ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 選手団の服装 オリパラで統一

東京五輪の日本選手団公式服装を公開 開会式などで着用、初のオリパラ統一

73

2020年01月23日 12:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『日本代表選手団公式服装(開会式用)』を着用して登場した(左から)黒木茜選手、土田和歌子選手、瀬戸大也選手、前川楓選手、三宅宏実選手、上山友裕選手 (C)ORICON NewS inc.
『日本代表選手団公式服装(開会式用)』を着用して登場した(左から)黒木茜選手、土田和歌子選手、瀬戸大也選手、前川楓選手、三宅宏実選手、上山友裕選手 (C)ORICON NewS inc.
 日本オリンピック委員会(JOC)などは23日、都内で記者会見を開き、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の『日本代表選手団公式服装(開会式用・式典用)』を初披露した。東京2020オリンピック競技大会で、競泳の2種目に内定している瀬戸大也選手らが開会式用の公式服装を着用して登場。瀬戸選手は「すごくストレッチが効いていて疲れない」と笑みを浮かべ、着心地に満足していた。オリンピック・パラリンピックの「共生」をテーマに、初めて統一デザインとしている。

【写真】”式典用”の公式服装も公開となった

 公式服装はオフィシャルサポーターのAOKIが提供。「ニッポンをまとう」をコンセプトに、細部に至るまで素材や色柄にこだわり「東京2020大会の価値の発信」「歴史と伝統の継承」「国民との一体感」を表現している。

 白と赤が特徴的な開会式用の公式服装は「開催国、日本代表選手団のさわやかな輝き」をテーマに作製。白のジャケットは日本古来の伝統柄で縁起のよい「工字繋ぎ」を陰影でプリント。選手のコンディションを第一に考え、暑さ対策を施しながら、動きやすさと着心地を高めた。

 紺と白が印象的な式典用公式服装は「力強くさわやかなフォーマリティ」がテーマ。優美な光沢のある紺色のジャケットにさわやかな真っ白のパンツを合わせ、式典にふさわしいスタイルにした。またネクタイ、スカーフには縁起がよいとされる「七宝柄」や「うろこ柄」など、日本の伝統柄を採用している。

 会見には瀬戸選手のほか、三宅宏実選手(ウエイトリフティング)、黒木茜選手(馬場馬術)、上山友裕選手(パラリンピック・アーチェリー)、前川楓選手(パラリンピック・陸上競技)、土田和歌子選手(パラリンピック・トライアスロン)も出席した。

 上山選手は着心地について「普通のスーツだと袖が車いすに付いて黒くなってしまう。袖を短めに切ってもらうことでタイヤにスーツが当たらない。これを着るとすごく気分が上がりますね」と笑みを浮かべた。

 最後に意気込みを問われた瀬戸選手は「東京2020は夢の舞台ですし、自分の夢はオリンピックで金メダルを取ること。東京2020で叶えられるように頑張りたい。まずはオリンピックから始まるので、パラリンピックにつなげられるよういい結果を残したい」と力強く意気込んだ。三宅選手は「東京2020に出場できるよう、公式のユニフォームを着られるよう精一杯頑張りたい」と目標を語った。

このニュースに関するつぶやき

  • ダッサ・・・。毎度こういう大きなイベの時のトップデザイナーの作品って根こそぎダサいのはなぜなんだろう・・・。地方の洋品店の吊るしみたいなのばっか・・・。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 毎回五輪のたびに思うけども、日本の服装ってなんかダサい・・・。でも統一したのはいいことじゃないかなと思うわ。
    • イイネ!28
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(50件)

あなたにおすすめ

ニュース設定