ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 中村倫也で連ドラ「美食探偵」

中村倫也、12年半ぶり連ドラ主演 東村アキコ原作『美食探偵―明智五郎―』実写化

46

2020年01月21日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日本テレビ4月期日曜ドラマ、東村アキコ原作の『美食探偵 明智五郎』に主演する中村倫也
日本テレビ4月期日曜ドラマ、東村アキコ原作の『美食探偵 明智五郎』に主演する中村倫也
 俳優の中村倫也(33)が、4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)に主演することがわかった。中村の連ドラ主演は2007年10月放送の『ハリ系』(日テレ関東ローカル)以来2度目、ゴールデン・プライム帯連続ドラマは初となる。今作は『東京タラレバ娘』『海月姫』で知られる東村アキコ氏初のサスペンス漫画『美食探偵―明智五郎―』(集英社刊『ココハナ』で連載中)を実写化。中村は、容姿端麗だが超変わり者な美食家の探偵・明智五郎を演じる。

【写真】真紅のスーツを着こなす中村倫也 原作書影も

 江戸川探偵事務所の探偵である明智はおいしい料理をこよなく愛する。端正な顔立ち、優雅な物腰、そして抜群の推理力を持ちながら、独特の口調で周囲をかき回す。独特なウェービーヘアと、ループタイがトレードマーク。実は一流デパート・扇屋百貨店社長の御曹司といった個性的なキャラクターだ。

 物語にはそんな彼に助手扱いされさまざまな事件に巻き込まれる移動弁当屋、小林苺、そして明智と出会い、殺人鬼へと変貌する美女自称“マグダラのマリア”がメインキャラクターとして登場。“探偵と殺人鬼”という対立関係であり、“惹かれ合う男女”でもある明智とマリア。超美食家のイケメン探偵が、連続殺人鬼の真相とハートに迫る。

 大役を前に中村は「自らチャレンジして、苦労しながら楽しむということを率先してやっていければと思います。とはいえ、年齢を重ねるとともに、一人が背負うことができるモノには限りがあると分かってきました。気負い過ぎて、いっぱいいっぱいになってしまったら、元も子もないので、そこは大人として周りの皆さんに上手く甘えられたらと思っています」とコメントする。

 独特のキャラクターのイメージを固めるため衣装のスーツの生地選びにも自ら参加。衣裳部や制作スタッフと共にオーダーメイドで作り上げた。中村は「原作を読ませていただいて、ようこんな見目麗しい、整った役を薄顔の男に持ってきたな…と」と苦笑しつつ「出来る限りの工夫とあふれんばかりのパッションでなんとか乗り切ろうと思っています」と、やる気を燃やしている。

 そんな中村に東村氏は「ハンサムで、クレバーで、ちょっと不思議な感じが明智役にぴったりです。楽しみです!」と太鼓判を押す。荻野哲弘プロデューサーは「役ごとにクルクルと変貌する中村さんの『何をしでかすか分からない』存在自体がサスペンスな魅力と、ディズニー映画の主題歌まで歌い上げてしまう艶っぽい声に、心から期待しています。『笑えて、ドキドキして、時々泣ける』おいしいドラマを目指します」と展望。「それぞれの素材の味が中途半端にならず際立つよう、スタッフ・キャストの皆さんと精一杯調理しますので、是非ご賞味下さい!」と呼びかけている。

このニュースに関するつぶやき

  • 分け目が逆だし、猫目(原作)と垂れ目(中村)も違うんだけどね
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 大好きな俳優さんなので、どういう風に演じるか楽しみです!
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

あなたにおすすめ

ニュース設定