 JR東日本 吾妻線の長野原草津口〜大前間も2月末に復旧予定。こちらは2019年10月に発生した台風19号で被災し、不通になっていました。それぞれ、無事に復旧したらぜひ乗りに行きましょう!



●【3月】春のダイヤ改正 新特急「サフィール踊り子」、近鉄「ひのとり」、山手線「高輪ゲートウェイ駅」などがいろいろデビュー



○(3月14日〜)東京〜伊豆方面の新しい特急「サフィール踊り子」は乗り逃せない



 毎年3月は全国の鉄道でダイヤ改正が行われます。新型車両や新しい観光列車がデビューします。



 乗り鉄として見逃せないトピックは、東京〜伊豆方面の新しい特急「サフィール踊り子」です。8両編成で、4両は2+1列のゆったりグリーン車、2両はグリーン個室、1両は1+1列のゴージャスなプレミアムグリーン車です。そして1両は食堂車で麺料理を提供します。伊豆急下田駅付近の下田ロープウェイは2019年8月にリニューアルしました。頂上駅の寝姿山駅に併設されたレストランと供に、東急グループが運行する「THE ROYAL EXPRESS」の雰囲気に合わせたとのことです



○(3月14日〜)近鉄の「ひのとり」デビュー



 3月14日、近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」が大阪難波〜名古屋間で営業運転を開始します。名古屋と大阪難波を結ぶ近鉄特急は「名阪特急」と呼ばれる伝統的な列車。新幹線の登場以前から設定され、2020年現在も新幹線のライバルとして健闘しています。速度はさすがに新幹線より低いです。しかし料金も低く、大阪中心部に乗り入れるため根強い人気を持っています。



 ひのとりは、レギュラーシートとプレミアムシートの2クラス。どちらもバックシェルタイプの座席で、後ろを気にせずに背もたれを倒せます。プレミアムシートはJR東日本のグランクラス並みの快適さ。それでいて座席料金は900円(近鉄名古屋〜大阪難波)というおトクさです。



○(3月14日〜)全区間急行運転を開始する「東武野田線」



 東武鉄道のアーバンパークラインこと「東武野田線」で全区間の急行運転が始まります。単線と複線が混在する路線の急行運転、すれ違いや追い越しはどうなっているのか……。などなど、乗り鉄として興味津々です。



○(3月14日〜)「高輪ゲートウェイ駅」開業、乗り鉄でなくとも遊びに「行く」べし



 3月14日の首都圏でもっとも大きな鉄道の話題は「高輪ゲートウェイ駅開業」です。いよいよオープンします。



 乗り鉄的には駅コンコースの大型窓ガラスから、東海道新幹線や留置線を眺められると期待します。もっとも、未開発の用地内に暫定開業するので行く用事がない……と思う人がいるかもしれません。とんでもない。JR東日本は駅前広場で約半年にわたり大型イベント「Takanawa Gateway Fest」を開催します。4つの大型仮設ホールとイベント広場を使い、先進技術やエンターテインメントを楽しむイベントが盛りだくさん。レストランやフードコートも盛りだくさんで、まるで「ミニ万博」です。



 駅ができるというより、期間限定のテーマパークが誕生し、その最寄り駅ができる感じなのです。



○(3月14日〜)祝! 全線復旧する「常磐線」「三陸鉄道」に乗る



 東日本大震災で不通となっていた「JR常磐線」が全線復旧/開通して、「東京〜常磐線経由〜仙台間」の特急列車が復活します。また、2019年の台風19号で不通となっていた「三陸鉄道」も全線復旧予定です。そうなると、東京から青森まで、あるいはその先へ、太平洋沿岸に沿った乗り鉄も楽しそうです。



○(3月21日〜)100メートル延伸した「富山ライトレール」「富山地方鉄道の路面電車」を目指す全線完乗者の旅



 富山県では「富山ライトレール」と「富山地方鉄道の路面電車」がつながり、一体的運行が始まります。富山ライトレールを100メートル延伸して、JR富山駅高架下の富山地方鉄道の停留所に接続します。日本全国の鉄道を全て乗る人は、この新しくできた100メートルにも乗らねばなりません。そのために富山へ向かうのです。私もその1人です。



●【4月】JR四国の新観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」デビュー 「札沼線廃止区間」のお別れ乗車は早めに



○(4月18日〜)JR四国の観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」がデビュー



 4月18日、JR四国で新しい観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」がデビューする予定です。「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」に続く、3つめの“ものがたり”列車です。



(〜5月6日)廃止となる「札沼線 北海道医療大学〜新十津川間」は早めにお別れ乗車を



 JR北海道の札沼線 北海道医療大学〜新十津川間が5月6日に廃止されます。廃止日に近づくほど混雑しますから、4月の乗車がオススメです。



●【5月】これは乗らねば! 新しい夜行特急「WEST EXPRESS 銀河」



○(5月8日〜)新しい夜行特急「WEST EXPRESS 銀河」がデビュー



 乗り鉄的には大事件。「夜行特急列車」が新設されます。JR西日本が京都・大阪〜出雲市間で運行する「WEST EXPRESS 銀河」です。



 WEST EXPRESS 銀河は117系という快速用電車を改造し、普通座席、ノビノビ座席、グリーン個室などを用意します。料金は乗車券、特急券、グリーン個室はグリーン料金となり、在来線特急と同じ価格帯で乗車可能。週に2往復を予定しています。下りは京都発21時頃、昼間の用事を済ませてから乗車し、観光施設のオープン時間に合わせて出雲市着は9時半頃。上りは出雲市発16時頃とちょっと早めですが、日本海の景色を楽しみ、特に宍道湖あたりの夕陽を眺められそう。大阪着は6時頃で、学校や会社に間に合います。絶妙なダイヤ設定ですね。



