ホーム > mixiニュース > トレンド > "日本一のモグラ駅"にグランピング施設、無人駅を活用した実証実験開始へ

"日本一のモグラ駅"にグランピング施設、無人駅を活用した実証実験開始へ

1

2020年01月26日 15:12  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」 Image by: JR東日本スタートアップ株式会社
無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」 Image by: JR東日本スタートアップ株式会社
 東日本旅客鉄道とJR東日本スタートアップが「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択したヴィレッジインク(VILLAGE INC)と協業し、群馬県の上越線土合駅に無人駅にグランピング施設「DOAI VILLAGE」を開設し、地域活性化を目的とした実証実験を開始する。期間は2月12日から3月22日まで。

 土合駅はホームが地下70メートルにあることから「日本一のモグラ駅」として知られる無人駅で、グランピング施設を展開することで新たな価値を提供するという。期間中は一般のテントに比べて頑丈で断熱性に優れるインスタントハウスに宿泊できる国内初の宿泊施設「モグラハウス」や、土合駅内でかつて利用されていた駅務室を改装したカフェスペース「モグcafe」のほか、自然の中で手軽に楽しめる野外ロウリュサウナを設置する。1人あたりの宿泊料金は税別1万8,000円。カフェスペースとロウリュサウナは旅行者や登山者の方だけではなく地元の方でも利用可能で、地域の活性化を目指す。
【こちらもチェック】「りんくうプレミアム・アウトレット」が2020年に増設オープン、大阪湾を一望できるグランピング施設が登場
■無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」期間:2020年2月12日(水)〜3月22日(日)場所:土合駅住所:群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽公式サイト
■モニター宿泊プラン「モグラハウス」客室数:全2室収容人数:2名〜宿泊料金:1名あたり税別1万8,000円室内:直径約4m/約20平方メートル提供内容:寝具、照明器具、アメニティ、食事(夕食・朝食)など
■駅舎内ラウンジ「モグcafe」営業時間:7:00〜18:00(予定)メニュー:おにぎり、味噌汁、コーヒー、ビールなど
■野外ロウリュサウナ営業時間:11:00〜18:00(予定)定員:4名程度
■オープニングイベント期間:2020年2月12日(水)時間:(1)10:00〜10:25、(2)13:00〜16:00場所:土合駅内容:(1)「DOAI VILLAGE」オープニングセレモニー(かがり火の点火)、(2)「DOAI VILLAGE」体験イベント(野外ロウリュサウナでロウリュパフォーマンス、「モグラハウス」内覧)参加費:無料

このニュースに関するつぶやき

  • 地下70mにあるのは下りホームだけなので、単に【ホーム】というのは違和感が…。あの場所でその値段でグランピングするなら、すぐ近くの温泉宿に泊まる方が安上がりだしくつろげそう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定