ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 宮沢氷魚、映画初主演で“ゲイ役”挑む「自分に嘘をつくのが、一番辛い」

宮沢氷魚、映画初主演で“ゲイ役”挑む「自分に嘘をつくのが、一番辛い」

2

2020年01月21日 07:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

恋愛映画の旗手・今泉力哉監督が、映画初主演となる宮沢氷魚とタッグを組み、LGBTQというセンシティブなテーマに挑んだ作品『his』(1月24日公開)。『コウノドリ』『賭ケグルイ』、そして昨年は『偽装不倫』で広く周知されるなど着実に役者として経験を積んできた宮沢が、本作ではゲイであることを周りに知られないよう、東京の会社を辞めて田舎に移住した主人公・井川迅を演じる。そこへ8年前に突然別れを告げて去っていった恋人・日比野渚(藤原季節)が娘を連れて現れ――。


「LGBTQへの認識が普通になってくれれば」主演作へ希望込める


宮沢は、本作について「初主演ということもあり、かなりプレッシャーがあった」と明かす。しかし、LGBTQという挑戦的な題材に参加できることへの喜びや楽しみの方が強く「(僕自身に)そういう友達もいるし、彼らが住みやすい世の中になってくれればと思っていました。今はまだセンシティブな問題かもしれませんが、ゆくゆくはLGBTQへの認識が普通になってくれれば」と熱い想いを吐露。


LGBTQの友人がいたとはいえ、本作で新たにインプットすることも多かったという。特に実感したのは「自分が経験してきた“辛さや生きづらさ”では計り知れないほど、(LGBTQの人たちにとって)今の世の中は生きづらい」ということ。宮沢が言う“辛さや生きづらさ”とは――彼自身、クウォーター(アメリカ)というバックボーンから「小学生のころは結構偏見の目で見られていた」と明かす。そういった色眼鏡に対して、「子どもだったので、本当にしんどくて、なんで自分はこんな目でみられなきゃならないんだろう」と苦しんだ。


どうやって乗り越えていったのだろうか。「単純にクウォーターである自分に対して(相手が)理解することができなかったり、相手にないものを自分が持っていることへの嫉妬心だったり、いろんなものが入り混じって“偏見”が生まれると思うのですが、大人になるにつれ、“自分を分かってくれない人もいるんだ”ということを整理するようになりました」。


そういった経験は少なからず今回の役どころと共感する部分があったといい「自分が経験したことは迅の辛さに比べたら大したことないですが、迅という役を通して、誰にも言えない辛さに加えて、自分に嘘をつかないといけないというのが、やっぱり一番辛いと思う」と心を寄せる。


宮沢自身は外界から偏見にあっても、学校にオアシスを見出した。「僕の通っていた学校は、インターナショナルスクールだったので、みんながみんな違う。国も違うし、言語も違う。学校に到着さえすれば、もう大丈夫、安泰だ」とその存在の大きさに救われた。

宮沢家の日曜日は“パンケーキ”お気に入りは「チョコチップ」


初参加となった今泉作品について、「日常生活でありえることしか描いていないというのが今泉さんの良さ」と語る。本作でも「異物感がないというか、リアリティがある」と宮沢も言うように、恋人、親子、友人…さまざまな関係性が描かれており、“LGBTQ”というテーマではあるが、“人間”同士におけるリアルな感情の機微を投影している印象が強い。


特に、渚の娘・空(外村紗玖良)と迅の距離感はまさに絶妙だ。空から「卵を片手で割って」とねだられても、出会った当初は割ることができなかった迅が、生活を共にすることでいつしか「卵は片手で割る」ことが二人のお決まりの習慣となっていく。


宮沢家にも幼少の頃、家族間での特別な習慣があった。「日曜日は家族でパンケーキを食べる」こと。「平日はなかなか家族がそろわないので、(日曜日に)みんなで1週間を振り返るじゃないですけど、他愛の無い話をしていました」。続けて「たまに母親が焼いているのを手伝っていて、お気に入りの“チョコチップ”を、生地の中に入れていました」と懐かしそうに振り返る。思い出の味は、いつだって甘くて温かな気持ちを運んでくれる。


実は「インタビュアー」志望?!思わぬ願望明かす


先述の通り、昨年放送された『偽装不倫』では、難病を抱えた美青年を演じ、「街中で声を掛けられたり、役名で呼んでもらえたりする機会も増えた」と役者にとってはうれしい収穫。さらに、昨年末初開催されたファンミーティングでは、その応募数はなんと3万件。「ビックリしました。最初、200〜300人くればスゴイのかな…と思っていたんですけど」と苦笑交じりに舌を巻く。とはいえ、ファンと直接触れ合える機会は宮沢にとって、「とても励みになった」と言い、今後の活動のモチベーションに繋がったようだ。

着実に活動の幅を広げていくなか、今後は「海外で仕事がしたい」と明かしてくれた。また、東京オリンピックの年であることから、「英語を使った仕事がしたい」とした上で、「取材する方をしてみたい」と思わぬ願望も飛び出す。「普段、取材される側なので、どういう質問が答えやすいか自分も経験してきている。いい質問が聞けるんじゃないかな」とニヤリ。「特にアスリートは英語を話す人も多いですし、来日したハリウッド俳優にもインタビューしてみたい。通訳を介さず、直接話ができるというのはメリットだと思う」。かつて宮沢自身が感じたバックボーンへのコンプレックスは強みとなり、“希望”へと変容していく。「いつの日かLGBTQが普通のこととして認識されてほしい」と語ったその想いもまた、本作がその軌跡となるのだろう。


取材・文:ドワンゴジェイピーnews編集部

カメラ:稲澤朝博


『his』

出演:宮沢氷魚 藤原季節 松本若菜 松本穂香

監督:今泉力哉

企画・脚本:アサダアツシ

音楽:渡邊崇

2020年1月24日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム

©2020映画「his」製作委員会

このニュースに関するつぶやき

  • LGBTネタお腹いっぱいです。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定