ホーム > mixiニュース > 地域 > 中2自殺で市を提訴=遺族「いじめ対策機能せず」―新潟

中2自殺で市を提訴=遺族「いじめ対策機能せず」―新潟

3

2020年01月24日 19:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 新潟県新発田市で2017年、市立中2年の男子生徒がいじめを訴えて自殺した問題で、学校側が対応していれば防げたとして、遺族が24日、市に計3000万円の損害賠償を求める訴訟を新潟地裁に起こした。

 男子生徒は17年6月、家族にいじめ被害を訴えた後、自宅で首をつって自殺。市教育委員会の第三者委員会は18年10月、複数の生徒から悪口を言われるなどのいじめがあったと認定し、自殺の原因と推定できるとする報告書をまとめた。

 遺族の代理人弁護士によると、学校側が悪口などを把握しながら対応しなかったことや、市教委が加害生徒の名前の開示に応じないことに対して、慰謝料などを求めている。

 提訴後に記者会見した母親は、「学校側のいじめ対策は何も機能していなかった」とした上で、「加害者の逃げ得を許すような前例を作らぬよう慎重に判断してほしい」と話した。 

このニュースに関するつぶやき

  • いじめ対策に関しては学校や教育委員会は十分に機能していません。命まで失われる事件になってしまっているのですから、警察や検察がいじめを刑事事件として捜査する担当部署を設けたらいかがでしょう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 加害生徒を庇うことは当人(たち?)にとって決して良い結果にならない。学校が庇いたいのは自分の立場であって加害生徒ではないのだろうし、庇われることで責任を曖昧にしても何も産まない。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定