ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「もう最後か…」「大阪にあるのを知らなかった」 大阪を走るレトロな路面電車は、本当に「時間がゆっくり流れている」ようだ

「もう最後か…」「大阪にあるのを知らなかった」 大阪を走るレトロな路面電車は、本当に「時間がゆっくり流れている」ようだ

20

2020年01月25日 10:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真大阪唯一の路面電車「阪堺電車」
大阪唯一の路面電車「阪堺電車」

 大阪唯一の路面電車である阪堺電車。そのディープでレトロな情景をまとめた阪堺電車の動画が「すてきすぎる……」と話題です。



【画像】「完全に昭和」「時が止まっている……」と錯覚する場面



 制作は、これまで「完全に昭和な小湊鐵道を映した動画」や「箱根登山鉄道のすてきな鉄道マンを映した動画」などなど、鉄道および鉄道員への深い愛情を感じる鉄道動画を多数公開してきた、特急ぬめり(@NumeriExpress)さん。



 今回の舞台は阪堺電車の「恵美須町停留場」です。大阪中心部の近くにありながらひっそりとしていて、けれども独特な雰囲気を醸し出す恵美須町停留場とその周辺の心地よい雰囲気を切り取っています。



 動画は住吉大社の境内からはじまります。風情のある景色を進む路面電車は、大阪の名物スーパー「スーパー玉出」の横を通過し、都心の大きな道路を渡ったあと、静かな雰囲気の終点、恵美須町停留場に到着します。



 2020年1月現在の恵美須町停留場は、新世界に程近いの交差点の一角にある平屋建ての建物にあります。建物はクルマが忙しなく行き交い、ビルやマンションが立ち並ぶ中に、ひっそりと佇んでいます。ホームは白線を引いただけの素朴なつくり、屋根柱には古いレールや木材が使用されています。時間の流れが周辺とはまるで違います。



 ホームの先端にある職員詰所は木造で、昭和のような雰囲気を出しています。この詰所は現役で、運転士さんが利用しています。



 電車は折り返して発車します。現代の鉄道では貴重になった「吊りかけ駆動」の重厚な響きを聞くことができます。



 ランドマークである通天閣を背景に、まるで異なる周囲の雰囲気の中を電車はゆっくりと走り抜けます。



 舞台となった現在の恵美須町停留場の駅舎は、2020年1月31日で静かに役目を終えます。停留場は2月1日から新しい駅舎へ移ります。現在の駅舎に入居している喫茶店も、移転後しばらくは営業するものの、将来的に閉店を予定しているそうです。



 動画を見た人からは「通天閣のすぐ近くまで路面電車が来てるって素敵」「大阪に路面電車があることを知らなかった」など、大都市大阪にある路面電車とレトロな駅舎に興味を持った人が続出しました。



 あべのハルカスのすぐそば、ミナミや日本橋など大阪の主要エリアからも比較的アクセスしやすい阪堺電車の恵美須町停留場。この現駅舎のディープでレトロな雰囲気を堪能できるのも残りわずか……と思うと、思わず旅に出て乗ってみたくなりますね。皆さんもいかがでしょうか!



(呼んでる寺沢/素材提供:特急ぬめりさん)


このニュースに関するつぶやき

  • なんか世界で90年前からある5番目に古い車両がまだ走ってる路線という記事がありました 阪堺電気軌道モ161形電車
    • イイネ!1
    • コメント 5件
  • 昨年、孫連れて乗りに行きました〜!ホンマ住宅街をのんびり走る風情のある電車ですわ。
    • イイネ!12
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定