ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 劇団EXILE、9人全員で初舞台

劇団EXILE、9人全員で初舞台 青柳翔はタンクトップ&短パン姿で熱唱

22

2020年01月24日 19:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

劇団EXILEの全メンバーが出演する舞台『勇者のために鐘が鳴る』が24日、都内のTBS赤坂ACTシアターにて開幕した。


人気オンラインゲームの世界が舞台。キャスト陣はゲーム内で操作されるキャラクターとして登場し、己の目的のためパーティーを組み、打倒ラスボスを目指して戦っていく。


黒魔術師・Y崎を秋山真太郎、ワイルドな武闘家・バチバチを小澤雄太、肉体派の剣士・JACKを鈴木伸之、知能派の戦士・ナイトを町田啓太、ネオ渋谷系の僧侶・326(ミツロー)を小野塚勇人、忍者の半蔵をSWAY、ギャンブル好きの遊び人・うまなりを八木将康、魔法剣士の青春(アオハル)を佐藤寛太がそれぞれ演じる。青柳翔は、魔王は魔王でも、“昭和のアイドル風”の魔王役。舞台ではピンクのタンクトップに短パン、頭にはちまき姿で懐かしの楽曲をダンス付きでパフォーマンスを披露する。


劇団EXILEは、2009年から4回にわたるオーディションを経て、現在のメンバーで構成されたエンターテイメント集団。青柳翔、秋山真太郎、小澤雄太、鈴木伸之、町田啓太、小野塚勇人、SWAY、八木将康、佐藤寛太と全メンバーが出演する舞台は、今回で初となる。


この日、公開ゲネプロ前に会見が行われ、キャスト9人が出席。町田は「この舞台には9人しか出ない。アンサンブルの方もいない。9人のエネルギーを全面に押し出した舞台にしたい。1年以上前から舞台について話し合ってきた。今日からようやく幕が上がるので楽しみ」と公演が待ちきれない様子。また「個性を爆発させようとスクラム組んだ公演。色んなことを詰め込んでいる。どこが楽しかったのか、どこがインパクトあるのかは観る人によって違う。お気に入りのシーンを見つけてほしい」とアピールした。


八木は「全員揃っての舞台は楽しみ」、佐藤は「初日を迎えてなんだかそわそわしています」とにっこり。小野塚は「全力で駆け抜けたい」、忍者役のSWAYは「愛の手裏剣を飛ばしたい」とお茶目に意気込んだ。また、鈴木は「自分よがりで一人で果敢に戦いに挑む役。千秋楽まで頑張りたい」、秋山も「考えて作ってきた舞台なので初日を迎えられて、感無量」、小澤も「大きなケガなく、インフルエンザなどないように全員で頑張っていく」。そして青柳は「最高のスタッフ、最高の劇場、そして“最低な劇団員”と一緒に頑張っていきたい」と茶目っ気たっぷりに話した。


青柳が話す「最低な劇団員」の理由について聞くと、「稽古1分前って言ったら弁当を温め出したり…」と苦笑。稽古場では、料理担当の小澤が腕を振るい、牛丼・豚丼・キーマカレー、豚汁などを振る舞ったという。和気あいあいと濃密な稽古時間を過ごしたためか、青柳は「この公演が終わったら(メンバーに)1年くらい会わなくていいかな…」とつぶやき、記者陣を笑わせた。


同舞台は1月24日から2月2日まで東京公演が行われ、2月13日から16日まで大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演される。


このニュースに関するつぶやき

  • 劇団は別視点。EXILEファンだけど、○○EXILEとかEXILE○○とかFromEXILEとか………���ޤ��� 1、2章の頃までが一押しでした。ATSUSHIとAKIRA抜けたら多分やめる。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • まずは尿検査っ!!
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

あなたにおすすめ

ニュース設定