ホーム > mixiニュース > 社会 > 関東甲信 月-火は雪の可能性

関東甲信 月〜火は雪か 内陸部で大雪の恐れ

205

2020年01月25日 18:41  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真関東甲信 月〜火は雪か 内陸部で大雪の恐れ
関東甲信 月〜火は雪か 内陸部で大雪の恐れ

関東甲信では27日(月)夜から28日(火)にかけて南岸低気圧の影響で、雪の可能性。降る量が多く、内陸部では大雪となる恐れも。東京でも雪の可能性があります。



●26日(日)は降ってもちらつく程度


26日(日)は、前線が本州の南に停滞し、本州付近には湿った空気が流れ込む予想です。関東甲信では午前中は沿岸部を中心に雨雲がかかりますが、降り方は強まらないでしょう。内陸や標高の高い所では雪やみぞれの降る所がありますが、降る量は多くなく、大きな影響はなさそうです。


●27日(月)夜から28日(火)は内陸部で大雪の恐れ


一方で、27日(月)夜から28日(火)にかけては警戒が必要です。本州の南岸沿いを進む低気圧の影響で、広く雪雲や雨雲がかかるでしょう。降水量が多く、雪で降れば大雪の恐れがあります。
今のところ、山梨県や長野県を中心に大雪の恐れがあります。道路にもしっかり雪が積もり、交通機関に影響の出る恐れがありますので、最新の交通情報にもご注意下さい。関東の内陸部でも積雪となる所があるでしょう。車は冬の装備で、無理のないようになさって下さい。また、東京都内でも多摩地方を中心に雪が積もったり、都心でも雪が降る可能性があります。28日(火)の朝の通勤に影響がでる恐れがありますので、注意が必要です。
気象庁では警報を発表するような現象発生の可能性が高い場合に「早期注意情報」を出します。一番上の図のように、28日(火)は東京都や神奈川県、埼玉県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県は大雪警報級の可能性が「中」としています。大雪警報級の雪となる恐れもあり、早めに心構えをしておくと良さそうです。
なお、この情報は25日午後5時の資料をもとに作成しています。低気圧の進路、発達具合によって、雪の降る量やエリア、降る時間が変わる可能性がありますので、最新の気象情報に注意して下さい。日直予報士でも随時アップしていきます。


このニュースに関するつぶやき

  • 大雪ww後雨じゃんww
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 大雪やめれ(∵`)
    • イイネ!45
    • コメント 16件

つぶやき一覧へ(97件)

あなたにおすすめ

ニュース設定