ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 夢かなう 男の子がエルサ変身

男の子もプリンセスになれる! ディズニーランドで「エルサ」になる夢をかなえた男の子が話題に

336

2020年01月25日 14:53  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真エルサに変身した男の子の後ろ姿(写真提供:いちえさん)
エルサに変身した男の子の後ろ姿(写真提供:いちえさん)

 東京ディズニーリゾートにある「ビビディ・バビディ・ブティック」。3歳〜小学6年生までの子どもが、シンデレラやベルなどのディズニープリンセスに変身できる体験型のサロンです。



【画像】ビビディ・バビディ・ブティックの様子



 そんなビビディ・バビディ・ブティックで、大好きな「アナと雪の女王」の「エルサ」に変身した男の子が、「『好き』という気持ちを大切にしていてすてき」「男の子も変身できるのを知ってびっくり」とTwitterで話題になっています。



 ねとらぼでは、息子さんをエルサに変身させたいちえさんと、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドに話を聞きました。



●エルサを好きになったきっかけ



 いちえさんの息子さんがエルサを好きになったのは、旅行中に飛行機の中で見た映画「アナと雪の女王」がきっかけ。息子さんは、映画をみた直後から「エルサが大好き」と、ずっとアナ雪の話をしていたそうです。



 続編の「アナと雪の女王2」の公開時にはすっかりエルサのとりこになっていた息子さん。アナ雪2を初めて見た日には、感動のあまりエンディングで涙。興奮して夜もなかなか寝付けないくらいだったといいます。



 いつしか息子さんは「エルサは魔法が使えて、僕も魔法でみんなを守りたい」と、エルサに憧れるように。この気持ちが今回のビビディ・バビディ・ブティックでの変身につながったようです。



●「僕、エルサになりたい!」から、小さなプリンセスが生まれるまで



――息子さんが「エルサになりたい」といちえさんに伝えた時のことを教えてください。



 正直、驚きました。ですが、本人が「今まで貯めたお年玉を全部使ってもいい」というほど熱望しているので、その夢をかなえてあげたいとも思いました。



 詳しく話を聞くと、息子が通っている幼稚園かお教室で「東京ディズニーランドでエルサになった」と言っていたお友達がいたことがきっかけのようでした。



――東京ディズニーランドに行くことを決めてから、当日までのことを教えてください。



 東京ディズニーリゾートのアプリからビビディ・バビディ・ブティックを予約しました。その際、必要な情報を入力したのですが、性別による利用制限は設けられていませんでした。



 無事に予約は完了しましたが、やはり不安はあり、当日に受付で男児であることを伝え、利用可能かどうかをあらためて伺いました。キャストさんには「大丈夫ですよ」と快く応じていただけました。



――ビビディ・バビディ・ブティックでは、どのような時間をすごしたのでしょうか?



 まず、男児であることを伝えた際に、受付のキャストさんから「お名前はどのようにお呼び致しましょうか?」とお気遣いを頂きました。女の子には、お名前のかわりに「プリンセス」と呼びかけることもあるとのことで、相談の結果、いつも呼んでいる「●●君」、もしくは「エルサ」と呼んでいただくことになりました。



 本人は、キャストさんから「エルサ」と呼んでもらい、「ぼく、エルサ?」と、とても喜んでいました。



 また、キャストさんたちは、メイクアップ中にもアナ雪や、ディズニーキャラクターのお話をして息子の気持ちを盛り上げてくださいました。特に、記念写真を待っている間の、息子がキャストさんに魔法をかける「アナ雪ごっこ」は、「魔法が使えた!」と満面の笑みで楽しんでいました。



――エルサといえば、長い三つ編みヘアが特徴ですが、息子さんのヘアスタイルもばっちりですね。



 短髪のため大変だったかと思いますが、キャストさんが工夫してウィッグを取り付けてくださいました。



――エルサに変身した息子さんはどんな様子でしたか?



 エルサに変身した息子は、終日ニコニコとディズニーランドでの一日を過ごしました。多くのキャストさんやゲストの方にもお声がけ頂いて、ご満悦だったようです。



 帰る際にゲートを出ようとしたところで、息子が「エルサの服やお靴は返さなくていいの?」と聞いてきました。「そうだよ! 魔法は家に帰ってもずっと続くんだよ」と答えたところ、「良かった〜!」とうれしそうにしていました。



●いつから男の子もOKに? オリエンタルランドに聞いた



 以前は女の子しか利用を受け付けていなかったというビビディ・バビディ・ブティック。オリエンタルランドの広報担当者によると「ご要望にお応えし、2016年からお子様の性別を問わず受け入れをしている」とのことでした。



 また、海外のディズニーパークでは、プリンセスと同様に、ディズニープリンスに変身できるプログラムもありますが、残念ながら東京では「未定」だそうです。



 ビビディ・バビディ・ブティックの公式サイトには「なりたい私になれる特別な体験!」という文字が。オリエンタルランドは、「ビビディ・バビディ・ブティックは、お子様の『プリンセスになりたい!』という夢をかなえるサロンです。これからも、性別にかかわらず、お子様の思いをかなえていければ(広報担当者)」とコメントしています。


このニュースに関するつぶやき

  • 大丈夫!、プリキュアだろうが艦娘だろうが、着飾れば誰だってなれるわい!!皆「ちょっとまて!最後のはなんだ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 女の子だって戦隊ヒーローになれるしな
    • イイネ!321
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(160件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定