ホーム > mixiニュース > トレンド > NY株、3日続落=新型肺炎懸念が重し

NY株、3日続落=新型肺炎懸念が重し

0

2020年01月24日 07:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【ニューヨーク時事】23日のニューヨーク株式相場は、新型肺炎への懸念が重しとなり、3日続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比26.18ドル安の2万9160.09ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は18.71ポイント高の9402.48で取引を終え、終値での史上最高値を3営業日ぶりに更新した。

 中国で新型コロナウイルスによる肺炎が拡大し、経済への影響が懸念される中、ダウはほぼ終日マイナス圏で推移した。

 一方、世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言を見送ったことで市場では幾分安心感が広がり、株価は終盤にかけて下げ幅を縮小。ナスダックはプラス圏に浮上して引けた。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定