ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 福島由紀&廣田彩花の安定した強さ。勝ちきれない時もプラスに考えられた

福島由紀&廣田彩花の安定した強さ。勝ちきれない時もプラスに考えられた

0

2020年01月24日 07:02  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

バドミントン女子ダブルス 福島由紀&廣田彩花インタビュー(1)

 日本におけるバドミントンは、五輪の度に、名前を短縮された女子ダブルスのペアの名前が出回る競技だ。

 2008年の北京五輪に出場した、末綱聡子、前田美順の「スエマエ」(4位)と小椋久美子、潮田玲子の「オグシオ」(ベスト8)、に始まり、12年ロンドン五輪銀の藤井瑞希、垣岩令佳の「フジカキ」、そして16年リオデジャネイロ五輪で金メダルの高橋礼華、松友美佐紀の「タカマツ」。

 今では全種目に有力選手を抱える強国になったが、04年のアテネ五輪で大惨敗を喫した日本が強化を図る中、女子ダブルスが世界との戦いを切り拓いてきた歴史がある。

 現在は世界ランク10位以内(1月21日時点)に日本勢3組がひしめき、同国から最大2枠しか出場できない東京五輪の出場権をめぐるハイレベルな争いが展開されている。中でも、先頭を走るのが、福島由紀、廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)の「フクヒロ」だ。五輪レースが始まった19年の手応え、ライバルへの思い、五輪に向けた進化について話を聞いた。

――まず、五輪レースが4月から始まった19年シーズンを振り返っていただけますか?

福島「うれしかったのは、五輪レースが始まったばかりの6月に優勝したオーストラリアオープンです。18年は、韓国がペアの組み替えを行なっていたこともあって、私たちの成績はできすぎだと思っていました。実際、五輪レースが始まる19年に入ってからは、韓国や中国のペアの力がすごく上がってきて、なかなか優勝は難しいなと感じていたので、自分の中では『久しぶりの優勝』という感覚がすごく強かったです(同年1月以来5カ月ぶり)。優勝することばかりを考えていたわけではないですけど、2人でいいパフォーマンスができた大会で、いい手応えがありました。

 また、夏以降は納得のできる試合が少なかったので、11月の福州・中国オープンでもう一度優勝できた時もうれしかったです。なかなかいいプレーができない中で、もがいて優勝できたので、収穫になったと思います」

廣田「19年は、本当にいい時と悪い時の両方がありました。私は、7月にインドネシアオープンを優勝したあとの、ダイハツヨネックスジャパンオープン(ベスト8)とタイオープン(ベスト16)が個人的にすごく悔しかったです。中国、韓国のペアにパワーで押されて、気持ちの部分で引いてしまったために、自分のプレーがまったく出せず、何もできませんでした。でも、その後は、自分の中では、あまり試合の中で気持ちが引くことがなくなったと感じています。試合の中でもがいて、立て直せるようになってきたかなと思います。

 タイオープンが終わったあと、チームのスタッフとミーティングをする中で、1試合悪いままで終わってしまう選手なんて、上位のレベルには誰もいないという話になりました。リズムがよくなくても、どうにか頑張ってがむしゃらに返しているうちに、前向きな気持ちも戻ってきて、自分の気持ち次第で変われるところがあることに気付けました」

 福島由紀、廣田彩花の「フクヒロ」ペアは、近年、日本勢で最も安定して好成績を挙げている。1年間に3大会しか行なわれないBWFワールドツアースーパー1000というハイレベルな大会では、19年に全英オープンと常州・中国オープンでベスト4、インドネシアオープンを優勝。世界選手権は3年連続で準優勝だ。しかし、17年のスーパーシリーズファイナルズ(現ワールドツアーファイナルズ)や18年の全英オープンを含めて準優勝が目立ち、「シルバーコレクター」と言われる部分もある。

――準優勝だった世界選手権の話をされなかったのは、ちょっと意外でした。五輪レースで最も大きなポイントが設定された大会でしたし、日本のほかのペアに比べて厳しいヤマでしたよね。結果によっては、五輪レースで苦境に立たされる可能性もあったと思います

福島「世界選手権を取りたい気持ちはありました。でも、いつも言っていますけど『一戦一戦、臨んでいく』という気持ちが大きかったので、世界選手権だけを特別に重視しているわけではありませんでした。たしかに、ドローを見た時は『来たーっ……!』と思いました(笑)。これは試練だなとチームのスタッフで話しましたね。厳しいヤマだったので、その試合を乗り越えて、もう1回、もう1回と気持ちを持って臨んだ大会でした」

――結果、厳しい組み合わせを勝ち抜きましたが、決勝戦では前年に続いて後輩の永原和可那/松本麻佑(北都銀行)に敗れて銀メダルでした。少し聞きにくいのですが、シルバーコレクターのようなイメージもあるのですが、その点については、どう感じていますか

福島「勝ち切れないな……って思っている時期もありましたけど、最近『ほかにもいるじゃん』って気付きました(笑)。シルバーコレクターって、結構いっぱい、いると思うんですよ。女子シングルスでもプサルラ・V.シンドゥ選手(インド)が(五輪、世界選手権で銀メダル)言われていましたし、19年は、おっくー(奥原希望/太陽ホールディングス)もタイトルは取れませんでした(優勝はなく、準優勝が6回)。誰にでも起こる現象かなという気がしています。ほかにも同じ悩みを抱えている強い選手はいますし、そこまで行けていることをプラスに捉えようと思うようになりました」

 成績や相手ばかりを気にすると、自分を見失う。2人にとって心強いのは、世界の舞台で戦った先輩である末綱聡子コーチから助言を受けられることだ。

 末綱コーチは「世界選手権の3年連続準優勝は悔しいと思いますけど、すごい成績。私は4回連続(06〜09年)でオグシオペアに全日本総合選手権の決勝戦で負けた時に、吉富桂子コーチから『でも、4年連続決勝進出ってすごくない?』と言われて、『そうか、自信を持っていいのか』と思えたのですが、シルバーコレクターなんて、ただの結果だと、いつ受け入れるかというだけのことだと思います」と堂々と後輩たちの戦績を称えた。

(つづく)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定