ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 持ち寄りパーティ参加者が胃腸炎に!犯人探しをやめさせるにはどうすれいばいい?

持ち寄りパーティ参加者が胃腸炎に!犯人探しをやめさせるにはどうすれいばいい?

9

2020年01月21日 16:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

持ち寄りパーティでトラブルが発生したママから、こんな投稿がありました。
『毎年レストランの個室で新年会をしています。今年はお子さんが多い家庭も数組いて、安く抑えたいという意見が出たこともあり、今年は自治会館を借りて新年会をしました。そうしたらこの会に参加した人の3分の1が、胃腸炎にかかってしまいました。陰で犯人探しをしている人がいます。やめてもらいたいのですが、どうしたら良いですか?』
料理を持ち寄って新年会をしたところ、胃腸炎に感染した人が出たとのことです。犯人探しをする人を投稿者さんはやめさせたいようです。方法はあるのでしょうか。

犯人探しをしている人たちに対してできること



参加者全員の責任だと認識してもらう

『参加者全員に非があるよ。安さと引き換えに胃腸炎リスクが高まる方をとったんだから、参加者全員の責任。それをはっきり言えばいいだけじゃん』
『安く済ませるメリットと共にデメリットもあるということを、共通で確認していたの? 持ち寄りパーティするなら、そういったデメリットも踏まえたうえでするべきじゃない? 投稿者さんは被害者的な立場で物申しているけれど、誰かが共通認識を言い出さなかったという点で、参加者全員に責任があると思う』
持ち寄りパーティには胃腸炎などの感染リスクがあることを確認しなかったこともあって、参加者全員の責任なのでは? という意見が出ています。犯人探しをしている人も含めて参加者が事前に食中毒などのリスクがあることを認識しておかなくてはいけなかったでしょう。新年会に参加した人たち全員で責任を負うのがみんなが納得する方法かもしれません。

憶測はよくないと伝える

『犯人探しなんて、保健所入れて当時食べていた物のサンプルなどを調べないとわからないよ。憶測はよくないから、そう提案してあげれば?』
もし犯人探しをするのであれば、保健所などの検査も必要になってくるでしょう。それをしないで憶測でものを言ってしまうのは、後々問題になる可能性もあります。そのことを犯人探しをしている人に伝えるのも、方法の1つですね。

犯人探しをやめさせるのは難しいから落ち着くのを待つ

『どうしたらいいって、やめさせるのは無理だから放っておけばいいよ』
『犯人探しをしたい人には勝手にさせときなよ。来年はこのことを踏まえて断りやすくなるし』
『全員に責任があるから、やめさせるより沈静化するのを静かに待つべきだよ』
犯人探しをしている人は、感染源を見つけるまではやめないかもしれません。周りが何と言っても納得しないでしょう。投稿者さんは何もせずに、犯人探しが落ち着くのを待つのがいいかもしれませんね。

次回以降の新年会はどうする?


今後は新年会などはしない

『「こういうトラブルあるから、次回からなしにしよう」と私なら言うわ。犯人探しなんか周りに嫌な気分だけ与えて、誰も得しないじゃん』
今回の胃腸炎の問題があったので、今後は新年会はやらないほうがいいかもしれません。万が一同じことが起きたら、また犯人探しが始まり気分を害する人もいるのではないでしょうか。トラブルが再び起きることを防ぐためにも、思い切って新年会などの集まりを廃止するのもいいですよね。

レストランやデリバリーなどを利用する


『こういうことがあるから、多少は高くなってもレストランでやった方がいいね』
『胃腸炎のこともあり、今後は衛生面のことを考えてデリバリーにする。幹事がデリバリーの店とメニュー表をつくり、それぞれの家族の注文とお金を受けとる。これじゃダメ?』
もし今後も新年会などを行うならば、レストランやデリバリーを利用すると安心できそうです。お金はかかりますが準備の手間もありません。それにしっかり衛生管理された場所で作られる料理なので、胃腸炎などの感染リスクも抑えられるのではないでしょうか。

犯人探しをしている人とは距離をおいてみては?

『犯人探しをしちゃうような間柄だもん、この先もトラブルは起きるはず。険悪なけんか別れになる前に、「あの人付き合い悪くなったね、冷たい奴だったね」と投稿者さんが陰口を言われる程度で済む今の内に、疎遠になるのが懸命で賢い』
新年会の時に胃腸炎の感染源を持ち込んだ人を探すことをどうにかやめさせたいと思っている投稿者さん。でも他のママたちからは、参加した全員に責任があるという意見も少なくありませんでした。もし犯人探しをやめさせたいのであれば、参加者全員の連帯責任であることを伝えると相手も聞き入れるかもしれません。

一方で感染源が見つかるまで、犯人探しは終わらないという意見もありました。今後も犯人探しが続くようであれば、犯人探しをするような人たちとは距離をおくのもいいのではないでしょうか。今後の付き合いでトラブルが起きたら、同じように犯人を探すことも考えられます。その度に嫌な思いをするくらいならば、食事会などには参加せず最低限の付き合いにするなど、巻き込まれない対策をとっておくと安心かもしれませんね。

文・川崎さちえ 編集・しのむ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 距離を置いたら犯人認定されるから、薄く関わっておくしかないんじゃない?後で『全員がアンタだって言ってんだから慰謝料払え!』って話に発展したら面倒だし。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 子供会などで食事会することありますが、公民館借りてても、ほか弁や小僧寿しなど買いましたよ。持ち寄りはしません。
    • イイネ!14
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定