ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 長澤まさみ 暗黒面見せる母役

長澤まさみ、“自堕落で奔放な”母親に 衝撃作「MOTHER マザー」で阿部サダヲと初共演<本人コメント>

68

2020年01月22日 04:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真郡司翔、長澤まさみ (C)2020「MOTHER」製作委員会
郡司翔、長澤まさみ (C)2020「MOTHER」製作委員会
【モデルプレス=2020/01/22】女優の長澤まさみが、2020年初夏公開の映画『MOTHER マザー』で主演を務め、阿部サダヲと初共演を果たすことがわかった。

【写真】長澤まさみ、SEXY衣装で「初めての経験」

◆長澤まさみ、映画『MOTHER マザー』で阿部サダヲと初共演

本作は、ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活をおくる自堕落で奔放な女・秋子が主人公。彼女には幼い息子・周平がおり、周平はそんな母親しか頼るものはなかった。やがて寄る辺ない社会の底辺で生き抜く、母と息子の間に“ある感情”が生まれる。そして、成長した周平が“凄惨な事件”を起こす。

河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み描く衝撃作。長澤は母親・秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく女に挑戦。阿部は秋子と内縁の夫になるホスト・遼を演じる。

◆挑発的、妖艶…センセーショナルな長澤まさみ

この度、ビジュアル・超特報も解禁。超特報は、不穏な映像からはじまり、「周平」と呼びかける母・秋子のカットで終わるセンセーショナルな15秒になっている。

ビジュアルは、長澤が演じる秋子が、息子・周平(幼少期の周平役・郡司翔)を抱きしめ挑発するようにこちらを見つめるショットと、内縁の夫になる阿部演じる遼と秋子の妖艶なショットを公開。長澤が“暗黒面”の顔を見せる。


動画を別画面で再生する


◆長澤まさみ「この役を演じてみたいと思いました」

本作への出演は、長澤が自ら選んだという。2020年、長澤の女優としての活動は、20年目を迎え、5月には舞台『ガー ルズ&ボーイズ』で一人芝居に初挑戦し、映画ではヒット主演作の続編『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開と、実話をベースにした 『MOTHER マザー』と硬軟相反する主演作が2作品続く。

長澤は「今回この脚本をいただいて、結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく息子の周平の目線で脚本を読んでいました。どこか他人事じゃないと思わせられるリアルさがあって、母親の存在の大きさについて、親が子を育てる責任について考えさせられ、この役を演じてみたいと思いました」とこの作品を選んだ理由についてコメント。

長澤と初共演となった阿部は、「脚本を読んで、親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、脆さを感じました。初共演でしたが、長澤まさみさんは、シリアスからコメディまで何でも出来る女優さんということは分かっていました。母親役の印象はあまりなかったのですが、凄くグッと来ましたよ、親子のシーン…僕はいないシーンです(笑)」と感想を明かしている。

また、監督・脚本を務めた大森氏は「“女”として破滅的なキャラクターである秋子が、一方では、子供をなめるように育ててきた“母”でもあるという一人の女性の大きな隙間をどのように描くかということに監督としてのやりがいを感じました。秋子は、強烈で想像を超えたキャラクターなので演じるのが大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。長澤さんの非常によい表情を収めることができたと思います」と語った。(modelpress編集部)

■長澤まさみコメント

今回この脚本をいただいて、結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく息子の周平の目線で脚本を読んでいました。

どこか他人事じゃないと思わせられるリアルさがあって、母親の存在の大きさについて、親が子を育てる責任について考えさせられ、この役を演じてみたいと思いました。今回私が演じる秋子は、視点の違いで、理解が大きく変わる独特なキャラクターです。

初共演の阿部さんは、集中力が高くて、神出鬼没で妖精みたいな人でした(笑) 。空気のように現場になじんでいて、本当に天才的な方だと思いました。大森組の現場の雰囲気が良く、共演した子供たちが本当に生き生きと演じていて、監督が現場を作るんだと改めて感じた現場でした。

■阿部サダヲコメント

なかなかこのような役(全く思い入れることが出来ないダメな男)を頂く機会がないと思いましたし、大森監督、長澤さんとご一緒した事がなかったので、この役を演じてみたいと思いました。

脚本を読んで、親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない…人の弱さ、脆さを感じました。初共演でしたが、長澤まさみさんは、シリアスからコメディまで何でも出来る女優さんということは分かっていました。母親役の印象はあまりなかったのですが、凄くグッと来ましたよ、親子のシーン…僕はいないシーンです(笑)。

■監督・脚本:大森立嗣コメント

港さんと脚本を組み立てていく中で“女”として破滅的なキャラクターである秋子が、一方では、子供をなめるように育ててきた“母”でもあるという一人の女性の大きな隙間をどのように描くかということに監督としてのやりがいを感じました。

秋子は、強烈で想像を超えたキャラクターなので演じるのが大変だったと思いますが、撮影を進めるにつれ、長澤さんが作品の中でどんどん大きな存在になっていきました。長澤さんの非常によい表情を収めることができたと思います。

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 可愛い綺麗としか思えない。(*´ω`*)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 基本、子供が酷い目にあう映画は観たくない。映画とわかっていても、現実にたくさんいるんだよね、こんな毒親の被害者である子供達が…。
    • イイネ!42
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(35件)

あなたにおすすめ

ニュース設定