●【6月】東京メトロに新駅誕生「虎ノ門ヒルズ駅」 座席指定列車「THライナー」もデビュー



○(6月6日〜)東京メトロに新駅誕生「虎ノ門ヒルズ駅」



 6月6日、東京メトロ日比谷線に「虎ノ門ヒルズ駅」が誕生します。



 虎ノ門ヒルズは六本木ヒルズと同じ森ビル系列の商業ビルですが、六本木ヒルズのように映画館などのエンターテインメント施設はありません。高級ホテルとオフィスの街です。しかし、駅ができて誰もが手軽に遊びに行けるとなれば、新しい動きがありそうですね。



 ちなみに地下に3フロア吹き抜けの駅前広場ができるようです。また、この駅の誕生によって日比谷線の駅ナンバリングが1つずつズレていきます。海外のお客さんを案内するときなどは気を付けましょう。



○(6月6日〜)東武伊勢崎線と東京メトロ日比谷線を直通運転する有料座席指定列車「THライナー」運行開始



 6月6日、東武伊勢崎線と東京メトロ日比谷線を直通運転する有料座席指定列車「THライナー」が運行を開始します。



 THライナーは平日、休日とも、朝は恵比寿行き、夕方は久喜行きです。休日は逆方向もあったら良いのに、東武動物公園へ座っていけるのに……などと乗り鉄視点では思っています。今後の展開に期待です。



●【7月】東海道新幹線の新型車両「N700S」が登場



○(7月1日〜)東海道新幹線の新型車両「N700S」がいよいよ登場



 東海道新幹線の新型車両「N700S」が営業運転を開始します。



 N700Sは地震などの緊急停止距離の短縮、状態監視、防犯カメラ増設、消費電力の削減などが主な改良点です。さらに台車への着雪を防ぎ、融雪機能を搭載するなどで、雪に強い車両となります。乗客目線では、フルアクティブ制振制御装置を搭載して横揺れを減らし、乗り心地が良くなります。また、全席にコンセントも付きます。通路側の席で車窓が見づらくても退屈しないで済みそうですね。



●【8月】首都圏で東京五輪開催に伴う特別運転 渋谷駅「埼京線プラットフォーム」が移設



○(8月予定)渋谷駅「埼京線プラットフォーム」が移設



 8月は東京オリンピック、パラリンピックが開幕。それに伴い、首都圏の鉄道は増発や深夜運転を実施します。乗り鉄としては首都圏外へ脱出したいところ(笑)。観光地が空いているかもしれませんし。



 この頃までに渋谷駅の埼京線プラットホームが山手線の隣に移設されます。これまでかなり遠かったのですが、これで乗り換えが便利になります。湘南新宿ライン、成田エクスプレスへの乗り換えも便利になります。実はそれがうれしい。



●【秋以降】 JR九州の新観光列車「36ぷらす3」にも早速乗りたい 「箱根登山鉄道」「豊肥本線」の全線復旧も祈る!



○(2020年秋〜)JR九州の新観光列車「36ぷらす3」がデビュー



 JR九州が、新しい周遊型観光列車「36ぷらす3」の運行を2020年秋にはじめます。



 36ぷらす3は787系電車を改造した全席グリーン車の6両編成で、4人または6人のグリーン個室、3列グリーン座席、ビュッフェ、マルチカー(ロビー)を備えます。木曜日は博多〜鹿児島中央、金曜日は鹿児島中央〜宮崎、土曜日は宮崎空港〜大分・別府、日曜日は大分・別府〜博多、月曜日は博多〜長崎を往復します。各日のコースは独立しており、1日単位の乗車も可能です。連続乗車すると5日間で九州を一周できます。



○(2020年秋〜)「箱根登山鉄道」「豊肥本線」全線復旧したら乗りに行かねば!



 2018年の台風19号で被災した「箱根登山鉄道」は、2020年秋に全線復旧の見込みとしています。復旧を祝って乗りに行きましょう!!



 熊本地震で被災したJR九州「豊肥本線」の肥後大津〜阿蘇間は2020年度に復旧予定。2020年度とありますから2020年内は難しく、2021年春頃になるかもしれませんが、鉄道ファンとして一刻も早い復旧を祈っています。



 以上(2020年1月14日時点での)「2020年乗り鉄話題」をピックアップしました。もちろん以後も新しい話題が出てくるはず。楽しいニュースを期待しつつ、新たな災害などが起きないよう祈ります。いや、祈ってきました。初詣で! というわけで、2020年もよろしくお願い申し上げます。



(杉山淳一/乗り鉄。書き鉄。1967年東京都生まれ。年齢=鉄道趣味歴)


このニュースに関するつぶやき

  • 2/14になって近鉄特急「ひのとり」発売開始。しかし発売状況を見ると、閲覧時点で名阪特急3/14分は「ひのとり」"だけ"がほぼ満席、他の車両を使う列車は「アーバンライナー」を含めて全然余裕。
    • イイネ!5
    • コメント 1件
  • おやおやおや?情報が足りませんよ? https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1912/13/news124.html 長崎に新車両登場ですよ? しかも、水戸岡鋭治がデザインですよ!o(*≧∇≦)ノ
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(42件)

あなたにおすすめ

ニュース設定