ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > ラグビー「ONE TEAM」でPR活動

ラグビー大盛況の背景に「ONE TEAM」の心意気、格安ギャラでも出演するワケ

24

2020年01月22日 11:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真昨年12月、W杯ベスト8の感謝を込めて東京駅周辺でパレードを実施。沿道に5万人のファンが駆けつけるなど大盛況となった
昨年12月、W杯ベスト8の感謝を込めて東京駅周辺でパレードを実施。沿道に5万人のファンが駆けつけるなど大盛況となった

 昨年、W杯ベスト8の大躍進から始まったラグビーブーム。1月12日に開幕したトップリーグにも多くのファンが殺到! 会場を満員にさせるまでには、前回大会の反省と代表メンバーたちの熱き思いがあったようで──。

ラグビー大盛況の舞台裏

 1月2日放送の『新春しゃべくり007』(日本テレビ系)で、ラグビー日本代表・稲垣啓太が熱愛を報じられた元AKB48の倉持明日香の持ち曲を披露し、話題になっている。司会の上田晋也から「曲、全般うまいの? AKBは特に?」とイジられ、

ノーコメントで

 と答えた際には、思わず微笑んでしまう場面もあった。

 昨年秋にワールドカップでベスト8入りの快挙を成し遂げて以降、メディアに登場する機会が増えたラグビー日本代表メンバー。中でも年末年始はフル稼働。代表メンバー19人がスペシャルゲストとして登場した『紅白歌合戦』(NHK)など、12月29日から1月7日までは、誰かしらが毎日テレビに登場するほど、引っ張りだこだった

 にもかかわらず、出演料は二の次で引き受けていたというから驚きだろう。

「年末年始特番の企画会議では局を問わず、代表メンバーが出演候補として多く名前があがりました。ただ話題のアスリートということで出演料もかなり高いだろうと思っていたら“1月に開幕するトップリーグの宣伝になるなら”と、多くの選手たちはほかの有名アスリートの4分の1程度の10万円ほどのギャラで快く引き受けてくれたそうです」(制作会社ディレクター)

 今をときめくスター選手たちがテレビへの出演に協力的だったのは、’15年に開催された前回のワールドカップの反省があるから。

「大会での3勝に貢献した五郎丸歩選手に注目が集まり、“五郎丸ポーズ”は同年の『ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネートされるほど、脚光を浴びました。その効果もあり、同年のトップリーグでも大幅な集客アップが期待されたのですが……。フタを開けてみると、総動員数は49万人と初めて40万人を突破はしたものの、客席は満席とはほど遠いものだった。翌年からは46万人前後に落ち着くなど、五郎丸効果は一過性のもので終わってしまったんです」(スポーツ紙記者)

 そんな苦い経験から、今回のチャンスを集客につなげようと“ONE TEAM”でPR活動に取り組んだようだ。

格安ギャラと交換で出した条件

特に田中史朗選手は熱心でしたね35歳とベテランのため、自分がプレーできるうちに少しでもラグビー業界に貢献したいという思いがあるようで、家族の出演や家でのロケもOK。

 奥さんも実業団の元バドミントン選手だったこともありPR活動に理解があるため、少しでも夫の力になれば……と喜んで引き受けてくれるので、とても重宝されています」(バラエティー番組スタッフ)

 昨年の大会では選手ひとりひとりのキャラクターが極立っていたのも、オファーが増えた理由だと別の番組スタッフは語る。

田中選手の“小さな巨人”福岡堅樹選手の“ミスター文武両道”など、キャッチコピーがつくほど個性豊かだったことで使いやすい、企画が立てやすいと好評でした。稲垣選手の“笑わない男”なんて、バラエティーでは最高の振りですからね(笑)」

 ギャラは格安で引き受けたものの、どうしても譲れない条件もあったようだ。

「“PR活動も大事だけど、最高のプレーを見せなくては意味がない”ということで、当然ながら練習やトレーニングの時間が最優先されました。そのためどうしても出演してほしい番組は練習場の近くで収録したり、選手の稼働可能な時間帯にスタジオ収録を行うなどで対応していました」(キー局プロデューサー)

 そんな選手たちの惜しみないPR活動の効果もあり、1月12日に開幕したトップリーグの開幕戦は、昨年の6万617人から大幅アップの9万2347人を動員!

 18日のトヨタ自動車対パナソニック戦では、史上最多入場者数となる1会場で3万7050人を記録するなど、確実に世間にラグビーが浸透しているようだ。日本ラグビーフットボール協会の広報担当者も喜びをこう語る。

「出演したすべての番組で反響があったと認識しております。このような状況が続けば、目標である総動員数60万人も超えるのではないでしょうか。引き続き、SNSを含めたプロモーションを実施していければと思っています」

 選手と協会が“ONE TEAM”になっただけに、今度こそ一過性のブームでは終わらないはず!

このニュースに関するつぶやき

  • ワンフォーオールとオールフォーワンがいつもごっちゃになる( p´⌒`q)、
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • スポーツを見る人が減り、趣味をスポーツ観戦と言えば「学がない」「貧乏くさい」「無趣味だろ」「無価値」と言われる現代で、トップリーグを成功させ盛り上がると良いですね\(^o^)
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定