ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 舞台「天才てれびくん」開幕

舞台「天才てれびくん」開幕、"元天てれ戦士”前田公輝・高野洸ら集結

17

2020年01月23日 18:10  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

放送開始から27年となるNHKの子ども向け番組『天才テレビくん』を舞台化した「天才てれびくん the STAGE〜てれび戦士REBORN〜」の初日公演が23日、ヒューリックホール東京にて上演。初日公演に先駆け、関係者向けの公開ゲネプロが行われ、主演の前田公輝のほか、長江崚行、鎮西寿々歌、ド・ランクザン望、高野洸、多和田任益、松村優、麿赤兒、横山だいすけが出席し、舞台の意気込みを語った。


物語の舞台は、選ばれし子どもたち「てれび戦士」が人々に“楽しいこと”を届けていた地球。テレゾンビ党の襲来により全宇宙が“つまらないこと”に支配され、戦士たちも記憶を奪われてしまう。時は流れ、そのまま大人へと成長した戦士たちは、謎のリモコンを手にして以前の記憶を取り戻す。そして、テレゾンビ党を倒すため立ち上がる…というストーリーとなっている。


主演を務めるのは、2003年から3年間、同番組に出演した前田公輝。出演していた番組が「まさか舞台になるとは思っていなかった」と心境を吐露しつつ、「当時僕らが出ていた時、素でやっていたところからドラマ発信する番組だった。そこに新しいみなさんが加わり、別の色の天才テレビくんを作れたのではないか。当時のライブ感、芝居のハーモニーを楽しんでいただけるように千秋楽まで頑張りたい」と胸を張ってアピールした。


高野も2009年、同番組のオーディションで選出され、「Dream5」を結成していた過去も。「てれび戦士の仲間としてここに立てていることを嬉しく思います。Eテレっ子だったら、時間旅行した気分になれると思う」とコメントした。2003年から2006年までてれび戦士だったド・ランクザン望も「天才てれびくんは僕の原点でありスタート地点。初心に戻ってシンプルに楽しませることを思いっきりやりたい」と気合を入れた。


『天才テレビくんMAX』『大!天才てれびくん』に出演した長江は「最後までみなさんとたのしめるような作品に仕上げていきたい」、同時期にてれび戦士だった鎮西は「唯一の女性キャストなのでパワフルに頑張りたい」と語った。


そして、NHK『おかあさんといっしょ』で9年間、歌のお兄さんを務めた横山は、舞台でも同じような役柄で登場する。挨拶の冒頭「今日はだいすけお兄さんのファミリーコンサートにようこそ。小さいお友達が少ないな…」とボケると、ほかのキャストが一斉に「違います」などとツッコんで笑わせた。


息のあったキャスト陣に目を細めた横山は、「ボケるとツッコんでくれる、このメンバーとともに舞台を作れたことが幸せ。和気あいあいと稽古に臨みまして、出演者だけでなくチーム一丸となって今日を迎えるにあたり、全力で臨んだ。来てくれたみなさんが楽しんでもらえるように頑張りたい」と笑顔で話した。


同舞台は1月23日から26日までヒューリックホール東京、2月1日と2日は大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演される。また、東京千秋楽公演が、ニコニコ生放送で生中継されることが決定している。


このニュースに関するつぶやき

  • 全品覚えていたら、ストーカーかなんかっぽい
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 現在5歳の娘が気に入って観てるのだが、再放送のうえに先週観たものを今週もまた放送するとか……どういう状況なのかよくわからなくなってる。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

あなたにおすすめ

ニュース設定