ホーム > mixiニュース > 地域 > 虚偽の宿泊予約疑い 親子逮捕

虚偽の宿泊予約疑い、親子逮捕=ポイント得る目的か―京都府警

440

2020年01月22日 18:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 宿泊予約サイトでホテルに虚偽の予約をして無断キャンセルし、ホテルの業務を妨害したとして、京都府警サイバー犯罪対策課などは22日、私電磁的記録不正作出・同供用と偽計業務妨害の疑いで、いずれも住所不定の岸田治子(51)、息子の治博(30)両容疑者を逮捕した。2人は虚偽の予約でコンビニなどで使える特典ポイント約190万円分を入手しており、府警はポイントを得る目的だったとみている。

 同課によると、治子容疑者は「共謀した事実はない」などと容疑を否認。治博容疑者は認めているという。

 逮捕容疑は昨年8月28日、宿泊する意思がないのに、ホテルや旅館の宿泊予約サイト「一休.com」で京都市内の四つのホテル(宿泊料金計8万2220円)を予約。無断キャンセルし、ホテルの業務を妨害した疑い。

 同サイトで宿泊施設を予約すると、料金の一部が「Tポイント」として還元され、コンビニなどで利用できる。

 同課によると両容疑者は昨年2月〜10月、同サイトで虚偽の宿泊予約を少なくとも2215件行い、約190万円分のTポイントを入手。無断キャンセルによるホテル側の被害総額は約8160万円に上るという。 

このニュースに関するつぶやき

  • 《NO SHOW》確かに一定数はいる。 ただ、予約でポイント付与のシステムはおかしいよね。 ポイント付与は支払い後じゃないとね。ま、ノーショーとポイントは、別の問題だけどね。
    • イイネ!8
    • コメント 2件
  • ポイントは支払い後付与じゃないんですね それはそれで変な話
    • イイネ!481
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(297件)

あなたにおすすめ

ニュース設定