ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 小林愛香、ニューシングル『NO LIFE CODE』収録曲&アートワーク公開 店舗別特典内容詳細の発表も

小林愛香、ニューシングル『NO LIFE CODE』収録曲&アートワーク公開 店舗別特典内容詳細の発表も

2

2020年01月20日 17:32  リアルサウンド

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真小林愛香
小林愛香

 小林愛香が、2月26日リリースのニューシングル『NO LIFE CODE』の収録曲およびアートワークを公開した。


(関連:花澤香菜が持つ、シンガーとしての特異性は? 多彩なサウンドデザインと呼応する歌声の存在感


 小林にとってメジャーデビュー作となる同シングルの表題曲は、10月から11月にかけて開催された彼女のファンクラブイベントで生バンドと共に披露されたナンバーで、Q-MHzが作詞・作曲・編曲 を手掛けたアッパーなギターロック。ギターを堀崎翔が、ドラムを鈴木浩之(THE KEBABS、QUADRANGLE、 GOLIATH)が、ベースとその他の楽器を黒須克彦(Q-MHz)が担当しており、ハイテンションながらも緻密なバンドアンサンブルの上で小林が自由に歌う、開放的な1曲に仕上がっている。


 カップリングには「ゆらゆらら」「Crazy Easy Mode」の2曲と、表題曲も含めたそれぞれのインストを収録している。「ゆらゆらら」は作詞と編曲を佐伯youthKが、作曲を小林のプロデューサーでもある田代智一が担当した、ギターのカッティングや跳ねるキーボードのサウンドが楽しい軽やかなミディアムポップ。こちらはギターを有賀教平が、ベースを鈴木渉が、キーボードとその他の楽器を佐伯が弾いている。そして「Crazy Easy Mode」は作詞をやしきんが、作曲を田代が、編曲をebaが手掛けた、80年代のエッセンスも感じられ るトリッキーなロックナンバー。演奏はベースを高間有一が、ドラムをRyo Yamagataが、ギターとその他の楽器をebaが担当している。


 アートワークは、イラストレーターのかとうれいによる美麗なイラストを全面にフィーチャー。小林の好きなものがふんだんにちりばめられているほか、初回限定盤にはかとうによる小林のポートレイトが掲載される。加えて初回限定盤付属のスぺシャルブックレットでは異なる衣装を着こなす小林の写真を多数掲載し、『NO LIFE CODE』の世界をビジュアルでも表現する。なお初回限定盤DVDには「NO LIFE CODE」MVと、MV撮影オフショット映像を収録している。


 また、シングルの店舗別オリジナル特典の内容詳細と絵柄も発表。対象法人はアニメイト、ゲーマーズ、タワーレコード、セブンネットショッピング、TSUTAYA RECORDS、Amazon。絵柄や特典がもらえる方法など、詳細はレーベルサイトにて発表している。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定