ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 『ヒプノシスマイク』舞台化第二弾、オリジナルディビジョンが解禁

『ヒプノシスマイク』舞台化第二弾、オリジナルディビジョンが解禁

1

2020年01月20日 18:10  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

社会現象を巻き起こしている大人気コンテンツである『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』、通称ヒプマイは、キングレコード EVIL LINE RECORDS が手掛ける、音楽原作キャラクターラッププロジェクトとして2017年9月に始動。当時無名だったプロジェクトにも関わらず第一弾ミュージックビデオが公開直後にYouTube急上昇ランキングにランクインするや否や、その斬新な世界観や楽曲のクオリティの高さから瞬く間に音楽シーンを席巻し、HIP HOP界の有名アーティストも作詞・作曲を手掛けた CD は常に音楽ランキング TOP10 にランクインするなど人気を確実なものとしている。

シブヤ・ディビジョン“Fling Posse“とシンジュク・ディビジョン“麻天狼“を中心とした舞台化第二弾『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-より、本日、舞台オリジナルディビジョンが解禁となった。

舞台オリジナルディビジョンとして本公演に参加するのは、その名も「アサクサ・ディビジョン“鬼瓦ボンバーズ“」。彼らは、元々はアサクサの地元住民達が作った草野球チームだったが、突如ディビジョンバトルに参加することに...!

キャストには、草野球チーム・鬼瓦ボンバーズのリーダー的存在で地元の人から頼られる親分的存在の鬼灯甚八(ほおずきじんぱち)に加藤良輔、能天気で酒好きな酒屋店主の駒形正宗(こまがたまさむね)に和田泰右、浅草寺の奥にあるそば屋の料理人である影向道四郎(ようごうどうしろう)に結城伽寿也が決定した。

アサクサ・ディビジョン“鬼瓦ボンバーズ“がシブヤ・ディビジョン“Fling Posse“やシンジュク・ディビジョン“麻天狼“とどのように物語に関わるのか、注目だ。

そして、-track.1-に引き続きディビジョン・ダンス・バトル”D.D.B“も出演決定。世界レベルのパフォーマンスをお見逃しなく。

■ 『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-
期間・劇場 2020年5月15日(金)〜5月31日(日) 品川プリンスホテル ステラボール

キャスト:
シブヤ・ディビジョン“Fling Posse“
飴村乱数:世古口 凌
夢野幻太郎:前山剛久
有栖川帝統:滝澤 諒

シンジュク・ディビジョン“麻天狼“
神宮寺寂雷:鮎川太陽
伊弉冉一二三:荒木宏文
観音坂独歩:宮城紘大

アサクサ・ディビジョン“鬼瓦ボンバーズ”
鬼灯甚八:加藤良輔
駒形正宗:和田泰右
影向道四郎:結城伽寿也

ディビジョン・ダンス・バトル“D.D.B”
Toyotaka RYO gash! SHINSUKE HILOMU Dolton KENTA GeN

(C)『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage 製作委員会

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定