ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ジャニJr.那須がドラマ初出演

美 少年・那須雄登、ドラマ初出演決定 好青年&悪役を演じ分ける<パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件>

19

2020年01月26日 06:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真ドラマ初出演の那須雄登(提供写真)
ドラマ初出演の那須雄登(提供写真)
【モデルプレス=2020/01/26】美 少年/ジャニーズJr.の那須雄登が、3月7日放送スタートのWOWOW「連続ドラマW パレートの誤算 〜ケースワーカー殺人事件」(毎週土曜よる10時〜 全5話)に出演することが決定した。那須は本作がドラマ初出演となる。

【写真】美 少年「RIDE ON TIME」出演 「無駄なことはない」“武器”を探す日々に密着

主演の橋本愛、共演の増田貴久に加え、那須の出演が決定。

市役所の新人嘱託職員として働く主人公・牧野聡美(橋本)は、本来の希望ではない社会福祉課のケースワーカーの職に就いている。また、聡美の同僚・小野寺淳一(増田)も人生の目標を定められないままぼんやりと日々を過ごしていた。そんな中、信頼していた先輩がアパートで焼死体で発見されたことから、2人は福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていく。

◆那須雄登、ドラマ初出演にして役を演じ分ける

本作で那須は、聡美の兄・亮輔の高校時代の同級生で、かつては野球部の人気者だったが、今は、ヤクザの下っ端になってしまった金田良太役を演じる。金田は焼死体が発見されたアパートの住人だったが、火事のあと行方がわからなくなるという事件の鍵を握る重要な役どころで、那須はドラマ初出演にして10代と20代、好青年と悪の道に陥ってしまった若者を演じ分けることになる。

原作者の柚月裕子氏は映画化もされた『孤狼の血』で脚光を浴び、今、最も期待されている作家のひとり。本作も、現代日本を蝕む病巣を容赦なく剥き出しにしながら、弱者への温かいまなざしも忘れていない秀作で、映像化には大きな期待が寄せられている。

那須が、今後発表される実力派俳優陣の中でどのような存在感を発揮するか、要注目だ。(modelpress編集部)

■那須雄登(金田良太役)コメント

・ドラマ初出演についての意気込み

美 少年の那須雄登です。今回ドラマに初めて出演できるということ、心から嬉しく思っています。撮影が楽しみなのは勿論ですが、少し緊張もしています。ドラマの雰囲気、現場にすぐ慣れて、この作品を共演者の皆さんと⼀緒に作っていけたら嬉しいです。優等生だったけれど、ある事がきっかけで誤った道へ進んでしまう金田良太役を演じさせて頂きます。よろしくお願い致します。

・視聴者の皆様へメッセージ

生活保護の実態を主題とした社会派ドラマですが、重くなりすぎず、見終わった後になんだか温かくなるような作品なので沢山の方に見て頂きたいです!

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • この前中居くんの番組に出てた、お魚の人?•́ω•̀)?
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 飯食えよ。不健康そう
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

ニュース設定