ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「言葉は凶器にもなる」人前で絶対に歌わない母。その理由を聞いてみたところ…「同じ経験ある」「わかります」と共感の声

「言葉は凶器にもなる」人前で絶対に歌わない母。その理由を聞いてみたところ…「同じ経験ある」「わかります」と共感の声

38

2020年01月24日 21:00  citrus

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

citrus

写真写真

 

ただいま、谷本 雅 Miya Tanimoto(@miyat0111)さんのツイートが話題となっています。

 

私の母は人前で絶対に歌わないのですが、どうして?と聞いたら「本当は歌が好きだけど、中学校の時に音楽の先生に音痴だと言われて悲しかったから」と。母はもう還暦ですが、小さい頃に言われた言葉が今も消えずにずっと胸に刺さっているんだなあと悲しくなった。言葉は使い方にもよって凶器にもなる。

— 谷本 雅 Miya Tanimoto (@miyat0111) January 20, 2020

 

最近お仕事で中学生に歌を教えているのですが、そんな自分にも刺さりました。言葉は人を喜ばせることも、傷付けることも出来る。自分は、自分の生徒たちにそんな思いをさせたくない!と強く思った上手く歌えなくても全く問題無いし、楽しんで音楽に触れることが一番価値のあることだと思います。

— 谷本 雅 Miya Tanimoto (@miyat0111) January 20, 2020

 

お母さん、ショックだったのですね……。このツイートに対し、同様の経験をしたことがあるという人が多く集まりました。

 

私はピアノの音に合わせようねと言われました。何で?私の耳にはこう聞こえるのにと反発心みたいなものが芽生えましたね。わたしは難聴なので正確なメロディを捉えるのは難しかったですが、言葉には気をつけないとですよね。子供は繊細ですから大人は気をつけなくてはいけません。

— いちご煮 (@Newichigoni) January 21, 2020

 

こんにちは。
音楽と関係ない話で恐縮ですが、私も小学生の時家庭科の先生に自分のやっていたものを取り上げられ「下手の長糸っていうのよー」とクラス中に大きい声で言われたのがトラウマで、その後ボタンつけなどでも糸をつける度に思い出してしまいます

— Macky(1/こんな人達) (@Mimi_mimi_08) January 20, 2020

 

私は、小学生の時に体育の先生からボールの投げ方の「悪い見本」をやらされました。もちろん、「良い見本」の子もいたわけで。

— つくしんぼ (@Hhhyu27aug) January 20, 2020

 

私は鉄棒でいい見本でした。悪い見本の彼のことをずっと覚えています。。。褒められたけど親に言えませんでした。

— ちゃりんこ (@charizum) January 21, 2020

 

良い見本も悪い見本も別の意味で嫌な思いをすることがありますね。指導者は決してしてはいけないことだと改めて思います。

— つくしんぼ (@Hhhyu27aug) January 21, 2020

 

しかも、言われた方はよく覚えているのに、言った方はまったく覚えてないことが多いので、最悪です。

— ジャン9 (@Gayganking9) January 21, 2020

 

小さい頃に言われた言葉ほど、どれだけ年を重ねても忘れることはできないですよね。

 

言葉って本当に諸刃の剣ですよね,,,

救われるどころか、むしろ深傷を負わされるようなことが多いですが,,,

特に先生とかいう大人って、平気で子供の事傷つけますし(例外あり)。同級生のイジメっ子犯罪集団もそうですが。

人の立場に立たなきゃですよね

— ホープスターくんちゃんさん (@hope_ster) January 21, 2020

 

相手の立場に立って、発言すること、行動することを心掛けましょう。

このニュースに関するつぶやき

  • 私は教師に知識をひけらかすと言われた事がある。 https://mixi.at/a20GOla
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • 教師の意識なぞ昔からこんなもん 体罰もその一部なのにそれはやたら昔を有り難がるお目出度い連中 この件も今言ったらメンタル弱すぎとか言うんだろ
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定