ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > Radioheadが音源や映像をオンライン公開! アートワークも楽しめる“公共図書館”

Radioheadが音源や映像をオンライン公開! アートワークも楽しめる“公共図書館”

1

2020年01月21日 16:32  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
イギリスのロックバンドRadioheadが、1992年のデビューEP『Drill』以来のアートワークや映像、音楽のオンライン公開を発表した。

「RADIOHEAD PUBLIC LIBRARY」のWebページにアクセスすると、ピンタレスト風に写真/イラストが並んでいて、公式リリースにはないものまでが閲覧/視聴可能だ。

サイト上部には色分けされた正方形が表示されており、クリックすると年代ごとの作品欄に飛ぶことができる。
・図書カードもダウンロードできる[caption id="attachment_115558" align="alignright" width="300"] Image: RADIOHEAD PUBLIC LIBRARY[/caption]ネットでの共有文化が根付くなか、作品の著作権に対するアーティストのスタンスはさまざま。PVをまるごとYouTubeに挙げるアーティストや、コンサートの撮影をOKとするアーティストなんかもいる。

Radioheadのスタンスは特にオープンで、PVを配信するなど早くからネットを活用したプロモーションを展開してきた。

電子音楽の巨匠Aphex Twinなんかも1991年以来の全作品を公開しているが、Radioheadの場合アートワークを前面に押し出し、“図書館”とするあたりが親しみやすい。ちなみに、好きなアートワークを配した図書カードもダウンロードできる。
・アートワークをTシャツに昨年には、ハッキングにより『OK Computer』のスタジオセッション音源が流出し、身代金の要求をのむ代わりに自ら18時間におよぶ音源を無料公開したエピソードは有名だろう。

RADIOHEAD PUBLIC LIBRARYに挙がっている作品は、クリックするとリンクが貼られているものも多い。アルバムのアートワークであればApple MusicとSpotifyへ直接飛べる。また、コンサートやメディア出演の映像は、Apple MusicやSpotifyに加入していなくても楽しめて、Vimeoの映像がそのまま再生される方式だ。

ユニークなのはTシャツで、掲載されたアートワークのものが購入できるようになっている(2月3日に出荷開始)。

Webページを訪れれば、従来からのRadioheadファンはもとより、音楽好きグラフィックデザイン好きの方も楽しめるのではないか。

RADIOHEAD PUBLIC LIBRARY

このニュースに関するつぶやき

  • 後で見に行ってみよう https://mixi.at/a1X3kPJ
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定