ホーム > mixiニュース > トレンド > LAWSON とろけるコロッケとは

ローソンの新商品 「中でとろけているモノの正体」にびっくり…

175

2020年01月25日 07:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

1月14日より、ローソンから新商品『あふれメンチ』と『とけコロ』が発売された。箸を入れた瞬間に「じゅわっ」「とろっ」と中身が溢れ出す新感覚が味わえるとあって、発売後からSNS上でも話題になっている。

しかしながら、「ジューシーな肉汁が溢れ出すメンチ」は何となく想像できるものの、「中身がとろけるコロッケ」とは一体何なのだろうか。

■スープがじゅわっ『あふれメンチ』

では早速、『あふれメンチ』から食べてみることに。店舗では常温の状態で販売されており、今回は帰宅した後レンジで温めてみた。

まず、箸でメンチをつかんだ段階で、衣の表面からじんわり中の汁(スープ)がにじみ出てくるのが分かるほど。一般的なメンチとは明らかに異なるので、手で持って食べるのはやめたほうがいいだろう。

公式ではお箸を推奨しているが、今回は撮影のためナイフを使ってザクッと切ってみると……「じゅわっ」と中からスープが溢れ、記者の残念な撮影技術ではこの感動的な光景が伝えきれないのが非常に悔やまれる…。

メンチカツが1個180円(税込み)と考えると少々お高めだが、食べごたえとこの感動を考えると、大満足である。

関連記事:下町の絶品メンチカツも登場!東京・谷根千エリアの絶品フライ店厳選5つ

■本当にとろけた『とけコロ』

続いて、『とけコロ』を先程と同様にレンジで温め、いざ実食。こちらは温めると中心部分がふわふわになり、お皿に移す際は注意しないと中身が溢れ出てしまいそうな感じだ。そして、注意しながらナイフで切ってみると…

本当に「コロッケがとろける」という光景がそこにはあった。じゃがいもとは名ばかりなホワイトソースが主役のグラタンコロッケ的なものを想像していたのだが、全く違っている。

慣れ親しんだじゃがいもが舌触りクリーミーな何かに変身を遂げており、これまでに味わったことのない食感が楽しめる。こちらも1個180円(税込み)という価格だが、間違いなく納得価格だ。

■とろける秘密を調べてみたら…

果たして、とけコロの中でとろけているモノは一体何なのだろうか。ローソンの公式ページにて、商品の詳細情報を確認してみると…

・北海道産じゃがいも“キタアカリ”100%使用(中略)

・濃い黄色の果肉、栗のような甘みが特長の“キタアカリ”を、豚肉ミンチ・玉ねぎ・ホワイトソースをあわせたタネに入れ、煮溶かしながら固める特殊な製法で中種を製造

との記載が。つまり、ホワイトソースと特殊な製法によって、本当にじゃがいもがとろけていたのだ…。さらに、こだわり抜かれたキタアカリを100%使用することによって、自然な甘さのほっこりとした味わいになっている。

■「あふれスープ」コンソメが名脇役

また、あふれメンチもメンチから溢れ出る肉汁に一工夫がなされていた。商品の詳細情報を確認してみると…

「フォンドボーとチャツネを使用したコンソメベースのスープを、ブラックペッパーとガーリックを効かせた牛・豚の合挽肉、玉ねぎを合わせたタネで包み、中具に入れた」

とある。しっかりとした食べごたえとお肉のジューシー感を存分に発揮しつつも、重たくなりすぎない…コンソメスープが名脇役を務めていたのだ。

どちらも箸を入れた瞬間、期待を裏切らない感動的な光景が広がるので、ぜひとも1度は食べてみてほしい。

・合わせて読みたい→「バースの再来」は信用できない? 新外国人入団もファンは期待薄

(文/しらべぇ編集部・越野 真由香

このニュースに関するつぶやき

  • 武漢にはLAWBONなる店があるらしい。 https://mixi.at/a21SrMJ
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • とけコロに使われている「きたあかり」と言う品種は、とても煮崩れし易いので肉じゃがなどには向かないけどポテトサラダなどに使うと美味しいですよ。
    • イイネ!58
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(98件)

あなたにおすすめ

ニュース設定