ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 北別府学氏、白血病を公表

北別府学氏「成人T細胞白血病」公表 「必ずや復活します」ブログで胸中

223

2020年01月20日 19:28  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真北別府学氏
北別府学氏
 広島東洋カープの元エースで、現在、野球解説者の北別府学氏(62)の所属事務所は20日、北別府氏が、2年前の検査で「成人T細胞白血病」と診断されていたことを公表するとともに、昨年11月の検診から数値が上がってきたため、医師と相談のもとあす21日より、広島県内の病院に入院することを明らかにした。

■北別府学氏のプロフィール

 書面では、北別府氏が2年前の検査で「成人T細胞白血病」と診断され、月に一度の定期検診で経過観察をしてきたが、昨年11月の検診から数値が上がってきたため、医師と相談のもと21日より、広島県内の病院に入院することを報告。今後の治療法は、化学療法を行い、その後、骨髄移植をする予定という。

 北別府氏もブログを通じて、病名を伝えるとともに、これまでの経緯や今後の治療について説明。「暫くはブログの更新も出来なくなると思いますが、解説者としてカープの日本一を見届ける為に必ずや復活します」と約束し「番組復帰、解説復帰、英数学館野球部のコーチ、北別府フェスタ、アジア各地での野球教室、仕事復帰を目標に頑張ります」と誓った。

 続けて「孫にも野球を教えなければなりません」と思いを記し、最後は「ブログを通して皆様と本当にダイレクトに気持ちを述べさせてもらい此方のコメントを楽しませていただいておりました。体調が良い日にはブログも更新できるかなと思います。うまく言葉が伝わっていないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします」と呼びかけている。

■北別府学氏ブログ全文

皆様へ

 本日、私がコメンテーターを務めさせて頂いている広島ホームテレビの5up!にて皆様に病気治療のため暫くお休みをいただく旨お伝えしました。

病名は成人T細胞白血病です。

昨年11月より急に白血球、異常細胞の数値が上がってきまして抵抗力が弱まってきたという状態ですが、自分でもこの様な病気だと自覚出来ないような普通に生活ができる様な健康状態でした。

気になるといえば軽い風邪のような症状が昨年11月頃より続いているくらいで、白血病に見られるような体の怠さや発熱も全くありません。

しかし今回、検査の数値が右肩上がりで上がってきまして明日から化学治療(抗がん治療)に入り化学治療後、無菌室に入ります。

その治療を数回やり骨髄移植となるそうです。

治療期間は3ヶ月から半年ほどだと予測されますが個人差があるようです。

この診断がくだったあと、暫くは何も手が付かない状態でしたが、年が明けてからやっと仕事の関係各位様にお知らせを済ませることが出来まして、それから少し気持ちも落ち着いてきました。

一月から決まっていた仕事が出来なくなり、ご迷惑をかけた関係各位様にはこの場を借りてお詫びいたします。

そして告白から今まで私の病名を知りながら番組内にて支えて励ましてくださった局関係者の方々にもお礼を申し上げます。

そんな、暗い気持ちでいた最中、治療中もできる仕事の話を頂いたりもしました。
ディリースポーツのネット配信の記事です。

治療中でもこれは書ける、どんなにか励みになることかと思います。

化学治療が始まったら体調が悪くなり髪の毛も抜けると聞きました。

暫くはブログの更新も出来なくなると思いますが、解説者としてカープの日本一を見届ける為に必ずや復活します。

番組復帰、解説復帰、英数学館野球部のコーチ、北別府フェスタ、アジア各地での野球教室、仕事復帰を目標に頑張ります。

孫にも野球を教えなければなりません。

ブログを通して皆様と本当にダイレクトに気持ちを述べさせてもらい此方のコメントを楽しませていただいておりました。

体調が良い日にはブログも更新できるかなと思います。
うまく言葉が伝わっていないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

このニュースに関するつぶやき

  • 聞いた所に寄ると、九州に多い白血病で、母子感染が原因とか。 https://mixi.at/a1WEfSX
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ぼくが子供の頃の広島カープといえば絶対的エースが北別府学、そしてストッパーが津田恒実だった。津田さん、どうか北別府さんをお守りください。
    • イイネ!95
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(116件)

あなたにおすすめ

ニュース設定